個人型確定拠出年金(iDeCo) 金融機関 徹底比較

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

2017年より殆どの方が加入できるようになった個人型確定拠出年金(iDeCo)、どこの金融機関で加入するか迷われている方も多いかと思います。

そこで、「しんたろう」が独自に選んだ14の金融機関のiDeCoプラン、その手数料、及び取扱っているインデックスファンドの信託報酬等を一覧にまとめました。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の金融機関比較 ~手数料、信託報酬 徹底比較~

[最終更新日:2017年11月9日] eMAXIS Slim先進国株式・新興国株式信託報酬引下げを反映(マネックス証券)、一般向けファンドの信託報酬更新
[2017年10月2日] eMAXIS Slim先進国株式の信託報酬引下げを反映(マネックス証券)、岡三オンライン証券のキャンペーン延長。

[2017年9月18日] 三井住友・DC日本株式インデックスファンドSの信託報酬引下げ(2017.9.21より0.2052–>0.1728%)を受けて更新。SBI証券・楽天証券・三井住友銀行
[2017年9月12日] マネックス証券のプランを追加。
「たわらノーロード」は信託報酬引下げ後(2017年12月30日より)の値に修正

手数料

個人型確定拠出年金(iDeCo)では、下記の手数料が必要となります。

*手数料は、掛金を拠出している加入者と、拠出無しで運用を行うだけの運用指図者とで異なりますが、以下の手数料は全て加入者の場合です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の手数料 年額(税込)
国民年金基金連合会    1,236円
事務委託先金融機関(信託銀行)       768円
運営管理機関 各金融機関により異なる

国民年金基金連合会と事務委託先金融機関の手数料は、どこの金融機関で加入しようとも必ずかかります。これだけで年額2,004円となります。

運営管理機関の手数料だけが、加入する金融機関により異なります。

良く「手数料無料」と大々的に宣伝している場合がありますが、これは、あくまで運営管理機関手数料が無料になるだけです。

実際の手数料は、毎月の拠出金から自動的に徴収されますが、ここでは年額で比較します。

金融機関比較

各金融機関の個人型確定拠出年金(iDeCo)の手数料、及び各アセットクラスでのインデックスファンド信託報酬を比較します。

さらに、受給時に、一時金と年金とで分けて受け取る方法(併給)が税制上有利になる場合がありますが、その対応有無も記載してあります。

参考記事【個人型確定拠出年金(iDeCo)】 併給、年金受給年数を含めた受給方法(出口)の重要性

尚、大和証券、野村證券、みずほ銀行、第一生命は新プランでの手数料、信託報酬です。(新・旧プランで手数料や取扱っている商品が異なる場合がありますので注意して下さい)

本サイトがお勧めしている金融機関、SBI証券楽天証券イオン銀行マネックス証券をより詳しく比較した記事が↓になります。
参考記事[完全版] 個人型確定拠出年金(iDeCo) SBI証券、楽天証券、イオン銀行、マネックス証券 徹底比較。

*赤字は各アセットクラスで最も信託報酬の低いファンドです。
*併給可能か否かは公式サイトに記載されていない場合はコールセンターで確認。
*各金融機関名をクリックすると、それぞれの詳細な解説記事にリンクします。
*たわらノーロードの信託報酬は2017/12/30以降の引下げ後の値です。

                                     「しんたろう」調べ
                                                     2017年10月2日更新
  手数料 併給 国内
債券
TOPIX 日経
平均
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
楽天証券 2,004円
無条件

0.151%
たわら
0.173%
三井住友DC
0.184%
たわら
0.184%
たわら
0.216%
たわら
0.562%
日興
0.594%
日興
0.281%
三井住友DC
0.302%
三井住友DC
無条件で2,004円。申込は==>楽天証券 確定拠出年金
楽天証券のiDeCo、楽天証券の口座開設を行うとより便利になります。楽天証券の口座開設は==>楽天証券
SBI証券 2,004円
無条件

X 0.130%
三菱UFJ
0.173%
三井住友DC
0.205%
DCニッセイ
0.227%
三井住友DC
0.227%
DCニッセイ
0.562%
三菱UFJ
0.594%
三菱UFJ(*2)
0.270%
DCニッセイ
0.302%
三井住友DC
無条件で2,004円資料請求、申込は==>SBI証券 個人型確定拠出年金
マネックス証券 2,004円
無条件
 0.130%
三菱UFJ
0.167%
DIAM DC
 0.205%
DCニッセイ
0.184%
eMAXIS Slim
0.204%
eMAXIS Slim
0.234%
iFree
0.366%
eMAXIS Slim
0.270%
DCニッセイ
0.302%
三井住友DC
無条件で2,004円。資料請求、申込は==>マネックス証券 iDeCo
野村證券 4,440円
4,980円
5,400円
0.173%
野村DC
0.205%
野村DC
0.270%
野村日経
0.227%
野村DC
0.238%
野村DC
0.594%
野村
新興国
0.605%
野村新興国
1.026%
野村JREIT(*1)
0.572%
野村世界
残高200万円以上で4,440円、100万円以上は4,980円、それ未満は5,400円。2018年3月までは2,004円。
大和証券 2,004円
無条件

X 0.270%
DCダイワ
0.270%
DCダイワ

0.248%
DCダイワ
0.270%
DCダイワ

0.594%
DCダイワ
0.572%
DCダイワ
無条件で2,004円(2017年9月11日より)
  手数料 併給 国内
債券
TOPIX 日経
平均
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
岡三証券

4,464円


?
0.194%
DCニッセイ
0.173%
DCニッセイ
0.248%
岡三日本
0.270%
DIAM DC
0.227%
DCニッセイ
0.594%
三井住友TAM
0.626%
三井住友TAM
0.799%
岡三DC(*1)
0.302%
三井住友DC
岡三オンライン証券からも申込可能。岡三オンライン証券(口座開設必要)から申し込むと加入時手数料2,777円をキャッシュバック(2017年9月29日まで2018年3月30日まで延長されました)。 口座開設は–>岡三オンライン証券
りそな銀行 5,148円
5,796円
0.162%
りそなDC
0.194%
りそなDC

0.248%
DCダイワ
0.270%
DCダイワ
0.562%
DCダイワ
0.605%
野村新興国
1.026%
野村JREIT(*1)
0.572%
野村世界
引落口座りそなグループ、または給与天引きで5,148円。2年間は2,004円(2018年12月28日まで加入・移換する事)。
みずほ銀行 2,004円
5,064円
0.151%
たわら
0.167%
DIAM DC

0.184%
たわら
0.216%
たわら


0.270%
たわら
0.292%
たわら
残高または掛金累計50万円以上、または月額掛金1万円以上、専用サイトでメールアドレス登録、「SMART FOLIO <DC>」で目標金額設定で2,004円。これらの条件を満たさない場合は5,064円。
イオン銀行 2,004円
無条件
0.151%
たわら
0.167%
DIAM DC
0.184%
たわら
0.216%
たわら
0.562%
三菱UFJ
0.589%
DIAM
0.270%
たわら
0.292%
たわら
公式サイト、申込は==>イオン銀行 iDeCo
スルガ銀行 2,004円
5,244円
X 0.486%
日興
0.616%
野村TOPIX
0.562%
DCダイワ
0.702%
ダイワ投信
0.756%
インベスコ
0.562%
日興
0.594%
日興
1.026%
野村JREIT(*1)
0.572%
DCダイワ
2017年10月2日より新規加入者は5,244円に引上げ。既存の加入者は従来通り2,004円。
  手数料 併給 国内
債券
TOPIX 日経
平均
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
三井住友銀行 5,064円
0.173%
三井住友
0.173%
三井住友DC


0.227%
三井住友DC
0.270%
三井住友DC(*3)
0.562%
日興
0.605%
三井住友DC

0.572%
野村世界
日本生命 5,760円 0.194%
DCニッセイ

0.205%
DCニッセイ
0.227%
DCニッセイ
0.227%
DCニッセイ
0.562%
DCダイワ
0.594%
日興
0.270%
DCニッセイ
0.572%
DCダイワ
2017年5月1日~2018年4月27日まで運営管理機関手数料無料(合計2,004円)
第一生命 2,004円
5,784円
0.173%
三井住友TAM
0.167%
DIAM DC

0.184%
たわら
0.216%
たわら
0.562%
日興
0.367%
たわら
0.270%
たわら
0.292%
たわら
残高150万円以上で2,004円、それ未満は5,784円。2017年末までは残高によらず2,004円
ろうきん 5,664円 0.270%
DCダイワ
0.270%
DCダイワ
0.248%
DCダイワ
0.238%
野村DC
2018年3月まで手数料月額50円引下げ
(参考)一般向けファンド(*4) 0.150%
Slim
ニッセイ
0.172%
Slim
ニッセイ
0.183%
ニッセイ
0.184%
ニッセイ
たわら

 Slim
0.204%
Slim
ニッセイ
0.238%
iFree
0.366%
Slim
ニッセイ
0.270%
たわら
ニッセイ
0.292%
たわら
ニッセイ

(*1) 国内REITの野村J-REIT、岡三DCはアクティブファンドですが、インデックスファンドを取扱っていないので代わりに記載しています。
(*2)SBI証券 新興国株式は、表中に記載の三菱UFJ DCよりも信託報酬の低いEXE-i(0.380%)がありますが、EXE-iはファンド・オブ・ファンズですので、ここでは除外しました。
(*3)三井住友銀行の「先進国株式」に記載してある三井住友DCは、正式名「三井住友・DC全海外株式インデックスファンド」で、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスをベンチマークとし、先進国株式だけでなく新興国株式を含みます。
(*4)一般向けファンドは、一般の口座で購入可能な最も低コストなファンド。(しんたろう調べ)

無条件で運営管理手数料無料の金融機関 公式サイト
aeon200x200

各社の商品の信託報酬比較

手数料だけでなく、ラインアップされている商品の信託報酬も考慮の上、ご自分に最適な金融機関を選択してください。

各アセットクラス毎、そして総資産に応じた年間コスト(手数料、信託報酬)の比較、ランキングは↓の記事を参照して下さい。

参考記事個人型確定拠出年金(iDeCo)、資産額・アセットアロケーション別に見るコスト・ランキング。SBI証券、楽天証券、みずほ銀行、イオン銀行の4強の時代へ。

各社の全商品の信託報酬を下図にまとめています。

ideco-all-product-cost_20170705

一般販売のファンドを含めた信託報酬のランキングは↓にあります。

インデックスファンドのコスト(信託報酬)、一般の口座と個人型確定拠出年金(iDeCo)を合わせた比較・ランキング。
<購入・換金手数料なし>シリーズの信託報酬引下げを反映。2017年11月引下げ分は更新。2018年引下げ分は 個人型確定拠出年金...

尚、本サイトでは、確定拠出年金の制度、金融機関選択に関する多くの情報をアップしています。より詳細な情報は↓を参照して下さい。

書籍紹介

確定拠出年金(iDeCo)は、給付まで考えると、非常に複雑な制度です。税制優遇の恩恵を最大限受ける為にも、しっかりと勉強される事をお勧めします。

お薦めの書籍をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

シェアする

フォローする