【イオン銀行】つみたてNISA(積立NISA)、その商品ラインアップと口座開設キャンペーン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

イオン銀行の「つみたてNISA」(積立NISA)の商品ラインアップが明らかになり、また「つみたてNISA(現状NISAを含む)の口座開設キャンペーンも実施されます。

つみたてNISAの制度がよく分からない方は↓の記事を参照して下さい。 

つみたてNISA。その制度、お勧めの金融機関(証券会社・銀行)、商品(投資信託)を解説。現行NISAや個人型確定拠出年金(iDeCo)とも比較。
2018年よりスタートする「つみたてNISA」、その制度の概要、そしてお勧めの金融機関(証券会社、銀行)、商品(投資信託)について、初心者(...

イオン銀行の「つみたてNISA」(積立NISA)の商品ラインアップ

イオン銀行の「つみたてNISA」の商品ラインアップは下表の通りです。

概ね最低水準の信託報酬(投資信託を保有している間にかかる手数料)iFreeシリーズで、金融庁が定める「つみたてNISA」の指定インデックスに対応したファンドは全てラインアップされています。

外国株式では、先進国株式(MSCI Kokusai)だけでなく、(米国)S&P500との連動を目指すインデックスファンドもあります。

さらに、人気の「ひふみプラス」もラインアップしています。

勿論、全てのファンドが購入時手数料無料です。

イオン銀行 つみたてNISAの商品
ファンド 信託報酬
国内株式 
iFree 日経225インデックス 0.1836%
iFree TOPIXインデックス  0.1836%
iFree JPX日経400インデックス 0.2106%
外国株式 
iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジなし) 0.2052%
iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジあり) 0.2052%
iFree S&P500インデックス 0.2430%
iFree 新興国株式インデックス 0.3672%
バランス型 
iFree 8資産バランス 0.2376%
アクティブファンド   
ひふみプラス 1.0584%

注意

つみたてNISA」の商品としては金融庁が認定したファンドだけですので、申し分のないラインアップとなっていますが、ここでラインアップされているiFreeシリーズは「つみたてNISA」専用商品で、それ以外の口座(特定口座など)では購入出来ません。

また、ひふみプラスも、つみたてNISA」では購入時手数料無料で購入できますが、一般・特定口座では2.16%の購入時手数料が必要となります。

*現行NISAでは購入時手数料がWAONで全額還元されます。

つみたてNISA 口座開設キャンペーン

NISA・つみたてNISA・ジュニアNISA口座開設キャンペーン

2017年10月1日~2017年12月31日までに、NISAつみたてNISAジュニアNISA口座を開設すると、

NISAまたはつみたてNISA 1,000WAONポイント

ジュニアNISA : サーティーワン・アイスクリームギフトカード 1,000円分

がプレゼントされます。

*NISA、つみたてNISAは、インターネットでも申込できます。
*ジュニアNISAはイオン銀行店舗のみとなります。

資産形成応援キャンペーン

2017年10月1日~2018年3月31日までに、NISAつみたてNISAジュニアNISA口座、または個人型確定拠出年金(iDeCo)を申込すると、

「今治タオルハンカチ」がプレゼントされます。(先着10,000枚)

*NISA、つみたてNISAは、インターネットでも申込できます。
*ジュニアNISAはイオン銀行店舗のみとなります。
*iDeCoも店舗限定で加入者(掛金を拠出する方)のみ対象となります。運用指図者は対象外です。

まとめ

以上、イオン銀行つみたてNISA、及び口座開設キャンペーンのご紹介でした。

つみたてNISAだけで投資を行う方にはお勧めできる商品ラインアップです。

イオン銀行で「つみたてNISA」を始めるには、先ずはイオン銀行の普通預金口座を開設する必要があります。

イオン銀行は、イオンカードセレクト(キャッシュカード、クレジットカード、WAONカードが一体となったカード)を所有するだけで、普通預金金利が0.10%となるお得な銀行です。また無料で使えるATMも多く利便性にも優れています。

公式サイトイオン銀行口座開設とイオンカードセレクトの申込

イオン銀行の詳細は↓の記事を参照して下さい。
参考記事イオン銀行 その魅力を徹底解説

さらにイオン銀行個人型確定拠出年金(iDeCo)も無条件で運営管理機関手数料無料、そして低コストの商品ラインアップとお勧めできるiDeCoプランの一つです。

公式サイトイオン銀行のiDeCo

イオン銀行iDeCoの詳細は↓の記事を参照して下さい。
参考記事【イオン銀行】個人型確定拠出年金(iDeCo)取扱開始。無条件で運営管理機関手数料無料。

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする