野村インデックスシリーズ Funds-i 2016年9月決算 運用報告書のまとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

野村アセットマネジメント「野村インデックスシリーズ(Funds-i)」が9月6日に決算を迎え、その交付運用報告書が昨日アップされましたので、その内容を確認します。

2015年9月8日から2016年9月6日までの1年間の決算となります。

*(H)は為替ヘッジ有
*コスト等は全て税込みで表示してあります。

*インデックスファンド・コスト比較のページも最新情報に更新しました。

インデックスファンド・コスト比較
インデックスファンドといっても、同じ指数との連動を目指す類似のファンドが複数の会社から多く販売されています。ここでは、比較的コスト(信託報酬...

*[2017年4月11日追記] ベンチマークとの乖離は、運用報告書に記載されてる値は、あまり意味がありません。詳細はこちらの記事を参照して下さい。

国内・先進国

                            ()内は前年度
  国内 先進国
  日経225 TOPIX 債券 株式 株式(H) 債券 債券(H)
信託報酬 0.432% 0.432% 0.432%  0.594% 0.594% 0.594% 0.594% 
実質コスト 0.437%
(0.442%)
0.435%
(0.436%)
0.433%
(0.433%)
0.620%
(0.620%)
0.651%
(0.644%)
0.605%
(0.607%)
0.639%
(0.671%) 
Δ 0.005% 0.003% 0.001% 0.026% 0.057% 0.011% 0.045% 
期中騰落率 -3.0%
(15.0%)
-4.8%
(12.9%)
4.7%
(1.8%)
-3.5%
(4.5%)
11.1%
(-3.2%)
-8.7%
(7.0%) 
5.0%
(2.4%) 
ベンチマーク期中騰落率 -4.4%
(13.7%)
-6.4%
(11.3%)
5.1%
(2.2%)
-2.5%
(5.2%)
12.2%
(-2.5%)
-8.3%
(7.7%)
5.7%
(3.3%)
Δ +1.4%
(+1.3%)
+1.6%
(+0.6%)
-0.4%
(-0.4%)
-1.0%
(-0.7%)
-1.1%
(-0.7%)
-0.4%
(-0.7%)
-0.7%
(-0.9%)
総資産
[百万円]
30,309
(21,030)
2,053
(1,562)
1,796
(1,093)
5,095
(4,044)
1,538
(930)
1,303
(1,167)
832
(639) 
マザーF総資産
[百万円]
50,424
(34,867)
279,492
(258,915)
656,174
(510,034) 
326,431
(331,520)
36,074
(42,676) 
632,898
(526,058)
4,324
(1,354)
  • 期中騰落率プラスになったのは、国内債券と為替ヘッジ有の先進国株式・債券のみ。円高の影響が大きかったと考えられる。
    (円高傾向にあった前年度で見ればヘッジ有がマイナス)

  • 実質コスト、前年度と殆ど同じ。

  • 国内株式(日経・TOPIX)がベンチマークより上回っているのは、配当分と推測。

  • 先進国株式、明確な記載はないが、文章から読み取ると、配当込をベンチマークとしてると推測される。
    *ベンチマークとの差異の原因として、「ファンドでは税引き後の配当金が計上される一方、ベンチマークは税引き前で計算されるため」との記載あり。
    ただ、それでも差異-1.0%に対して、コストが0.62%、残り0.38%が課税だけで説明できるかは不明。

  • 債券に関しては、国内、先進国とも、ベンチマークとの差異は、コスト分で概ね説明できる。

新興国、REIT

                           ()内は前年度
  新興国 REIT
  株式 債券 債券(H) 国内 外国 外国(H)
信託報酬 0.648% 0.648% 0.648% 0.432% 0.594% 0.594%
実質コスト 0.879%
(0.863%)
0.794%
(0.795%)
0.668%
(0.671%)
0.436%
(0.436%)
0.670%
(0.680%)
0.851%
(0.871%)
Δ 0.231% 0.146% 0.020% 0.004% 0.076% 0.257%
期中騰落率 2.5%
(-17.4%)
-1.4%
(-14.0%)
13.5%
(-4.9%)
23.5%
(-2.4%)
8.3%
(6.6%)
22.4%
(-2.0%)
ベンチマーク
期中騰落率
3.2%
(-16.3%)
-0.3%
(-12.8%)
15.0%
(-2.9%)
23.6%
(-2.4%)
9.5%
(7.3%)
24.1%
(-1.1%)
Δ -0.7%
(-1.1%)
-1.1%
(-1.2%)
-1.5%
(-2.0%)
-0.1%
(0%)
-1.2%
(-0.7%)
-1.7%
(-0.9%)
総資産
[百万円]
2,521
(1,495)
529
(438)
2,588
 (1,993)
5,244
(4,042)
3,403
 (3,000)
870
(591)
マザーF総資産
[百万円]
12,986(14,431)
1,612
(2,077)
6,873
 (6,502)
21,436
 (16,967)
17,911
(17,563)
2,039
(1,028)
  • 期中騰落率、新興国債券(ヘッジ無)以外はプラスリターン。特に為替ヘッジ有の外国REITや新興国債券が大きくプラス。

  • 実質コスト、前年度と殆ど同じ。

  • 新興国株式、国内・外国REITのベンチマークは配当込と明記。

  • 新興国債券、特に為替ヘッジ有、コストを引いてもベンチマークとの差異が大きい。「ベンチマークとファンドで評価に用いる債券時価が異なること」と説明されているが、「しんたろう」には理解不能。

  • 外国REITも、特に為替ヘッジ有、コストを引いてもベンチマークとの差異が大きい。
    課税の差と説明されているが、これだけで説明できるのか「しんたろう」には不明。

  • 国内REITは、コストを引くと、ベンチマークとの差異がおよそ+0.3%となり、ちょっと大きい。

以上、Funds-iの運用報告書のまとめでした。

Funds-i、為替ヘッジを含む豊富なラインアップを誇るインデックスファンドシリーズ。

これで、ニッセイ<購入・換金手数料なしシリーズ>、アセットマネジメントOne「たわらノーロード」、大和信託「iFree」等に匹敵するような信託報酬に下げてもらえれば、魅力的な商品になるのですが。。。

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする