手数料無料のATMを使って賢く節約。銀行をうまく利用しましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

折角、高金利の銀行に預けたとしても、ATM手数料や、振込手数料に無駄なお金を使ってしまっては元も子もありません。

低金利の今だからこそ、こういった無駄な出費を省き、賢く節約していく必要があります。そして、銀行をうまく利用する事も重要です。

引出しは手数料無料のATMで

前回の記事で、地方の銀行のインターネット支店の定期の利率が高いと書きましたが、”地方銀行に預けちゃって引出すときどうするの? 振込?”

ご安心ください。地方銀行でも、ゆうちょ銀行、イオン銀行、コンビニのATMなどで引き出せます。

勿論、手数料無料のATMを使いましょう

↓のページをご覧ください。 主なネット銀行、高金利地方銀行のATMの対応状況をまとめてあります。

参考記事ネット銀行・支店 引出し可能な主なATM

「しんたろう」は、地方銀行のネット支店から、他の銀行に移し替えるときは、

地方銀行A —> 手数料無料のATMで引出し —> 振込み手数料無料の銀行に入金 —> 目的の銀行B

という方法をよく使います。勿論、振込手数料無料の銀行に入金する時も手数料無料のATMを使います。

(FX口座経由だとネットだけで完結できる事もありますが、FX口座を開設するのに抵抗あったりする方もいますよね。)

振込手数料無料の銀行については↓の記事を参考にして下さい。

参考記事銀行の振込手数料を節約、他行宛て振込手数料無料の銀行を賢く使う。

メインバンクとして最適な銀行、それは新生銀行

先ほどの対応ATM一覧表を見ておかわりのように、ATMの利便性でいったら新生銀行が断トツと言って良いかと思います。(次は、ソニー銀行イオン銀行かな?)

新生銀行には、ATM利便性の他にも、(条件付きですが)他行宛て振込手数料が複数回無料となるサービスもあります。

「しんたろう」も、サラリーマン時代は、新生銀行をメインバンクとして、給料の振込先に使っていました。

ネット銀行は抵抗があるという方も、新生銀行(大都市だけですが)実際の店舗もありますので、安心ではないでしょうか?

新生銀行、数年前までは高金利の定期預金も出してました。現在は、金利という点ではちょっと残念ですが、メインバンクとしては最適な銀行の一つです。

今でも、新規に口座開設した方限定の「スタートアップ円預金」や、誕生日月とその前月に限り預入可能な「ハッピバースデー円定期預金」などの高金利定期預金もあります。

新生銀行ソニー銀行イオン銀行の詳細は↓の記事も参考にして下さい。

参考記事新生銀行 その魅力を徹底解説

参考記事ソニー銀行 その魅力を徹底解説

参考記事イオン銀行 その魅力を徹底解説

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする