銀行

【大和ネクスト銀行】 その魅力を徹底解説。自分宛なら他行振込手数料が回数無制限で無料。他人名義でも月3回無料。

投稿日:2019年5月3日 更新日:

本人宛振込手数料が回数無制限で無料、他人名義でも無条件で3回無料となる大和ネクスト銀行について解説します。

[最終更新日:2019.5.3]最新の情報に更新。

スポンサーリンク

大和ネクスト銀行の概要

  • 株式会社大和ネクスト銀行
  • 公式ホームページ 
  • 本社 : 東京都千代田区
  • 設立 : 2010年4月1日
  • 大和証券グループ本社100%出資

 

主な特徴

自分名義の口座なら振込手数料、回数無制限で無料。

他人宛てでも月3回まで無料

大和証券との連携。大和ネクスト銀行の普通預金が、そのまま大和証券の買付余力に反映。

大和ネクスト銀行の店舗、ATM、キャッシュカードは無。
*大和証券のキャッシュカード(ダイワ・カード)を使い提携ATMでの入出金が可能。

 

大和証券 二つのコース ~「ダイワ・ダイレクト」「ダイワ・コンサルティング」コース

大和ネクスト銀行の口座開設を行うには大和証券の口座の開設が必須条件です。

そして大和証券の口座には、「ダイワ・ダイレクト」コース、「ダイワ・コンサルティング」コースの二つのコースがあり、どちらかを選択する事になります。

「ダイワ・ダイレクト」コースは、投資相談やアドバイスを受ける事は出来ませんが(市況や商品説明等客観的事実に基づく案内、説明はあり)、その分、株式売買手数料などが割安になっています。

尚、両方のコースともインターネットでの取引(オンライントレード)は可能です。

また途中でコースを変更する事も出来ます。

 

口座開設

  • 日本全国どこでも口座開設が可能。
  • 口座開設は下記4つの方法があります。
    1. スマートフォンアプリから(ダイレクトコース)
    2. ネットで口座開設申込、必要事項入力、郵送(ダイレクトコース)
    3. ネットまたは電話で口座開設資料申込 (ダイレクトコース・コンサルティングコース)
    4. 店頭で申込 (ダイレクトコース・コンサルティングコース)

大和ネクスト銀行のサービス

円預金金利

高金利というほどではないですが、都市銀行などに比べると十分高い金利です。

大和ネクスト銀行 預金金利  *金利は2019年5月3日現在
商品名 期間 金利
普通預金 --- 0.005%
定期預金 1カ月 0.08%
3カ月 0.10%
6カ月 0.10%
1年 0.10%
2~5年 0.10%

*円定期預金の最低預入金額は10万円以上。

尚、以前は高金利キャンペーン(例えば2015年年末は6カ月、1年定期 0.45%)を実施していましたが、最近は円定期預金のみのキャンペーンは行われていません。

ただ、新規口座開設者限定(ダイワ・コンサルティングコースのみ)のキャンペーンは頻繁に実施しており、例えば2019年2月のキャンペーンでは1年定期 0.40%と高金利でした。

 

他の銀行・信用金庫の普通預金・定期預金金利情報は下記ページを参照してください。

ATM

大和証券のダイワ・カードを使ってATMから入出金が可能です。

時間内
または
終日無料
大和証券・大和ネクスト銀行の主な対応ATM  2019.5.3時点
ATM 入金 出金
大和証券 無料 無料
ゆうちょ銀行 時間内無料 有料
セブン銀行 時間内無料 時間内無料
E-net(ファミマ) 時間内無料 有料
ローソン銀行 時間内無料 有料
都市銀行 --- 有料
三井住友銀行 時間内無料 有料

*無料と表記してあっても使用できない時間帯がある場合があります。

出金は大和証券・セブン銀行のATM以外は有料です

一度、ATM無料の他の銀行に振込んで、その銀行の無料ATMから出金する方が便利かと思います。(後述しますが、自分宛振込手数料は回数無制限で無料という特典がありますので)

他の銀行のATM対応状況は下記ページを参照して下さい。

 

振込手数料

無条件で、本人名義口座への他行宛て振込手数料が、回数無制限で無料です。

さらに、他行、他人名義口座の振込手数料も月3回まで無料です。

*ただし、楽天銀行、新生銀行、GMOあおぞらネット銀行宛ては本人宛てでも他人宛てとしてカウント(無料回数 月3回まで)

無条件、無制限(本人宛)というところが他の銀行にない素晴らしいところ。これが、大和ネクスト銀行の最大の魅力です。

例えば、住信SBIネット銀行新生銀行の口座をメインで使用している方でも、無料振込手数料回数が残り少なくなったとき、一度、大和ネクスト銀行に振込、そこから目的の複数の銀行に振り込むことで、事実上、無料回数を増やすことが出来ます。

 

大和証券との連携 ~ダイワのツインアカウント~

大和ネクスト銀行の円普通預金口座と大和証券の総合取引口座の連携を「ダイワのツインアカウント」と呼んでいます。

大和ネクスト銀行の円普通預金残高が大和証券の買付余力に反映、そして大和証券での売買資金はスウィープサービスで自動的に大和ネクスト銀行の普通口座から入出金されます。

 

口座振替

公共料金の口座振替は行っていません。

また、クレジットカードの口座振替先にできるのはJCBカードのみとなります。(JCBロゴのあるカードでも指定できないカードもあり)

メインバンクとして使う銀行ではありません。

 

ネットのセキュリティー対策

  • ログイン時に下記の入力が必要。

    • ユーザーID (大和ネクスト銀行より指定されたID)
    • ログインパスワード
  • ログイン時にワンタイムパスワード、または合言葉を入力する「プラス認証」も選択可能。(大和証券口座から大和ネクスト銀行に入る場合は対象外)
  • 大和証券の口座にログインして、そこから大和ネクスト銀行のサイトにいく事も可能。
  • 他人名義の新規口座に振込時は認証番号表を使用。

 

その他のサービス(大和証券)

個人向け国債のキャンペーンのキャッシュバック金額がトップクラス

大和証券のサービスですが、個人向け国債購入時のキャンペーン、キャッシュバック金額がトップクラスです。

さらにポイントも付きます。

*以前は、キャッシュバックに加えて資金預入から実際の国債購入までの短期間ではありますが年利2%という高金利定期預金のキャンペーンもありました。また、復活する事を期待。

但し、キャンペーンは毎月実施するとは限りません。キャンペーンの実施状況は下記ページを参照してください。

 

日経テレコンが無料で読めます

これも大和証券のサービスですが、日経テレコンが無料で読めます。

日経テレコンとは日経新聞の電子版のようなもので、写真や図表はありませんが、日経新聞の朝刊・夕刊、さらに日経産業新聞、日経MJ、日経速報ニュースなどがテキストで読めます。

 

最後に

以上が大和ネクスト銀行の解説です。

大和証券で取引をする予定の無い方でも、口座を開設するだけで、自分名義の振込手数料が回数無制限で無料、他人名義でも月3回まで無料という特典を受けられます。

ATMの利便性は決して良いとは言えませんが、振込手数料無料のサービスだけでも口座開設する意義があるかと思います。

また、円預金の金利も都市銀行よりは十分高くなっています。

 

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-銀行

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2019 All Rights Reserved.