【2019年】おすすめの個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ) 金融機関を徹底比較。どこの証券会社・銀行が良いの? 

所得控除や受給時の税制優遇が魅力の個人型確定拠出年金(iDeCo)、どこの金融機関で加入するか迷われている方も多いかと思います。

そこで、本サイトが独自に選んだ16の金融機関のiDeCoプラン、その手数料、及び取扱っているインデックスファンドの信託報酬等を一覧にまとめました。

また、この中からおすすめの金融機関も紹介します。

[最終更新日:2019年9月2日] 三井住友銀行 「みらいプロジェクト」コースを追加。
[2019年8月20日] eMAXIS Slim全世界株式信託報酬引下げを反映
DCニッセイ国内債券・日本債券・外国債券・外国株式信託報酬引下げを反映(2019.10.1より)
[2019年6月18日] eMAXIS Slim先進国株式信託報酬引下げ(2019.6.25より)
ダイワつみたて4本信託報酬引下げ(2019.8.24より)を反映。
[2019年4月28日] カブドットコム証券追加。
[2019年4月25日] eMAXIS Slimの信託報酬引下げ(2019.5.14から)を反映。
[2019年4月10日] 最新の情報に更新。

大和証券 iDeCo

個人型確定拠出年金(iDeCo)の手数料

手数料

個人型確定拠出年金(iDeCo)では下記の手数料が必要となります。

*手数料は、掛金を拠出している加入者と、拠出無しで運用を行うだけの運用指図者とで異なりますが、以下の手数料は全て加入者の場合です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の手数料
年額(税込)
国民年金基金連合会1,236円
事務委託先金融機関(信託銀行)768円
運営管理機関各金融機関により異なる

運営管理機関というのが、○○銀行や△△証券などの金融機関になります。

国民年金基金連合会と事務委託先金融機関の手数料は、どこの金融機関で加入しようとも必ずかかります。これだけで年額2,004円となります。

但し、国民年金基金連合会の手数料は掛金拠出回数を減らす事で削減する事も出来ます。2017年までは毎月拠出が原則でしたが、2018年より年単位の拠出が可能になり、複数月分をまとめて拠出する事が出来ます(前納はNG)。その場合の手数料は下式のようになります。
年間手数料=運営管理機関手数料+事務委託先手数料[768円]+国民年金基金連合会[103円x年間の拠出回数]

運営管理機関の手数料だけが、加入する金融機関により異なります。

 

運営管理機関手数料無料の金融機関

一部の金融機関は運営管理機関手数料を無料としています。

無条件で運営管理機関手数料無料SBI証券
マネックス証券
楽天証券
松井証券
大和証券
イオン銀行
カブドットコム証券
auアセットマネジメント
三井住友銀行「みらいプロジェクト」コース
条件付きで運営管理機関手数料無料みずほ銀行
野村證券
第一生命

総じて、運営管理機関手数料無料の金融機関は、信託報酬(投資信託保有時にかかる手数料)も低い商品をラインアップしている事が多く、敢えて運営管理機関手数料がかかる金融機関を選択する意味はないでしょう。

 

iDeCoの金融機関比較 ~おすすめの証券会社、銀行は?~

iDeCoでチェックすべきは3点

iDeCoの金融機関選択時にチェックすべき項目は下記の3点です。

  • 運営管理機関手数料 => 無料が最低条件
  • 低コストのインデックスファンドをラインアップしているか?
  • 受給時の自由度 => 受給時の税金がお得になる事も。
    例えば、一部を一時金、残りを年金として分けて受け取る併給が得になる場合もあります。
    また選択できる年金受給年数等も金融機関によって異なります。

 

ラインアップされている商品(インデックスファンド)のコスト(信託報酬)

インデックスファンドで国内債券・株式、先進国債券・株式の4資産の平均信託報酬(*1)、4資産に新興国債券・株式、国内・先進国リートを加えた8資産の平均信託報酬(*1)及び時価総額比で全世界の株式に投資(*2)した場合の信託報酬(*1)比較してみます。

(*1)信託報酬は投資信託にかかる手数料ですので低い方が望ましい事は言うまでも有りません。
(*2)全世界の株式の時価総額比率は、概ね先進国80%、新興国12%、国内8%です。これを目安にアセットアロケーション(資産配分)を決めるのも良いでしょう。

4資産、8資産の平均信託報酬、全世界株式(時価総額比)での信託報酬のランキングです。

*スマホの方は横にスクロールしてご覧ください。

無条件で運営管理機関手数料無料
年金・一時金の併給可能
4資産平均8資産平均全世界株式
(時価総額比)
1位SBI証券セレクト
(0.1350%)
1位SBI証券セレクト
(0.1929%)
1位SBI証券セレクト
(0.1299%)
2位マネックス証券
(0.1377%)
2位マネックス証券
(0.1943%)
2位マネックス証券
(0.1238%)
松井証券
(0.1377%)
3位松井証券
(0.2348%)
松井証券
(0.1238%)
4位大和証券
(0.1458%)
4位りそな銀行
(0.2531%)
4位野村證券
(0.2056%)
野村證券
(0.1458%)
5位第一生命
(0.2781%)
5位第一生命
(0.2298%)

1位~3位に入ったのがSBI証券(セレクトコース)マネックス証券松井証券、この3社であれば殆ど差がなく、どこを選択しても低コスト・インデックスファンドという点では間違いないでしょう。

勿論、3社とも無条件で運営管理機関手数料は無料です。

 

総合的な判断で本サイトが選ぶお勧めの金融機関は?

最初に記載した三つのチェックポイントを確認していきます。

低コストのインデックスファンドという点では上表に記載の金融機関、

そして、上表の黄色のセルが無条件で運営管理機関手数料無料の金融機関、

さらに赤字で記載の金融機関が併給に対応しています。

これらをすべて満たしているのがマネックス証券松井証券になります。

この2社で、その商品の信託報酬からマネックス証券が若干有利と言って良いでしょう。

マネックス証券 iDeCo

 

大和証券iDeCo 資料請求キャンペーン実施中
今なら資料請求だけでAmazonギフト券200円をプレゼントするキャンペーンを実施中です(2020年3月16日まで)

さらに加入すると抽選で50名にAmazonギフト券10,000円がプレゼントされます(キャンペーン期間中に資料請求し2020年4月30日までに申込書類が不備なく大和証券に届いている事)
詳細は下記公式サイトで。
公式サイト大和証券 iDeCo

 

おすすめの金融機関 5社

マネックス証券

4資産・8資産平均、全世界株式の信託報酬、いずれも2位となったのがマネックス証券。1位との差は僅かです。

そして、マネックス証券の場合、低コストのインデックスファンドに加え、受給制度が充実している(自由度が高い)のも特徴です。

バランスの良さでお勧めできる金融機関です。

*因みに管理人もマネックス証券のiDeCoに加入しています。

公式サイトマネックス証券 iDeCo

 

松井証券

松井証券SBI証券とは対照的に商品数を12本と絞ったプランです。受給制度も問題ありませんので、この少ないラインアップで十分という方にはお勧めできます。

公式サイト松井証券 iDeCo

 

SBI証券セレクトコース

8資産平均、全世界株式の信託報酬、いずれも1位となったのがSBI証券(セレクトコース)。

SBI証券は豊富な商品ラインアップを誇りますが、一方で受給時の自由度が低いのが難点。一時金と年金の併給にも対応していません。また商品数が多く、今後出てくるであろう新しい商品を追加する余地がないという懸念もあります。(iDeCoでは商品上限数が35本と決められています。)

既存のラインアップだけで十分、そして受給制度に拘らないならお勧めできます。
*SBI証券には古くからあるオリジナルプランと新しく出来たセレクトプランの二つがありますが、セレクトプランの方が断然お勧めです

公式サイトSBI証券 iDeCo

 

楽天証券

上記、インデックスファンドの4資産・8資産平均、全世界株式の信託報酬比較ではランクインしなかった楽天証券

しかし、楽天証券には人気の楽天・全世界株式インデックス・ファンド楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド)があります。

iDeCoでバンガード社ETFに投資したい方は楽天証券の一択。受給制度も問題ありません。

公式サイト楽天証券 確定拠出年金

 

大和証券

今なら資料請求だけでAmazonギフト券200円をプレゼントするキャンペーンを実施中です(2020年3月16日まで)
さらに加入すると抽選で50名にAmazonギフト券10,000円がプレゼントされます(キャンペーン期間中に資料請求し2020年4月30日までに申込書類が不備なく大和証券に届いている事)
詳細は下記公式サイトで。
公式サイト大和証券 iDeCo

上記3金融機関は全てネット証券ですが、ネット証券には抵抗がある、大手店頭証券がお好みという方に、大手店頭証券の中で唯一無条件で運営管理機関手数料が無料となるのが大和証券

信託報酬の低いファンドをラインアップしており4資産であれば4位に入っていります。

難点は、新興国株式・債券がない事、および併給に対応してない事。

公式サイト大和証券 iDeCo

 

主な金融機関のiDeCoプラン

各金融機関の個人型確定拠出年金(iDeCo)の年間手数料(加入者/掛金拠出者)、及び各アセットクラスでのインデックスファンド信託報酬をまとめます。

また各プランで特徴的なファンド(バランスファンド、全世界型ファンドなど)も備考欄に記載します。

さらに、受給時に一時金と年金とで分けて受け取る方法(併給)が税制上有利になる場合がありますが、その対応有無も記載してあります。

尚、金融機関によっては複数のプランを取扱っていますが、基本的に最新のプランを紹介します。(SBI証券だけは二つのプランを紹介)

*信託報酬は税込表示
*赤字は各アセットクラスで最も信託報酬の低いファンドです。
*併給可能か否かは公式サイトに記載されていない場合はコールセンターで確認。よって、その内容を保証するものではありません。
*各金融機関名をクリックすると、それぞれの詳細な解説記事にリンクします。

[スマホの方は横にスクロールしてご覧ください]

運営管理機関手数料が無条件で無料となる証券会社・銀行

マネックス証券

マネックス証券
手数料2,004円併給公式サイトマネックス証券 iDeCo
国内
債券
TOPIX日経
平均
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
 0.130%
三菱
UFJ
0.162%
DIAM
DC
 0.183%
DC
ニッセイ
0.151%
eMAXIS
Slim
0.108%
eMAXIS
Slim
0.238%
iFree
0.204%
eMAXIS
Slim
0.270%
DC
ニッセイ
0.292%
三井住友
DC
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) [0.162%]
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) [0.1512%]
ポイントeMAXIS Slimを中心とした超低コストの商品ラインアップと受給制度の自由度の高さでおすすめ。
2018.10 eMAXIS Slim米国株式追加でさらにパワーアップ。

 

SBI証券

SBI証券 (オリジナルプラン)
手数料2,004円併給X公式サイトSBI証券 iDeCo
国内
債券
TOPIX日経
平均
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
0.130%
三菱
UFJ
0.173%
三井住友
DC
0.183%
DC
ニッセイ
0.151%
野村(*)
0.151%
DC
ニッセイ
0.562%
三菱
UFJ
0.594%
三菱
UFJ
0.270%
DC
ニッセイ
0.292%
三井住友
DC
ポイントSBI証券では、オリジナルプラン、セレクトプランのどちらかを選択。これから加入する方はセレクトプランがおすすめ。
(*)先進国債券:野村外国債券インデックスファンドは2019.7.23からの引下げ後の値。
SBI証券 (セレクトプラン)
手数料2,004円併給X公式サイトSBI証券 iDeCo
国内
債券
TOPIX日経
平均
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
0.130%
eMAXIS
Slim
0.151%
eMAXIS
Slim
0.172%
購入・換金
手数料なし

ニッセイ
0.151%
eMAXIS
Slim
0.108%
eMAXIS
Slim
0.238%
iFree
0.204%
eMAXIS
Slim
0.270%
購入・換金
手数料なし

ニッセイ
0.292%
三井住友
DC
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) [0.162%]
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) [0.1296%]
SBI・全世界株式インデックス・ファンド [0.15336%]
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド [0.6±0.02%]
セゾン資産形成の達人ファンド [1.550%]
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) [0.1512%]
ポイント低コストの豊富な商品ラインアップ。eMAXIS Slim、SBI、セゾンなどの全世界型、eMAXIS Slim米国株式が魅力。
難点は併給不可など受給制度が弱い事。商品数の上限35本に対して余裕がなく新規ファンドの採用が期待できない事。

 

楽天証券

楽天証券
手数料2,004円併給公式サイト楽天証券 確定拠出年金
国内
債券
TOPIX日経
平均
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
0.151%
たわら
0.173%
三井住友
DC
0.184%
たわら
0.184%
たわら
0.216%
たわら
0.562%
日興
0.594%
日興
0.270%
三井住友
DC
0.292%
三井住友
DC
楽天・全米株式インデックス・ファンド [0.1596%]
楽天・全世界株式インデックス・ファンド [0.2196%]
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド [0.6±0.02%]
セゾン資産形成の達人ファンド [1.550%]
ポイント楽天・バンガード・ファンドがお好みなら楽天証券の一択。
セゾンならSBI証券にもあるが、受給制度の自由度から楽天証券有利。

 

松井証券

松井証券
手数料2,004円併給公式サイト松井証券 iDeCo
国内
債券
TOPIX日経
平均
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
 0.130%
三菱UFJ
0.162%
DIAM DC
---
0.151%
eMAXIS
Slim
0.108%
eMAXIS
Slim
0.562%
三菱UFJ
0.204%
eMAXIS
Slim
0.270%
たわら
0.292%
たわら
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) [0.1512%]
ポイントeMAXIS Slimを中心とした超低コスト、合計12本とシンプルな商品構成。
基本的な資産クラスのインデックスファンドで十分という方におすすめ。

 

イオン銀行

イオン銀行
手数料2,004円併給公式サイトイオン銀行のiDeCo
国内
債券
TOPIX日経
平均
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
0.151%
たわら
0.162%
DIAM DC
---0.184%
たわら
0.216%
たわら
0.562%
三菱UFJ
0.589%
DIAM
0.270%
たわら
0.292%
たわら
たわらノロード バランス(8資産均等型) [0.2376%]
イオン銀行iDeCo定期預金 5年 金利0.05%
ポイントネット証券には抵抗がある方におすすめ。
iDeCoを所得控除だけが目的で定期預金に預ける方、5年定期と長期だが金利は他社より高い。

 

大和証券

大和証券
手数料2,004円併給X 公式サイト大和証券 iDeCo
国内
債券
TOPIX日経
平均
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
0.130%
ダイワ
つみたて
0.151%
ダイワ
つみたて
---
0.151%
ダイワ
つみたて
0.151%
ダイワ
つみたて
---
---
0.594%
DC
ダイワ
0.572%
DC
ダイワ
ポイントネット証券には抵抗がある方におすすめ。
*国内債券、TOPIX、先進国債券、先進国株式は2019年8月24日の信託報酬引下げ後の値

 

カブドットコム証券

カブコムのiDeCo
手数料2,004円併給 公式サイトカブコムのiDeCo(イデコ)
国内
債券
TOPIX日経
平均
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
 0.130%
三菱UFJ
0.194%
(三菱UFJ)
つみたて
0.194%
(三菱UFJ)
つみたて
0.594%
(SSGA)
DC外国債券
0.216%
(三菱UFJ)
つみたて
0.648%
eMAXIS
0.367%
(三菱UFJ)
つみたて
0.270%
三菱UFJ
0.572%
三菱UFJ
auスマート・ベーシック(安定・安定成長) [0.378%]
auスマートプライム(成長・高成長)  [0.173~1.561%]
ポイントauファンド保有でポイント還元有。auユーザーはポイント2倍。

 

au

auのiDeCo
手数料2,004円併給 公式サイトauアセットマネジメント
国内
債券
TOPIX日経
平均
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
---------
---------
---
------
auスマート・ベーシック(安定・安定成長) [0.378%]
auスマートプライム(成長・高成長)  [0.173~1.561%]
ポイントバランスファンド4本(+定期預金)だけのラインアップ。
ポイント還元有。auユーザーはポイント2倍。

 

三井住友銀行「みらいプロジェクト」コース

三井住友銀行「みらいプロジェクト」コース
手数料2,004円併給?公式サイト三井住友銀行
国内
債券
TOPIX日経
平均
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
---------
---------
---
------
個々のアセットクラスに投資するインデックスファンドは無し。
バランス型としてインデックス運用のファンドに投資する三井住友・資産最適化ファンド(信託報酬0.9904%程度)
定期預金等の元本確保型商品無し
ポイント毎年加入者・指図運用者1人あたり100円を三井住友銀行が未来を支える子どもたちに寄付。

 

運営管理機関手数料が条件付きで無料となる証券会社・銀行

みずほ銀行
手数料2,004円
5,064円
併給残高または掛金累計50万円以上、
または
1.月額掛金1万円以上、

2.メールアドレス登録、
3.「SMART FOLIO <DC>」にて目標金額設定
の3点を満たす人、2,004円。

これらの条件を満たさない場合は5,064円。
公式サイトみずほ銀行 
国内
債券
TOPIX日経
平均
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
0.151%
たわら
0.162%
DIAM
DC
---
0.184%
たわら
0.216%
たわら
---
---
0.270%
たわら
0.292%
たわら
ポイント無料条件は容易。殆どの方が無料となるでしょう。新興国がラインアップされていない事に注意。
野村證券
手数料2,004円
5,400円
併給掛金1万円以上、または残高100万円以上で2,004円、
それ以外の方は5,400円。
公式サイト野村證券
国内
債券
TOPIX日経
平均
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
0.130%
野村DC(*)
0.151%
野村DC(*)
0.270%
野村日経
0.151%
野村DC(*)
0.151%
野村DC(*)
0.594%
野村
新興国
0.605%
野村
新興国
---0.356%
野村世界(*)
*国内債券、TOPIX、先進国債券、先進国株式は2019年6~7月、先進国REITは2019年9月30日の信託報酬引下げ後の値
第一生命
手数料2,004円
5,784円
併給残高150万円以上で2,004円、それ未満は5,784円。
公式サイト第一生命
国内
債券
TOPIX日経
平均
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
0.173%
三井住友
TAM
0.162%
DIAM
DC

---0.184%
たわら
0.216%
たわら
0.562%
日興
0.367%
たわら
0.270%
たわら
0.292%
たわら

 

運営管理機関手数料が必要な証券会社・銀行

岡三証券
手数料4,464円併給○(?)公式サイト岡三証券
国内
債券
TOPIX日経
平均
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
0.130%
DC
ニッセイ
0.173%
DC
ニッセイ
0.248%
岡三
日本
0.270%
DIAM
DC
0.151%
DC
ニッセイ
0.594%
三井住友
TAM
0.626%
三井住友
TAM
---0.292%
三井住友
DC
りそな銀行
手数料5,148円
5,796円
併給当初2年間は2,004円。
その後、引落口座りそなグループ、または給与天引きで5,148円。
それ以外は5,796円。

公式サイトりそな銀行
国内
債券
TOPIX日経
平均
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
0.130%
Smart-i
0.167%
Smart-i
---0.184%
Smart-i
0.216%
Smart-i
0.562%
DCダイワ
0.367%
Smart-i
0.184%
Smart-i
0.216%
Smart-i
スルガ銀行
手数料5,244円併給X2017年10月2日より新規加入者は5,244円に引上げ。
既存の加入者は従来通り2,004円。
公式サイトスルガ銀行
国内
債券
TOPIX日経
平均
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
0.486%
日興
0.616%
野村
TOPIX
0.562%
DC
ダイワ
0.702%
ダイワ
投信
0.756%
インベスコ
0.562%
日興
0.594%
日興
---0.572%
DC
ダイワ
三井住友銀行(標準コース)
手数料5,064円併給公式サイト三井住友銀行
国内
債券
TOPIX日経
平均
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
0.173%
三井住友
DC
0.173%
三井住友
DC
---0.227%
三井住友
DC
---0.562%
日興
0.605%
三井住友
DC
---0.356%
野村世界(*)
三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド  [0.270%]
*先進国REITは2019年9月30日の信託報酬引下げ後の値
日本生命
手数料5,760円併給公式サイト日本生命
国内
債券
TOPIX日経
平均
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
0.130%
DC
ニッセイ
---
0.205%
DC
ニッセイB
0.151%
DC
ニッセイ
0.151%
DC
ニッセイ
0.562%
DC
ダイワ
0.594%
日興
0.270%
DC
ニッセイB
0.572%
DC
ダイワ
ろうきん
手数料5,664円併給<中央ろうきん>2020年3月まで手数料月額50円引下げ
公式サイトろうきん
国内
債券
TOPIX日経
平均
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
0.270%
DC
ダイワ
0.270%
DC
ダイワ
---0.248%
DC
ダイワ
0.151%
野村DC(*)
------------
*先進国株式は2019年6月18日の信託報酬引下げ後の値

敢えて手数料がかかるプランを選択する意味はないでしょう。

 

iDeCo関連の書籍紹介

確定拠出年金(iDeCo)は、給付まで考えると、非常に複雑な制度です。税制優遇の恩恵を最大限受ける為にも、しっかりと勉強される事をお勧めします。

お薦めの書籍をいくつかご紹介します。

投稿日:2019年4月10日 更新日:

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2019 All Rights Reserved.