ファンド比較、運用状況、決算

【iFreeシリーズ】2018年11月決算での実質コスト。iFree外国株式インデックスの実質コスト、ベンチマークとの乖離は?

投稿日:

大和投資信託が運用する低コスト・インデックスファンド iFreeシリーズ 、そのうち5本が2018年11月に決算を迎え、その運用報告書がアップされましたので、これから実質コストをまとめます。

決算を迎えたのは下記のファンドです。

  • iFree 日本債券インデックス
  • iFree 外国債券インデックス
  • iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジなし)
  • iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジあり)
  • iFree 外国REITインデックス

*iFree S&P500、NYダウ、TOPIXなどは2018年9月に決算を終えています。詳細は下記記事をご覧ください。

スポンサーリンク

iFreeシリーズ 実質コストのまとめ

決算期間は全て2017年12月1日~2018年11月30日の1年間です。

5本のファンドの信託報酬、実質コスト、信託報酬以外のコスト(前年度との差)を下表にまとめます。

ファンド信託報酬実質コスト信託報酬以外のコスト
(前年度との差)
iFree 外国株式インデックス
(為替ヘッジなし)
0.2052%0.272%0.067%
(-0.002%)
iFree 外国株式インデックス
(為替ヘッジあり)
0.2052%0.289%0.084%
(-0.032%)
iFree 日本債券インデックス0.1512%0.156%0.005%
(0.000%)
iFree 外国債券インデックス0.1944%0.228%0.034%
(0.001%)
iFree 外国REITインデックス0.3348%0.519%0.184%
-0.087%

前年度より大きく変動があったのが、

  • iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジあり)
  • iFree 外国REITインデックス

iFree外国株式(為替ヘッジあり)は前年度が僅か3カ月の決算での暫定値だった事に起因します。

iFree外国REITは-0.087%と大きく下がっています。

注目のiFree外国株式(為替ヘッジなし)は前年度とほぼ同等で、実質コスト(信託報酬以外のコスト)は特に問題ありません。

 

iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジなし)のベンチマークとの乖離について

iFree外国株式インデックス(為替ヘッジなし)のベンチマークとの乖離を詳細に分析します。

運用報告書には、

ベンチマークの騰落率は0.3%となりました。一方、当ファンドの基準価額の騰落率は2.3%となりました。
当ファンドが組み入れているマザーファンドには保有している株式等の配当金が計上されたのに対し、ベンチマークは配当分が含まれていないため、かい離要因となりました。

と記載されています。

ベンチマークが配当除くの為、ファンド騰落率の方が高くなったと言う事です。

これだけだと良く分かりませんので、MSCI Kokusaiとの連動を目指す他の類似ファンドの騰落率を含めて分析します。

下図は複数の先進国株式インデックスファンドの1年騰落率(2018.11時点)を、それぞれの実質コストに対してプロットしたものです。

iFree外国株式インデックス(為替ヘッジなし)

先ず、iFreeのベンチマークである配当除く指数からみると、+1.98%のプラス乖離となります。(図中青で表記)

一方、配当込指数(グロス)からみると、-0.51%のマイナス乖離となります。(図中茶色で表記)
グロスとは配当に対する源泉徴収税を考慮しない指数です。

実際は源泉徴収税がとられますので、これからマイナス乖離するのは当然です。

そこで配当課税を適切に考慮した指数(これを真のベンチマークと定義します)を算出します。

配当込(ネット)という指数もありますが、これも適切な税率で計算されているか疑問がありますので、ここでは多くのファンドがコスト以外の要因での乖離が無いという仮定のもと、それぞれのファンド騰落率を結んだ直線のY切片(実質コストが0の点)を真のベンチマークとします。図中ピンクの星印です。

そして、この真のベンチマークからのiFree外国株式の乖離は-0.27%。

実質コストと一致します。

即ち、iFree外国株式インデックス(為替ヘッジなし)は、コスト要因以外でのベンチマークとの乖離がない良好な運用結果だったという事です。

 

以上、iFreeシリーズ5本の決算結果(実質コスト)のまとめと、iFree外国株式インデックス(為替ヘッジなし)のベンチマークとの乖離に関する分析でした。

 

iFreeを含む主なインデックスファンドの信託報酬・実質コスト、ファンド・マザーファンド純資産総額は下記のページにまとめてあります。(今回の決算結果も反映済)

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-ファンド比較、運用状況、決算

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2019 All Rights Reserved.