ファンド比較、運用状況、決算

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)、設定から1カ月、その人気・運用状況は?

投稿日:2018年11月30日 更新日:

日本を含む全世界の株式に投資できるeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)が設定され、ちょうど1カ月が経過しました。

その1カ月間の人気、運用状況を調査します。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の詳細は下記記事をご覧ください。

スポンサーリンク

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の人気

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の人気・売れ行きを資金流出入額(*)で見てみます。

(*)資金流出入額:日々の純資産総額の増減に基準価額の変動を考慮して計算した概算値です。

 

設定から1カ月での資金流出入額

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の設定日 2018.10.31から11.30までの1カ月間(22営業日)の資金流入額は、

3.6億円

となりました。

これを他の人気ファンドと比較してみます。
(比較したファンドは管理人が主観で選んだもので特別な意味はありません)

各ファンド、設定日を含む22営業日での資金流入額です。

新規設定から22営業日での資金流入額
  ファンド 資金流入額
(億円)
1 eMAXIS Slimバランス(8資産均等型) 12.5
2 たわらノーロード先進国株式 12.1
3 楽天・全米株式インデックス・ファンド 11.2
4 eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 10.4
5 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド 8.1
6 iFree S&P500インデックス 7.1
7 楽天・全世界株式インデックス・ファンド 6.1
8 eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー) 3.6
9 eMAXIS Slim全世界株式(除く日本) 2.8
10 eMAXIS Slim先進国株式 2.3
11 eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型) 1.4

元々、全世界株式タイプはそう売れるものではなく、Slim 8資産均等型、米国株式(楽天・全米、Slim S&P500など)、先進国株式に大きく負けています。

ただ、全世界株式の中では、楽天・全世界株式には大きく負けるものの、eMAXIS Slimの全世界株式(除く日本、3地域均等型)2本よりは売れています。

まあ、まだ1カ月ですのでこれからですね。

 

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の運用状況 ~ベンチマークとの乖離~

同じくMSCI ACWIをベンチマークとする、

STATE STREET GLOBAL ADVISORSの全世界株式インデックス・ファンド(信託報酬 0.5184%)[以下、SSGA全世界株式と略して表記]

と比較しつつ、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の1カ月の運用結果を見てみます。

尚、SSGA全世界株式がベンチマークとの乖離がないという前提で話を進めます。

 

1カ月騰落率

2018年11月末日時点の1カ月騰落率を見てみます。

eMAXIS Slimの先進国株式、新興国株式、国内株式(TOPIX)を82%:11%:7%で組み合わせた場合の合成指数とも比較します。
(MSCI ACWIとは国内株式のベンチマークが異なりますので、あくまで参考値です。)

下図は信託報酬(/12)に対して騰落率をプロットしたものです。

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)SSGA全世界株式に対して騰落率で0.05%上回っており、これは概ね信託報酬の差(/12)に相当します。

即ち、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は、設定直後にも関わらずベンチマークとの乖離がない安定した運用がなされていると推測されます。

eMAXIS Slim先進国株式、新興国株式、国内株式(TOPIX)の組合せとの差も0.02%程度です。おそらく国内株式のベンチマークの違いに起因するものでしょう。

 

日次騰落率の差分

SSGA全世界株式の日次騰落率を基準とし、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の日次騰落率との差を調べます。

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

0.02%を超える日が1日だけありましたが殆どの日が±0.01%に入っており、問題ないと言ってよいでしょう。

(基準価額10,000円として1円の違いは0.01%、即ち、この評価の精度も0.01%という事です。)

 

まとめ

以上、MSCI ACWIをベンチマークとし、日本を含む全世界の株式に投資するeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の設定から1カ月の人気、運用状況の調査結果でした。

設定後1カ月の資金流入額では、楽天・全世界株式インデックス・ファンドにはかないませんでしたが、eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本、3地域均等型)を上回る資金流入となっています。

また、国内株式部分のマザーファンドが新規設定と言う事で、その運用に懸念の声もありましたが、設定直後にもかかわらず、概ねベンチマークとの乖離が無い運用となっています(SSGA全世界株式がベンチマーク通りに運用されているという前提条件のもと)

 

今後も継続的に調査していきます。最新の情報は下記ページを参照して下さい。

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-ファンド比較、運用状況、決算

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2018 All Rights Reserved.