[eMAXIS Slim] eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 追加。ついに新興国株式も0.3%台に突入!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

[最終更新日 2017/8/11] SBI証券の投信マイレージ還元率を追記

三菱UFJ国際投信が運用する超低コストのインデックスファンド、eMAXIS Slimシリーズに待望の新興国株式、「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」が設定されます。

プレスリリースはこちら

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

今回新規に設定されるeMAXIS Slim 新興国株式インデックスは、MSCIエマージング・マーケット・インデックスをベンチマークとする新興国株式インデックスファンドです。

コスト

購入時手数料、及び信託財産留保額ともにありません。

信託報酬 0.3672%(税込)です。

iFree新興国株式インデックスファンドと同じ信託報酬ですが、iFreeのベンチマークがFTSE RAFI エマージングインデックスと、いわゆるスマートベータと言われる指数であるのに対し、今回、設定されるeMAXIS Slim 新興国株式インデックスは、新興国株式インデックスファンドの指数として一般的に用いられているMSCIエマージング・マーケット・インデックスをベンチマークとしています。

参考記事大和投資信託「iFree 新興国株式インデックス」ってベンチマークが違うけど、どうなの? 

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスは、MSCIエマージング・マーケット・インデックスをベンチマークとするインデックスファンドとして業界最低水準、そして初の0.3%台の信託報酬となります。

さらに、信託報酬は「受益者還元型」を導入しており、ファンドの純資産額に応じて下表のように信託報酬が下がります。

純資産総額 信託報酬(税込)
500億円未満の部分 0.3672%
500億円以上1,000億円未満 0.3618%
1,000億円以上 0.3564%

但し、既に2009年に設定され、新興国株式ではファンド規模の大きいeMAXIS新興国株式(Slimではない)の純資産総額が314億円(2017年7月13日現在)ですので、500億円以上に到達するのは、かなり先の事になると推測されます。

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスのマザーファンドは純資産額の大きい「新興国株式インデックスマザーファンド」で、eMAXIS 新興国株式と同じですので、当初より安定した運用が期待できます。

設定日、販売会社

設定日 : 2017年7月31日

販売会社 : 楽天証券マネックス証券SBI証券(*)カブドットコム証券(*)
(*)SBI証券は8月2日、カブドットコム証券は8月7日より取扱いを開始します。

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスの登場で、海外ETFバンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF[VWO]にも、大きく近づきました。

新興国株式インデックスファンドは、通常、信託報酬以外のコストが大きくなりがちですので、eMAXIS Slim 新興国株式インデックスの実質コストがどうなるかという点にも注目。

参考記事国内インデックスファンド vs. 海外ETF(米国籍ETF) お得なのはどちら?

SBI証券の投信マイレージの還元率が0.1%

SBI証券では投資信託の保有額に応じてポイントがもらえる投信マイレージサービスがあります。

参考記事SBI証券 投信マイレージサービス、パワーアップ。低コストのインデックスファンドも対象に。

超低コスト・インデックスファンドの場合、0.05%の還元率のファンドが多いのですが、このeMAXIS Slim 新興国株式インデックスの還元率は0.10%(投信保有額1,000万円以上なら0.20%)となります。

ポイント還元を実質的信託報酬の割引とみれば、eMAXIS Slim 新興国株式インデックス実質信託報酬 0.2672%(または0.1672%)となります。

公式サイトSBI証券

[参考] 新興国株式インデックスファンドの比較

参考記事インデックスファンド・コスト比較
より新興国株式部分を抜粋。

*(iFree以外は)ベンチマークはMSCIエマージング・マーケット・インデックスですが、ベンチマークに配当を含む・含まないの2種類あります。下表の「配当」の列に、配当を含む場合は○、含まない場合はXと記してあります。下表の配当込のファンドは、全て、配当の課税を考慮しないgross「○g」です。
*純資産総額は、上段がファンド下段がマザーファンドの総資産額。
*ファンドの純資産総額は2017年4月25日の値、マザーファンドの純資産総額は直近の決算報告書より。
*eMAXIS Slimの実質コストはeMAXISと同じと仮定して記載。

ファンド 配当 信託報酬 実質コスト 信託財産
留保額
純資産総額
(百万円)
決算日
eMAXIS Slim
新興国株式インデックス
? 0.367% 0.550%
???

35,618
2018/4/25
iFree
新興国株式インデックス
  0.367% (決算前) 653
1,514
2017/7/5
たわらノーロード
新興国株式
○g 0.535% 0.804%
0.3% 1,235
36,196
2016/10/12
日興インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式 X 0.594% 0.894% 7,938
8,619
2016/11/16
三井住友・DC
新興国株式インデックス
○g 0.605% 0.779% 610
6,806
2016/11/30
eMAXIS
新興国株式インデックス
X 0.648% 0.831% 0.3% 28,567
35,618
2017/1/26
Funds-i
新興国株式
○g 0.648% 0.879% 0.3% 3,150
12,986
2016/9/6
SMT
新興国株式
X 0.648% 0.888%
0.3% 14,979
29,752
2017/5/10

(注)iFreeは、ベンチマークがMSCIエマージングではなく、FTSE RAFIエマージング インデックス。純総資産額は「ダイワ・インデックスセレクト新興国株式」の運用報告書より。

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスの購入は下記の証券会社で。
口座開設は↓から。勿論、口座開設は無料です。

100円から投資信託購入が可能なおすすめの証券会社
松井証券
スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする