ファンドニュース・新規設定ファンド

iFreeシリーズに「iFreeNEXT NASDAQ100インデックス」「iFreeレバレッジ S&P500」新規設定。

投稿日:2018年8月15日 更新日:

大和証券投資信託委託(株)は、iFreeNEXT NASDAQ100インデックスiFreeレバレッジ S&P500の2本を新規に設定します。

[最終更新日:2018.9.7]販売会社情報を更新

スポンサーリンク

iFreeNEXT NASDAQ100インデックス

設定日

2018年8月31日

 

運用方針

NASDAQ100との連動を目指すインデックスファンドです。

NASDAQ100連動型インデックスファンドは、国内の(非上場の)投資信託としては本ファンドが初めての商品となります。

NASDAQ100

米国ナスダック市場に上場している時価総額の大きい非金融業100社で構成される時価総額加重平均の指数です。
情報技術セクターが59%と、ITなどハイテク企業が多くを占めています。上位銘柄はアップル、アマゾン、マイクロソフト、アルファベット(Google)、フェイスブックなど。
過去においては、S&P500やNYダウを大きく上回るリターンを残しています。
従来、NASDAQ100に投資する場合、米国ETF Invesco (Power shares)【QQQ】(経費率0.20%)や、東証ETF NEXT FUNDS NASDAQ-100【1545】(信託報酬0.486%)などがありましたが、本ファンドの登場により、より気軽に投資できるようになります。

 

信託報酬等の手数料

信託報酬 0.486%(税込)

信託財産留保額はありません。

 

販売会社

SBI証券楽天証券
(2018.9.7時点で2社のみです)

2社とも購入時手数料無料(ノーロード)です。

尚、「当ファンドは、インターネットでのお申込みを想定したファンドです」との注釈が記載されています。

 

iFreeレバレッジ S&P500

設定日

2018年8月31日

 

運用方針

米国株式の代表的指数であるS&P500(米ドルベース)の値動きの2倍程度になることを目指すブル型ファンドです。

為替ヘッジあり。

*ブル型ファンドですので、長期投資としては、あまりお勧めできません。

 

信託報酬等の手数料

信託報酬 0.972%(税込)

信託財産留保額はありません。

 

販売会社

SBI証券楽天証券
(2018.9.7時点で2社のみです)

2社とも購入時手数料が2.16%かかります。

尚、「当ファンドは、インターネットでのお申込みを想定したファンドです」との注釈が記載されています。

 

以上、FreeNEXT NASDAQ100インデックスiFreeレバレッジ S&P500新規設定のニュースでした。

尚、同時にEDINETに公開されたiFree 年金バランスは下記記事をご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-ファンドニュース・新規設定ファンド

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2018 All Rights Reserved.