銀行

【イオン銀行】Myステージ特典、イオン銀行スコアの一部変更。高金利普通預金へのハードルがちょっと高くなった!

投稿日:2019年2月6日 更新日:

2019年4月1日からイオン銀行の「イオン銀行Myステージ」の特典、「イオン銀行スコア」が一部変更となります。

スポンサーリンク

「イオン銀行Myステージ」「イオン銀行スコア」の変更

ステージの条件・特典

今回変更となるのは普通預金金利です。ATM、振込手数料無料回数は変更ありません。

ステージ 条件 他行ATM手数料無料回数 他行宛振込手数料無料回数 普通預金金利
(従来の金利)
プラチナ 150点以上 月5回 月5回 0.150%
(0.12%)
ゴールド 100点以上 月3回 月3回 0.100%
シルバー 50点以上 月2回 月1回 0.05%
(0.10%)
ブロンズ 20点以上 月1回 --- 0.03%
(0.05%)
なし 20点未満 --- --- 店頭金利

*他行宛振込手数料無料はネットバンキング、またはイオン銀行ATMでのイオン銀行キャッシュカード利用の振込が対象。
*他行ATM手数料無料回数は、あくまで手数料が発生するATMを使用した場合の無料回数です。
イオン銀行のキャッシュカードが使えるATMは↓を参照して下さい。
参考記事ネット銀行・支店 引出し可能な主なATM

0.10%の普通預金金利を獲得するには、従来はシルバー(イオン銀行スコア 50点以上)で大丈夫でしたが、今後は、ゴールド(イオン銀行スコア 100点以上)が必要となります。

また、ブロンズでの金利も0.03%に低下します。

一方、かなりハードルは高いですが、プラチナだと0.15%と定期預金にも匹敵する高金利になります。

 

イオン銀行スコア配点の変更 (ステージ判定対象取引・判定基準)

下記の取引に応じてイオン銀行スコアが獲得できます。

今回変更となるのはNo.8,10の投信自動積立、外貨普通預金積立の口座振替。従来の10点が30点に増えます。

*下表では管理人の主観で、「容易な取引」、「比較的容易な取引」に色分けしてあります。

容易な取引 
比較的容易な取引

 

No. 対象取引 判定
基準
点数 備考
1 イオンカードセレクト/
イオン銀行
CASH+DEBIT/
イオンデビットカード
契約
月末
時点
10点 契約後は毎月
10点加点
2 イオンゴールドカード
セレクト
契約
月末
時点
30点 契約後は毎月
(1)に30点加点。
3 イオンカード利用代金
の引落
月間
実績
10点
(最大
100点)
1円以上:10点
2万円以上:20点
以降2万円につき
10点
4 イオン銀行
キャッシュカードに
付帯の電子マネーWAON
での支払い
月間
実績
10点
(最大
100点)
1円以上:10点
1万円以上:20点
以降1万円につき
10点
5 イオン銀行
キャッシュカードに
付帯の電子マネーWAON
でのオートチャージ利用
月間
実績
10点 オートチャージ
設定のみでは
加点無。
6 積立式定期預金
の口座振替
月間
実績
10点 複数回実績が
あった場合も10点
7 投資信託残高(時価) 月末
残高
10点
(最大
100点)
1円以上:10点
100万円以上:
20点

以降100万円
につき10点
8 投信自動積立
の口座振替
月間
実績
30点
(従来10点)
複数回実績が
あった場合も30点
9 外貨預金残高(時価) 月末
残高
10点
(最大
100点)
1円以上:10点
100万円以上:
20点

以降100万円
につき10点
10 外貨普通預金積立
の口座振替
月間
実績
30点
(従来10点)
複数回実績が
あった場合も30点
11 NISA口座開設 月末
時点
30点 開設後は毎月
30点加点。
12 iDeCo掛け金の
口座振替
月間
実績
30点  
13 カードローン契約 月末
時点
10点 契約後は毎月
10点を加点
14 無担保ローン残高
(カードローン含む)
月末
残高
30点  
15 住宅ローン残高
(フラット35の口座振替)
月末
残高
(月間
実績)
30点  
16 インターネット
バンキングの登録完了
月末
時点
30点 登録完了後は
毎月30点を加点
17 給与振込 月間
実績
30点 給与振込として
発信された振込
のみ。
18 年金自動受取 月間
実績
30点 公的年金に限る。
受取月の翌月も
30点加点

*No.6,8,12,15 :口座振替が出来なかった場合は加点無。
*No.14,15: 月返済が延滞されている場合は加点無。

 

ボーナスコアの新設

上表、
No.8: 投信自動積立の口座振替
No.10: 外貨普通預金積立の口座振替
No.12: iDeCo掛金の口座振替

のうち、2つ以上の取引があった場合、ボーナススコアとして10点加点します。

 

ゴールドで普通預金金利0.10%をゲットするには?

今後、100点以上のゴールドが必要となります。

  • No.1: イオンカードセレクトやキャッシュ+デビット所有で毎月10点
  • No.16: インターネットバンキング登録で毎月30点、
  • No.3: イオンカードの引落(1円以上~2万円未満)で毎月10点
  • No.4: WAONの利用(1円以上~1万円未満)で毎月10点
  • No.5: WAONオートチャージで毎月10点

ここまでで70点。

さらに、

  • No.7 投資信託残高 1円以上で毎月10点
  • No.8 外貨預金残高 1円以上で毎月10点

投資信託は1万円以上(積立は1,000円以上)、外貨預金は1通貨単位以上(米ドルなら1ドル)で購入出来ます。
*投資信託は1,000円の積立てを始めてすぐに積立を中止する方法もあるかな。
*イオン銀行は低コストのiFreeシリーズを取扱っています(ネット専用)

以上で90点になります。

まだ10点足りないので、

No.3 イオンカード引落 2万円以上、またはNo.4 WAON利用 1万円以上でプラス10点。

これで100点となりゴールドを確保、普通預金金利が0.10%となります。

勿論、イオンカードやWAONをもっと利用する方や、給与・年金の振込先をイオン銀行にしている方は(No.16,17)、投資信託や外貨預金がなくても容易にゴールドを達成できます。

 

 

最後に

 

以上、「イオン銀行Myステージ」、「イオン銀行スコア」の2019年4月1日からの変更点の解説でした。

イオン銀行の魅力の一つが普通預金金利の高さ。

今後、金利0.10%を確保するハードルが若干高くなりますが、投資信託や外貨預金等を組み合わせれば十分達成可能です。

先ずは、イオンカードセレクトイオン銀行キャッシュ+デビットを所有する事です(+上記の取引)

イオンカードセレクトはイオン銀行キャッシュカード、クレジットカード、WAONカードが一体となったカードで、勿論、年会費は無料です。
公式サイトイオンカードセレクト(イオン銀行口座開設も同時に行えます)

イオン銀行キャシュ+デビットはイオン銀行キャッシュカード、デビットカード、WAONカードが一体となったカードで、勿論、年会費は無料です。
(デビットカードは利用代金が即時にイオン銀行普通預金口座から引き落としされる決済方式のカードです。15歳から申込可能。勿論、イオンだけでなくJCB加盟店やイオンマークのある加盟店で利用できます。クレジットカードに抵抗がある方にもお勧め。)
公式サイトイオン銀行キャッシュ+デビット(イオン銀行口座開設も同時に行えます)

参考記事イオン銀行 その魅力を徹底解説

イオン銀行は個人型確定拠出年金(iDeCo)でもお勧めできる銀行です。
参考記事【イオン銀行】個人型確定拠出年金(iDeCo)取扱開始。無条件で運営管理機関手数料無料。

高金利普通預金に拘るなら、楽天銀行、楽天証券のマネーブリッジもお勧めです。口座を開設し、マネーブリッジ(証券・銀行口座連携)を設定すれば、無条件で普通預金金利0.10%となります。勿論、口座開設もマネーブリッジも無料でネット上で手続き出来ます。詳細は下記記事をご覧ください。

 

さらに、GMOあおぞらネット銀行の証券コネクト口座なら(GMOクリック証券の口座開設も必要)、普通預金金利0.11%となります。

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-銀行

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2019 All Rights Reserved.