ファンドニュース

【eMAXIS Slim】日経平均株価をベンチマークとするeMAXIS Slim 国内株式(日経平均)が新規設定。

投稿日:2018年1月17日 更新日:

三菱UFJ国際投信が運用する超低コストのインデックスファンド、eMAXIS Slimシリーズに日経平均株価をベンチマークとする、

eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)

が新規に設定されます。

eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)

スポンサーリンク

今回新規に設定されるeMAXIS Slim 国内株式(日経平均)は、日経平均株価(日経225)をベンチマークとする国内株式インデックスファンドです。

既に運用が開始されているeMAXIS Slim 国内株式インデックスTOPIXをベンチマークとするインデックスファンドですが、2018年2月2日より、eMAXIS Slim 国内株式インデックスeMAXIS Slim国内株式(TOPIX)に名称が変更になります。

コスト

購入時手数料、及び信託財産留保額ともにありません。

信託報酬 0.17172%(税込)です。

<購入・換金手数料なし>ニッセイを抜いて、最低水準の信託報酬となります。

TOPIXをベンチマークとするeMAXIS Slim 国内株式インデックスの信託報酬に合わせてきたのでしょう。

また、仮に信託報酬以外のコストが従来のeMAXISと同じと仮定すると、eMAXIS Slimの実質コストは0.177%となり、これも最低水準となります。

さらに、信託報酬は「受益者還元型」を導入しており、ファンドの純資産額に応じて下表のように信託報酬が下がります。

純資産総額 信託報酬(税込)
500億円未満の部分 0.17172%
500億円以上1,000億円未満 0.16632%
1,000億円以上 0.16092%

但し、既に2009年に設定されたeMAXIS日経225インデックス(Slimではない)の純資産総額が180億円(2018年1月16日現在)ですので、500億円以上に到達するのは、かなり先の事になると推測されます。

eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)のマザーファンドは、純資産額の大きい「日経225マザーファンド」で、eMAXIS 日経225インデックスと同じですので、当初より安定した運用が期待できます。

設定日、販売会社

設定日 : 2018年2月2日

販売会社 : 楽天証券SBI証券(*)
(*)SBI証券は2月7日より取扱いを開始します。

国内株式(日経平均株価)インデックスファンドの比較

参考記事インデックスファンド・コスト比較
より国内株式(日経平均)部分を抜粋。

*<購入・換金手数料なし>ニッセイの信託報酬は2018.2.16からの値。
*純資産総額は、上段がファンド(2018.1.11時点)、下段がマザーファンドの総資産額。
*eMAXIS Slim、野村つみたて、i-SMTは、信託報酬以外のコストが、それぞれeMAXIS、Funds-i、SMTと同じと仮定して計算。

ファンド 配当 信託報酬 実質
コスト
純資産総額
(百万円)
eMAXIS Slim
国内株式
(日経平均)
X 0.17172%
(0.177%) ---
113,966
<購入・換金手数料なし>
ニッセイ日経平均
0.18252%
0.199% 1,903
113,030
iFree 日経225
X 0.1836%
0.190%
663
138,756
野村つみたて
日本株投信
? 0.1836% (0.193%) 26
54,313
たわらノーロード
日経225
X

0.1836%

0.191%
3,180
3,923
i-SMT 日経225
インデックス

? 0.1836% (0.198%)
32
78,066
Smart-i
日経225
? 0.1836% (決算前) 749
???
三菱UFJ
つみたて
日本株式
(
日経平均)
  0.1944% (決算前) 17
113,966
日経225
インデックスe
X 0.2052% 0.216%
1,225
10,144
SMT 日経225
X 0.3996% 0.414%
8,003
34,674
eMAXIS 日経225 X 0.4320% 0.437% 17,053
113,966
Funds-i 日経225 X 0.4320% 0.441% 25,094
54,313
日興インデックス
ファンド225
(日本株式)
X 0.6696% 0.675% 13,460
216,769

 

最後に

常に業界最低水準の信託報酬を目指すと公言しているeMAXIS Slim国内株式(日経平均)が追加された事で、日経平均インデックスファンドでも、低価格化競争が激化すると推測。

投資家にとっては嬉しい事です。

日経平均株価との連動を目指すインデックスファンドの運用成績、純資産総額などは↓の記事を参照して下さい。
参考記事【国内株式(日経平均株価)インデックスファンド】2017年のベスト・ファンド、そして2018年おすすめのファンドは?

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-ファンドニュース

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2018 All Rights Reserved.