銀行の振込手数料を節約、他行宛て振込手数料無料の銀行を賢く使う。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

前回、各ネット銀行、ネット支店のATM対応状況を記事にしましたが(↓)、ATM手数料とならんで、銀行に支払う事の多い手数料が振込手数料

参考記事手数料無料のATMを使って賢く節約。銀行をうまく利用しましょう!

今回は、他行宛て振込手数料無料の銀行を紹介します。

振込手数料無料の銀行を使おう。

一般的に店頭で振込するよりネットバンキングの方が手数料を安く設定してありますが、それだけで満足してはいけません。振込手数料無料の銀行がたくさんあるのです

↓のページをご覧下さい、他行宛て手数料無料となる銀行と、その条件をまとめてあります。

参考記事主な銀行の他行宛て振込手数料無料の条件の比較。

いくつかの銀行について簡単に解説します。

新生銀行

ATMの利便性に優れる新生銀行、振込手数料も無条件で1回は無料になります。

だけど1回だけだと足りないですよね。

新生ステップアッププログラムで無料回数を増やすことができます。

ちょっと10回(プラチナ)はハードルが高いですが、5回(ゴールド)なら比較的容易に達成できます。

簡単なのは、普通預金・2週間預金が200万円以上、投資信託残高30万円以上、投資信託の積立購入のどれか一つの条件を満たす事。

新生銀行の普通預金に常に100万円以上おいておけば、それだけで新生ゴールドとなります。

100万円もないという方は、投資信託の積立購入がお勧め。毎月5,000円から積立でき、それだけで新生ゴールドが達成できます。

新生銀行では、申込手数料無料(ノーロード)野村インデックスファンドシリーズ、通称Funds-iを取り扱っています。このファンド、信託報酬も割と低めですので、投資信託を使った投資、特にインデックス投資をされる方でしたら、毎月の投資額のうち5,000円だけを新生銀行で積立てれば良いのです。

勿論、最近はFunds-iよりも低コストのファンドがネット証券で販売されていますが、振込手数料無料5回を考えると、十分お得な選択だと思います。詳細は↓の記事も参照して下さい。

参考記事新生銀行で振込手数料無料回数5回にする方法(新生ゴールド)、徹底的にコストにこだわれば、投資信託積立が最も有利。

リスクをなるべく抑えたいという方には、Funds-iの中にも国内債券があります。

*Funds-iは投資信託ですので、比較的リスクの少ない国内債券ですら元本割れのリスクがある事をご承知おきください。

これで、多くのATMが無料で使え、さらに無料で5回振込める、便利なメインバンクとなります。

口座開設は↓

新生銀行の詳細は↓の記事も参考にして下さい。
参考記事新生銀行 その魅力を徹底解説

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行も、他行宛て振込手数料無料回数では負けていません。

無条件で月1回まで無料です。

住信SBIネット銀行には、スマートプログラムというものがあり、ちょっと条件が複雑ですが、無料回数最大15回まで増やすことができます。

簡単に達成できるのがランク2で、他行宛て振込手数料無料回数3回。

まず、1,000円は総預金残高として確保しておきましょう。

後は、30万円入金するか、あるいは、SBIハイブリッド預金の申込・入金(残高があれば良い)外貨預金にちょっとだけ入れておけば(残高があれば良い)、これで3回まで無料になります。

(注)SBIハイブリッド預金の申込にはSBI証券の口座開設も必要になります。

住信SBIネット銀行の詳細は↓の記事も参考にして下さい。
参考記事住信SBIネット銀行 その魅力を徹底解説

大和ネクスト銀行、野村信託銀行

両方とも、銀行口座を開設するには、それぞれ大和証券野村證券の口座開設も必要になりますが、振込手数料無料回数からみて非常に魅力的な銀行です。

大和ネクスト銀行は自分名義なら無制限、他人名義は3回野村信託銀行月10回、しかも両行とも無条件です。

*楽天銀行、新生銀行への振込には制限があります。

大和ネクスト銀行野村信託銀行の詳細は↓の記事も参考にして下さい。
参考記事大和ネクスト銀行 その魅力を徹底解説

参考記事野村信託銀行 その魅力を徹底解説

最後に

振込手数料無料の銀行を積極的に利用して無駄な手数料を節約しましょう。

メインとしているA銀行の振込回数が足りなくなりそうだったら、残りの振込用の資金をまとめて他のB銀行に振込、そしてB銀行から複数に振込めば、無料振込回数が芋づる式に増えていきます。

今までの記事で書いた少しでも高い定期預金金利無料ATM、そして今回の振込手数料無料と、銀行を賢く利用する事が重要です。

[補足] 証券口座開設について

上記のSBIハイブリッド預金大和ネクスト銀行野村信託銀行、証券口座開設が必須だと、ちょっと躊躇する方もいらっしゃるかもしれません。 

大丈夫です、証券会社って怖いところじゃないですよ(笑)! 口座開設はネットでできますし、口座開設・維持にともなう手数料は無料です。口座開設したからといって、株とかの取引きをしなくても構いません。勧誘の電話も殆どありません。

今や、銀行だって投資信託を勧める時代です。(いや寧ろ勧誘の電話は銀行の方が多いかも)銀行も証券会社も同じ感覚で気軽に口座開設、わからない点があれば電話で気軽に問い合わせすする事が出来ます。

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする