インデックス投資、投資経験の長い方も、初めての方も、その成績には関係ないのが良いところ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

インデックス投資において、投資経験の長い方、投資知識の深い方が、より良い成績を残せるとは限らない、初めて投資する方でも同じチャンス(あるいはピンチ)があるんです。

インデックス投資において、いくら投資経験が長かろうが、いくら勉強しようが、その投資成績には関係ありません。初めて投資する方にも同じようにチャンス、そしてピンチがあるのです。ここがインデックス投資の良いところでもあります。

*「ベテラン」「初心者」という言葉は、投資経験の長い方が初めて投資する方を上から目線で見ているようで、あまり好きな表現ではありませんので、ここでは敢えて使いません。そもそも、インデックス投資において、「ベテラン」「初心者」という区別はなく、投資を始めるのが早いか遅いかだけの違いだと思っています。

個別銘柄の株取引、FX等、ある程度の勉強・知識が必要になります。投資信託でも、アクティブファンドだと、どのファンドが今後良い成績を残せるか多くの時間を割いて調査・勉強する必要があります。(その勉強が報われるのかどうかは分かりませんが)

その点、インデックス投資は、なるべく信託報酬が低く、かつ純資産総額が大きいインデックスファンドを買うだけで、結果的には誰でも同じような成績になるんです。

*理想的には信託報酬だけで選べれば良いのですが、現状は、「安かろう悪かろう」のファンドが無いとも限りませんので。

アセットアロケーションは重要だが、何が正解かは誰にも分からない。

インデックス投資において、重要なのはアセット・アロケーションです。どのアセットクラス(国内・先進国・新興国? 株式・債券?)に投資するか、そして、その配分をどうするかにより、運用成績は大きく変わります。

しかし、どのアセットアロケーションが正解なのかは誰にも分かりません。

理論的には、有効フロンティア曲線なるものがあって、それに近いアセットアロケーションの投資効率が良いとされています。

[参考記事]

投資におけるアセットアロケーションとリターン・リスク
前回の記事(↓)で投資におけるリターンとリスクの意味がご理解頂けたかと思います。参考記事投資における期待リターンとリスクの考え方実際の投資で...

しかし、その計算を行うのに必要なリスク・リターンの値は、過去のデータや、主観が入ったデータであり、必ずしも将来を正確に予想できるものではありません。

勿論、いくら過去のものとはいえ、それしかデータが無い以上、アセットアロケーションを決めるのに過去のデータを参考にするのは必要だと思いますし、「しんたろう」もそうしています。だからといって成績が良いわけでは無いのですが。。。

誤解を恐れずに言えば、「適当に分散したアセットアロケーションにすれば、後は、自分の好みで決めちゃえばいいんです」

やれ、有効フロンティア曲線やシャープレシオなんてのは、ごく一部の投資マニアだけが考えれば良い事なんです。(因みに「しんたろう」も、その投資マニアの1人ですが)

そして、そんな投資マニアが、良い運用成績を残しているとも限りません。

どしてもアセットアロケーションが決められない方へ

そうは言っても、なかなか決められないという方もいらっしゃるかと思います。そんな時は、バランス型ファンドを購入するのも一つの手段ですし、あるいは、よりコストを抑えるには、お好みのバランス型ファンドのアセットアロケーションを真似しちゃえばいいんです。

だけどリスクだけは覚悟して下さい。

「投資におけるリスクとは不確実性の事です」、なんて説明が教科書的には正しいのですが、早い話、損する確率です。

投資経験の長い方も初めての方も、同じように利益を得るチャンスはありますが、一方で、同じように、大きく元本割れするピンチもあるんです。

その事だけは、しっかり覚悟しておいて下さい。

どれだけの確率で、どれだけの損失がでるかは、一応計算・予測は出来ますが、これもまた過去のデータ、主観の入ったデータから計算するだけですので、(リーマンショックのように)ざっくり半分以下になるぐらいの覚悟は必要でしょう。

最初は、本当に余裕資金、例えば、1回飲みに行く回数を減らした分、あるいはランチ代を節約した分などの少額から始める事をお勧めします。

初めての投資にお勧めなのがインデックス投資

インデックス投資が、最も優れた投資法であるとか、長期間投資すれば必ず儲けるなんて考えは、「しんたろう」は全く持っておりません。もっと他に、より高い確率で利益を得られる投資方法があるのかもしれません。

しかし、特別な勉強・知識を必要とせず、誰にでも同じようにチャンス・ピンチがあるという点で、初めて投資する方にもお勧め出来る投資法だと思っています。

暫くインデックス投資を続けられてみて、「これだけしか儲からないのか」とか「こんなに損をするのか」と思った方は、それから別の投資方法(投資からの撤退を含む)を考えれば良いのです。

勿論、原本割れは絶対嫌だ、そして日本・世界経済全体の今後の発展が無いと考えている方は、インデックス投資なんかやっちゃダメです。

[PR] 初めてインデックス投資をされる方、リスク・リターン(勿論、過去のデータや主観の入ったデータから算出されたものです)が簡単に把握でき、かつ500円と少額から投資可能、さらに低コストのインデックスファンドばかりをラインアップした松井証券の投信工房がお勧めです。口座開設やロボアドバイザーの利用は無料です。口座開設は↓

松井証券

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする