確定拠出年金(iDeCo)

1分でわかる確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の要点、注意点。

投稿日:2016年12月3日 更新日:

本ブログだけでも、多くの確定拠出年金(iDeCo)についての記事がありますが、要点だけ知りたい方の為に、この記事一つだけでわかるよう簡単にまとめてみます。

短文で表現する為、断定調で書きますが、最終的な判断は自己責任でお願いします。そして、一部には「しんたろう」の主観も含まれている事に注意して下さい。

スポンサーリンク

確定拠出年金、全て自己責任の世界

  • 企業型確定拠出年金、企業が給付を保証する運用に耐えられなくなったものを、個人に丸投げしたものともいえる。個人型確定拠出年金(iDeCo)の制度拡充も、将来の公的年金削減にそなえ、「自分の老後資金は自分で確保しなさい」という国からのメッセージ。

 

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入すべき? 企業型確定拠出年金のマッチング拠出すべきか?

  • 所得控除されるだけの所得がある方は個人型に加入、またはマッチング拠出で、その大きな恩恵を受けることが出来る。勿論、還付された税金を、いつのまにか使ってしまうような方には意味なし。
  • 所得のない方、確定拠出年金の手数料を払ってまで加入する意味があるか慎重に検討すべき。非課税で投資したいだけならNISAの方が有利な場合も。
  • 途中でやめたくても抜けられない。拠出をやめても、60歳以降、給付を受け終わるまで手数料を払い続ける必要がある。
  • 凍結中とはいえ、手数料に加え特別法人税(年1.173%)がかかる可能性も忘れてはいけない。

 

商品の選択

 

NISAは非課税だけど、確定拠出年金は非課税ではない、税金の繰延べにすぎない事に注意。そして元本に課税される恐れも。

 

確定拠出年金の活用方法

  • 資産残高により手数料が変わる金融機関の場合、手数料が安くなる資産額に早く到達するよう最初は最大限拠出。
  • 確定拠出年金以外の退職一時金があったり、公的年金額の多い方は、給付時の所得控除額を考えつつ拠出額を調整。
  • 確定拠出年金以外の投資資産を含めた全体のリバランス用口座として活用。
  • buy & holdの長期投資家だけでなく、寧ろ、中・短期の売買を繰り返す方にとっても便利な制度。

とにかく、給付までを考えると非常に難しい制度です。しっかり勉強しないと、折角の恩恵を受けられないだけでなく、逆に損するなんて事も有り得ます!

 

運営管理機関手数料無料のSBI証券、楽天証券、イオン銀行、マネックス証券、松井証券のiDeCoをより詳しく比較した記事が↓になります。

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-確定拠出年金(iDeCo)

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2018 All Rights Reserved.