【大和証券】個人型確定拠出年金(iDeCo)の運営管理機関手数料、無条件で無料へ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

大和証券は、2017年9月11日より個人型確定拠出年金(iDeCo)の運営管理機関手数料を無条件で無料化すると発表しました。

大和証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)の手数料改定内容

運営管理機関手数料、無条件で無料化へ

従来、大和証券個人型確定拠出年金(iDeCo)ダイワのiDeCo」では、資産残高が50万円以上あれば運営管理機関手数料無料でしたが、50万円未満は月額324円(年額3,888円)が必要でした。

これが2017年9月11日より無条件で、だれでも運営管理機関手数料無料となります。

~無条件で、だれでも、0円~

国民年金基金連合会や事務委託先金融機関(信託銀行)の手数料も合わせた手数料合計(年額)は下記のようになります。

大和証券iDeCoの手数料合計(年額、税込み)
加入者の場合
  改定前 改定後
残高50万円未満 5,892円 無条件でだれでも
2,004円  
残高50万円以上 2,004円

尚、運営管理機関手数料無料化は、運用指図者にも適用されます。

初期手数料、還付手数料も無料へ

従来、初期手数料 1,080円、還付手数料 648円だったものが、今回の改定に合わせて、初期手数料、還付手数料ともに無料となります。

「iDeCo投資スタイル・ナビ」の提供開始

iDeCo投資スタイル・ナビ」も2017年9月11日より提供されます。

いわゆるロバ・アドバイザーで、簡単な質問に答えるだけで、それぞれの方に応じたアセットアロケーションが提案されるものです。

まとめ

大和証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)が、無条件で運営管理機関手数料無料となります。

無条件での運営管理機関手数料無料化はSBI証券楽天証券イオン銀行に続き4社目で、店頭証券としては初めてとなります。

大和証券 個人型確定拠出年金(iDeCo)の商品ラインアップ(↓の記事参照)は、上記3社に比べ若干信託報酬高めではありますが、それでも十分低コストのインデックスファンドが揃っています。
参考記事大和証券 個人型確定拠出年金(iDeCo) 新プラン「ダイワのiDeCo」発表

また、他の金融機関を含めた比較は↓の記事を参照して下さい。
参考記事個人型確定拠出年金(iDeCo) 金融機関 徹底比較

但し、残念ながら大和証券個人型確定拠出年金(iDeCo)「ダイワのiDeCo」ではSBI証券と同様、併給(*)には対応していません。

(*)併給 : 受給時に一時金と年金とに分割して受け取る方法。これにより節税出来る場合があります。

個人型確定拠出年金(iDeCo)、運営機関に手数料を払う時代は終わりといっても良いでしょう。

無条件で運営管理手数料無料の金融機関 公式サイト
aeon200x200

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする