非常時のため、最低限のお金はゆうちょ銀行に。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

2016年4月の熊本・大分の地震、本当にびっくりしました。九州って、噴火(阿蘇山、桜島など)はあるけど、地震は少ないって、勝手に思ってましたから。

被害にあわれた方に、心からお見舞い申し上げます。

ところで、地震などの天災や、あるいは火災などの非常事態の時、すぐに使える緊急用のお金って用意されてますか?

しんたろうは、資産の殆どをネット銀行やネット支店に預けていますが、難点は緊急時におろせない事。もし、自宅が地震で崩壊したり、火事になってしまった場合、ネットはスマホで何とかなるにしろ、口座番号とか覚えてないですよね。まして、定期預金に預けている場合、すぐに途中解約出来ない事もあり得ます。

かといって、タンス預金は火事の場合、意味がないですし。。。

こういった非常時のために、少なくとも当面の生活費程度は、近所の金融機関に預けておきましょう。

こういう時に頼りになるのがゆうちょ銀行。全国どこでも郵便局はありますし、非常時の対応も早いです。熊本地震の時は、翌日には「通帳や印鑑無しでも、20万円までは引き出せる」という対応をしています。

「しんたろう」も、これを機に、ゆうちょ銀行の通常貯金に僅かですが預けるようにしました。

当面の生活費、あと、いざという時に実家に避難する為の交通費程度です。大震災の時、交通機関もマヒして実家に避難できるかどうかはわかりませんが。

ただ、現在のゆうちょ銀行、預金金利に魅力はありません。大きな資産は、高金利の銀行、信用金庫に預けましょう。

主な高金利銀行、信用金利の最新情報は↓のページにまとめてあります。
参考記事銀行・信用金庫 「普通預金」「定期預金」金利比較・ランキング

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする