インデックス投資

超低コストファンド「EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド」「EXE-i つみたて新興国株式ファンド」登場。

投稿日:2017年11月17日 更新日:

SBIアセットマネジメントより下記2本の超低コストのインデックスファンド(FOFs)が新規に設定されます。

  • EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド
  • EXE-i つみたて新興国株式ファンド

明らかに楽天・バンガード・ファンドシリーズに対抗したものと思われます。

参考記事「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」「楽天・全米株式インデックス・ファンド」新規設定。VTやVTIに気軽に投資可能!

参考記事「楽天・新興国株式インデックス・ファンド」楽天バンガード・ファンドに新興国株式が追加。VWOに投資

楽天・バンガード・ファンド、及び新興国株式については既存のEXE-iシリーズとも比較する形でまとめます。

[最終更新日:2018.5.11]販売会社情報を追記

スポンサーリンク

EXE-i つみたてシリーズの詳細

EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド

ファンドの基本情報

  EXE-i つみたて
グローバル
(中小型含む)
株式
楽天・
全世界株式
インデックス
設定日 2017年12月6日  2017年9月29日
投資形態 ファミリーファンド
(マザーファンドがETFに投資しますので
実質的にファンド・オブ・ファンズ) 
インデックス  FTSEグローバル・オールキャップ
・インデックス
投資国 日本を含む全世界(先進国・新興国) 
投資ETF シュワブ U.S.
ブロード
マーケット
ETF
[SCHB]

(50%)
バンガード
・トータル
・ワールド
・ストック
ETF
[VT]
SPDR ポート
フォリオ・
ワールド
(除く米国)
ETF
[SPDW
(40%)
 
SPDR ポート
フォリオ・
エマージング
マーケッツETF
[SPEM

(10%)
 
ETF
経費率
0.042% 0.11%
購入時
手数料
信託財産
留保額
信託報酬  0.108% 0.1296% 
実質的な
信託報酬
0.150% 0.2396%

*既存のEXE-iシリーズにはEXE-i 先進国株式や、中小型株に特化したEXE-i グローバル中小型株式ファンドが存在しますが、大・中・小型株を含めた全世界株式のファンドはEXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式が初めてのファンドとなります。

 

ファンドの詳細

EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式は、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと同じベンチマークで(日本を含む)全世界の株式に投資するファンドです。

ともに事実上フォンド・オブ・ファンズ(以下FOF)で、楽天・全世界VT一本に投資するのに対し、EXE-iは米国(SCHB)・先進国(SPDW)・新興国(SPEM)と3本のETFに投資します。

投資先のETF経費率を含む実質的な信託報酬はEXE-iの方が大幅に低くなっています。

 

EXE-i つみたて新興国株式ファンド

ファンドの基本情報

EXE-iシリーズには、元々EXE-i 新興国株式ファンドが存在しますので、これを含めて比較します。

  EXE-i
つみたて
新興国株式
楽天・
新興国株式
インデックス
 EXE-i
新興国株式
設定日 2017年12月6日  2017年11月17日 2013年5月13日
投資
形態
ファミリーファンド
(マザーファンドがETFに
投資しますので実質的に
ファンド・オブ・ファンズ) 
 
ファンド・
オブ・
ファンズ
インデ
ックス
FTSE
エマージング
・インデックス 
FTSEエ
マージング
・マーケッツ
・オール
キャップ
(含む中国A株)
FTSE
エマージング
・インデックス
(参考指標)
投資国 新興国 
投資
ETF
シュワブ
エマージング
・マケッツ
エクイティ
ETF
[SCHE]
バンガード
・FTSE
・エマージング
・マーケッツ
ETF
[VWO]
シュワブ
エマージング
・マケッツ
エクイティ
ETF
[SCHE]
90%
    iシャアーズ
コア MSCI
エマージング
・マーケッツ
ETF
[IEMG]
10%
ETF
経費率
 0.13% 0.14% 0.131%
購入時
手数料
信託財産
留保額
信託報酬 0.0648%  0.1296%  0.2484%
実質的な
信託報酬
0.1948%  0.2696% 0.3794%

 

ファンドの詳細

EXE-i つみたて新興国株式は、新興国の大型・中型株からなるFTSEエマージング・インデックスをベンチマークとし、楽天・新興国株式インデックス・ファンドの小型株をも含むFTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップとは異なります。

投資するETFもEXE-iSCHE楽天VWOとなります。

ETFの経費率は殆ど変わらないのですが、信託報酬がEXE-iは楽天・新興国株式の半分。ETF経費率を含めた実質的な信託報酬もEXE-iが大幅に安くなっています。

尚、EXE-iで既存のファンド、EXE-i 新興国株式ファンドは、ベンチマークは無く、参考指標としてEXE-i つみたて新興国株式と同じFTSEエマージング・インデックスを用いていますが、若干、小型株も含まれます。(10%を占めるIEMGが小型株を含みます)

参考記事SBI証券 個人型確定拠出年金(iDeCo)の新興国株式インデックスファンドは何を選ぶ? SBI EXE-i新興国株式ファンド vs. 三菱UFJ DC新興国株式

 

販売会社

2018.5.11時点で、販売会社はSBI証券楽天証券の2社のみとなっています。

つみたてNISAの対象ファンドです。

尚、SBI証券での投信マイレージサービスによるポイント還元は、グローバル株式が0.03%、新興国株式は無し(0%)となります。

公式サイトSBI証券 楽天証券

 

まとめ

新規設定されるEXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド、EXE-i つみたて新興国株式ファンドは、それぞれ全世界、新興国株式に投資するファンド・オブ・ファンズで、楽天・バンガード・ファンドに対抗する商品と思われます。

ETF経費率を含めた実質的な信託報酬は楽天・バンガードより大幅に引下げており、今後、注目・人気を集めるファンドになる事でしょう

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-インデックス投資

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2018 All Rights Reserved.