超低コストファンド「EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド」「EXE-i つみたて新興国株式ファンド」登場。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

SBIアセットマネジメントより下記2本の超低コストのインデックスファンド(FOFs)が新規に設定されます。

  • EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド
  • EXE-i つみたて新興国株式ファンド

明らかに楽天・バンガード・ファンドシリーズに対抗したものと思われます。

参考記事「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」「楽天・全米株式インデックス・ファンド」新規設定。VTやVTIに気軽に投資可能!

参考記事「楽天・新興国株式インデックス・ファンド」楽天バンガード・ファンドに新興国株式が追加。VWOに投資

楽天・バンガード・ファンド、及び新興国株式については既存のEXE-iシリーズとも比較する形でまとめます。

[最終更新日:2017年12月6日] 販売情報を追加

EXE-i つみたてシリーズの詳細

EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド

ファンドの基本情報

  EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式 楽天・全世界株式
インデックス
設定日 2017年12月6日  2017年9月29日
投資形態 ファミリーファンド(マザーファンドがETFに投資しますので実質的にファンド・オブ・ファンズ) 
インデックス  FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス
投資国 日本を含む全世界(先進国・新興国) 
投資ETF シュワブ U.S.ブロード マーケットETF [SCHB]
(50%)
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF [VT]
SPDR ポートフォリオ・ワールド(除く米国)ETF[SPDW
(40%)
 
SPDR ポートフォリオ・エマージングマーケッツETF[SPEM
(10%)
 
ETF経費率 0.042% 0.11%
購入時手数料
信託財産留保額
信託報酬  0.108% 0.1296% 
実質的な信託報酬 0.150% 0.2396%

*既存のEXE-iシリーズにはEXE-i 先進国株式や、中小型株に特化したEXE-i グローバル中小型株式ファンドが存在しますが、大・中・小型株を含めた全世界株式のファンドはEXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式が初めてのファンドとなります。

ファンドの詳細

EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式は、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと同じベンチマークで(日本を含む)全世界の株式に投資するファンドです。

ともに事実上フォンド・オブ・ファンズ(以下FOF)で、楽天・全世界VT一本に投資するのに対し、EXE-iは米国(SCHB)・先進国(SPDW)・新興国(SPEM)と3本のETFに投資します。

投資先のETF経費率を含む実質的な信託報酬はEXE-iの方が大幅に低くなっています。

EXE-i つみたて新興国株式ファンド

ファンドの基本情報

EXE-iシリーズには、元々EXE-i 新興国株式ファンドが存在しますので、これを含めて比較します。

  EXE-i つみたて新興国株式 楽天・新興国株式
インデックス
 EXE-i 新興国株式
設定日 2017年12月6日  2017年11月17日 2013年5月13日
投資形態 ファミリーファンド(マザーファンドがETFに投資しますので実質的にファンド・オブ・ファンズ)   ファンド・オブ・ファンズ
インデックス FTSEエマージング・インデックス  FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株) FTSEエマージング・インデックス
(参考指標)
投資国 新興国 
投資ETF シュワブ エマージング・マケッツ エクイティ ETF [SCHE] バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF [VWO] シュワブ エマージング・マケッツ エクイティ ETF [SCHE]
90%
    iシャアーズ コア MSCI エマージング・マーケッツETF[IEMG]
10%
ETF経費率  0.13% 0.14% 0.131%
購入時手数料
信託財産留保額
信託報酬 0.0648%  0.1296%  0.2484%
実質的な信託報酬 0.1948%  0.2696% 0.3794%

ファンドの詳細

EXE-i つみたて新興国株式は、新興国の大型・中型株からなるFTSEエマージング・インデックスをベンチマークとし、楽天・新興国株式インデックス・ファンドの小型株をも含むFTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップとは異なります。

投資するETFもEXE-iSCHE楽天VWOとなります。

ETFの経費率は殆ど変わらないのですが、信託報酬がEXE-iは楽天・新興国株式の半分。ETF経費率を含めた実質的な信託報酬もEXE-iが大幅に安くなっています。

尚、EXE-iで既存のファンド、EXE-i 新興国株式ファンドは、ベンチマークは無く、参考指標としてEXE-i つみたて新興国株式と同じFTSEエマージング・インデックスを用いていますが、若干、小型株も含まれます。(10%を占めるIEMGが小型株を含みます)

参考記事SBI証券 個人型確定拠出年金(iDeCo)の新興国株式インデックスファンドは何を選ぶ? SBI EXE-i新興国株式ファンド vs. 三菱UFJ DC新興国株式

販売会社

本日(2017.11.17)、EDINETに公開されたばかりで詳細は分かりませんが、現時点で販売会社はSBI証券1社のみ。

[2017.12.6追加]

2017年12月6日よりSBI証券で販売が開始されました。つみたてNISA専用ではなく、一般の口座(特定口座)で購入出来ます。

但し、投信マイレージサービスによるポイント還元は、グローバル株式が0.03%、新興国株式は無し(0%)となります。

まとめ

新規設定されるEXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド、EXE-i つみたて新興国株式ファンドは、それぞれ全世界、新興国株式に投資するファンド・オブ・ファンズで、楽天・バンガード・ファンドに対抗する商品と思われます。

ETF経費率を含めた実質的な信託報酬は楽天・バンガードより大幅に引下げており、今後、注目・人気を集めるファンドになる事でしょう

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする