定期預金

2018年-2019年冬、ボーナスの預け先は? 高金利の銀行・信用金庫定期預金金利ランキング。(全国どこからでも口座開設可能)

投稿日:2018年12月7日 更新日:

2018年冬のボーナスを貰った方も多いかと思います。

ボーナスに合わせて各銀行、高金利定期預金のキャンペーンを実施しますが、その発表も概ね出揃いましたので、今、ボーナスの預け先として最適な金利の高い銀行、信用金庫をご紹介します。

全国どこからでも口座開設・預入可能な銀行、信用金庫を対象としています。

また原則、1年定期預金のランキングです。

*今後発表されるキャンペーン、金利変更などは分かり次第、随時更新していきます。

[最終更新日:2018.12.10]住信SBIネット銀行キャンペーン開始
[2018.12.7]初版

他の銀行、預入期間を含めた詳細なランキングを知りたい方は↓を参照して下さい。
参考記事銀行・信用金庫 「普通預金」「定期預金」金利比較・ランキング

(*)金利は税引前
(*)キャンペーンによっては、募集金額、先着数等の制限があります。期限内でも早期に終了となる場合もありますでのご注意下さい。
(*)あくまで管理人が調べた範囲でのランキングとなります。

スポンサーリンク

とにかく高金利の定期預金に預けたい方 (地方銀行、信用金庫ネット支店含む)

地方銀行や信用金庫のインターネット支店、とにかく高金利の定期預金に預けたい方。

信用金庫が多くを占めますが、全て0.30%以上の金利となります。

  銀行・信用金庫 預入期間 金利 備考
1位 大阪信用金庫
だいしん未来支店
1年 0.37% 100万円以上
参考記事【超高金利定期預金】大阪信用金庫 だいしん未来支店の「だいしん定期センス」及び、口座開設・定期預金預入の手順を解説。
公式サイト大阪信用金庫だいしん未来支店
2位 SBJ銀行
1年 0.30% 100万円上限「ミリオくん」。2018.12.28まで
参考記事【SBJ銀行】開業9周年記念「サンキューキャンペーン」実施。
公式サイトSBJ銀行
*韓国資本の銀行ですが預金保険制度の対象です。さらに無条件で7回まで振込手数料無料(ネットバンキング)。
2位 しずおか信用金庫
しずしんインターネット支店
1年 0.30% 10万円以上。2019.3.29まで
公式サイトしずしんインターネット支店
2位 豊田信用金庫
とよしんインターネット支店
1年 0.30% 50万円以上。2019.3.31まで
公式サイト豊田信用金庫とよしんインターネット支店
2位 大阪商工信用金庫
まいどおおきに支店
1年 0.30% 100万円以上。
公式サイト大阪商工信用金庫まいどおおきに支店
(参考) 住信SBIネット銀行
1年 0.30% 1,000円以上。2019.3.3まで
新規口座開設者限定
参考記事【住信SBIネット銀行】新規口座開設のお客様限定、円定期預金特別金利キャンペーン開始。
公式サイト住信SBIネット銀行

以降のランキングは銀行・信用金庫 「普通預金」「定期預金」金利比較・ランキング

 

ネット銀行の金利ランキング

(条件はあるものの)振込手数料無料、無料で使えるATMの多さなど利便性に優れたネット専業銀行に預けたい方の為のランキング。

*オリックス銀行、GMOあおぞらネット銀行は未だキャンペーンを発表していない為、通常金利で表記。キャンペーンが公表されたら更新しますが、キャンペーンを実施するかどうかは分かりません。
GMOあおぞらネット銀行は後述するように証券コネクト口座優遇金利キャンペーンを実施中です。

  銀行・信用金庫 預入期間 金利 備考
1位 住信SBIネット銀行
6カ月
1年
0.20% 1,000円以上。2019.3.3まで。
(新規口座開設者は0.30%)
参考記事【住信SBIネット銀行】円定期預金特別金利キャンペーン開始。
公式サイト住信SBIネット銀行
1位 じぶん銀行
1年 0.20% 1円以上。2019.1.31まで
参考記事【じぶん銀行】冬の特別金利キャンペーン開始。
公式サイトじぶん銀行
3位 ソニー銀行
6カ月
1年
2年
0.15% 1万円以上。2019.2.28まで
参考記事【ソニー銀行】円定期特別金利キャンペーン開始。
公式サイトソニー銀行
4位 楽天銀行

1年

0.13% 1,000円以上。2019.1.15まで
参考記事【楽天銀行】円定期預金 冬のボーナスキャンペーン開始。
公式サイト楽天銀行
5位 オリックス銀行
1年 0.10% 100万円以上。通常金利。
公式サイトオリックス銀行
6位 GMOあおぞらネット銀行
1年 0.05% 1,000円以上。通常金利。
参考記事【GMOあおぞらネット銀行】GMOクリック証券との口座連携「証券コネクト口座」が便利なネット銀行。
公式サイトGMOあおぞらネット銀行

以降のランキングは銀行・信用金庫 「普通預金」「定期預金」金利比較・ランキング

 

 

500万円以上なら個人向け国債のキャッシュバック・キャンペーン

ボーナスと他の資金を合わせて500万円以上預け入れるなら個人向け国債のキャッシュバック・キャンペーンが最も金利が高くなります。(1年経過後解約する事が前提)

以下は、個人向け国債キャシュバック金額に税金がかからないとして、(税引前)定期預金金利に換算した値です。

確定申告が必要な方、確定申告する方は、実際は課税されますので注意して下さい。詳細は↓の記事を参照して下さい。
参考記事個人向け国債キャッシュバック・キャンペーンの税金、課税されてもお得なキャンペーン。

参考記事減額された個人向け国債キャッシュバック・キャンペーン、課税されても、まだお得なの?

個人向け国債のキャッシュバック定期預金金利相当
(100万円単位で預ける事)
購入金額 金利  
1,000万円以上 0.502% SMBC日興証券、みずほ証券、大和証券など
900万円 0.418% みずほ証券
800万円 0.408% みずほ証券
700万円 0.394% みずほ証券
600万円 0.376% SMBC日興証券、みずほ証券、大和証券など
500万円 0.376% SMBC日興証券、みずほ証券、大和証券など

個人向け国債のキャッシュバックは、基本的に、SMBC日興証券、みずほ証券、大和証券などの大手店頭証券が有利です。

公式サイトSMBC日興証券

尚、2018年12月は楽天証券でもキャンペーンを実施しますが、現金でなく楽天スーパーポイントでも良ければ、100万円以上700万円未満、734万円以上800万円未満、867万円以上900万円未満の場合、楽天証券が有利となります。詳しくは↓の記事を参照して下さい。
参考記事個人向け国債キャッシュバックキャンペーンの証券会社比較、その定期預金換算金利は?

尚、キャンペーンは毎月実施するとは限りませんので、最新のキャッシュバックキャンペーン情報は↓を参照して下さい。
参考記事個人向け国債 キャッシュバックキャンペーン比較

 

数カ月以内に使う可能性のある資金は?

6カ月や1年の定期預金、個人向け国債(1年間は解約不可)には預けられない、数カ月以内に使用予定のある資金は、

3カ月なら住信SBIネット銀行

1カ月以内なら楽天銀行1カ月定期(自分名義の振込資金限定)や、GMOあおぞらネット銀行楽天銀行イオン銀行の普通預金がお勧め。

  銀行・信用金庫 預入期間 金利 備考
1位 住信SBIネット銀行
3カ月
0.30% 1,000円以上。2019.3.3まで。
参考記事【住信SBIネット銀行】円定期預金特別金利キャンペーン開始。
公式サイト住信SBIネット銀行
2位 楽天銀行
1カ月
0.21% 資金お引越し定期。自分名義の他行口座から振込資金限定
参考記事【楽天銀行】資金お引越し定期。自分名義の他行口座から振込した資金の預け入れで金利優遇。
3位 GMOあおぞらネット銀行
普通
(証券コネクト口座)
0.15%
(0.11%)
GMOあおぞらネット銀行、GMOクリック証券両方の口座開設が必要。
2018/12/31までに証券コネクト口座を開設すると、証券コネクト口座開設日から6カ月後の末日まで0.15%。通常金利は0.11%。
参考記事【GMOあおぞらネット銀行】GMOクリック証券との口座連携「証券コネクト口座」が便利なネット銀行。
下記、GMOクリック証券公式サイトから証券・銀行両方の口座開設が可能です。
公式サイトGMOクリック証券
GMOあおぞらネット銀行
4位 楽天銀行
普通 0.10% 楽天証券の口座を開設しマネーブリッジ設定が条件。
参考記事【楽天証券】投資初心者、「つみたてNISA」(積立NISA)にもおすすめのネット証券。
公式サイト楽天証券 楽天銀行
4位 イオン銀行
普通 0.10% イオン銀行スコア50点以上。(イオンカードセレクトを所有していれば、+αの簡単な条件で達成できます)
参考記事【イオン銀行】イオン銀行ポイントクラブのリニューアル「イオン銀行Myステージ」とイオンカードセレクト特典の一部変更。
公式サイトイオンカードセレクト

 

他の銀行、預入期間を含めた定期預金金利の詳細は↓を参照して下さい。

 

定期預金などの無リスク資産を十分確保している方は、つみたてNISA個人型確定拠出年金(iDeCo)を利用して投資にチャレンジしてみては如何でしょう? 投資信託を使えば、たった100円から全世界の株式や債券に投資できます。
*本サイトでは、インデックスファンドと言われる日経平均株価などの指数と同じ動きをする投資信託でのインデックス投資を特に推奨しています。

基本的な知識を学びたい方は↓。
参考記事2018年 今年こそ投資を始めようと思っている方へのインデックス投資入門 ~初心者でも出来るNISAやiDeCoでの資産形成~

証券会社の選択に悩んでいる方は↓。
参考記事主要ネット証券(SBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券)徹底比較。~初めて投資信託、ETFに投資する方へ~

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-定期預金

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2018 All Rights Reserved.