[2017年9月版 国内REITインデックスファンド] 実質コスト(信託報酬+α)は騰落率に反映されているか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

先進国株式インデックスファンドは毎月定期的に運用状況をチェックしていますが、今回は、久しぶりに国内REIT東証REIT指数に連動を目指すインデックスファンドについて調べてみます。

参考記事[2017年9月版 先進国株式インデックスファンド] 実質コスト(信託報酬+α)は騰落率に反映されているか?

前回、国内REITについて調査したのが2017年4月。

参考記事[2017年4月版 国内REIT&先進国REITインデックスファンド] 実質コスト(信託報酬+α)は騰落率に反映されているか?

そして国内REITといえば、大幅な乖離を引き起こしていた三井住友・DC日本リートインデックスファンド、この乖離は収まったかについても注目。

参考記事「三井住友・DC日本リートインデックスファンド」ベンチマークと大幅な乖離が生じています。

さて、それでは、

東証REIT指数との連動を目指す国内リートインデックスファンドの運用状況チェック2017年9月版です。

各ファンドにより実質コスト(信託報酬+α)は異なりますが、それが、ちゃんとファンド騰落率に反映されているかを確認します。

折角、信託報酬の低いファンドを選択しても、それが騰落率に反映されなければ意味がありません。

尚、先進国株式インデックスファンド等では、配当含む・含まない(プライス)、そして配当込でもグロス(配当課税無)・ネット(配当課税有)と様々で、しかも独自に円換算している事から、ファンド毎にベンチマークの騰落率が異なるという問題がありますが、今回調査する国内REITインデックスファンドは、全てベンチマークは東証REIT指数(配当込)で、各社ともベンチマーク騰落率は同じになっています。

(注)東証REIT指数にも、配当なし指数、配当込指数、及び税引き後配当込指数と3種類あります。実際のファンドでは、配当が出て、それがファンドに入る時点では課税されませんので、(多分)課税無の配当込指数を使っていると勝手に推測しています。

使用したデータは、各ファンドの2017年9月末時点での月報、マンスリーレポートです。

*マンスリーレポートの騰落率が小数点第1位までしか記載されていないファンドについては、基準価額から独自に計算し、小数点第2位までの値で比較します。

また各ファンドの信託報酬、実質コストは↓の記事を参考にして下さい。
参考記事インデックスファンド・コスト比較

比較した国内REIT インデックスファンド

東証REIT指数との連動を目指して運用する下記のインデックスファンドを比較しました。

*以下、[ ]内に示した略称で表記します。

  • たわらノーロード 国内リート  [たわら]
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイJリートインデックスファンド [ニッセイ]
  • DCニッセイJ-REITインデックスファンドA [DCニッセイA]
     *SBI証券、マネックス証券のiDeCoに採用
  • eMAXIS 国内リートインデックス [eMAXIS]
  • 野村インデックスファンド・J-REIT<Funds-i>  [Funds-i]
  • SMT J-REITインデックス・オープン   [SMT]
  • (日興)インデックスファンドJリート  [日興インデックス]
  • 三井住友・DC日本リートインデックスファンド  [三井住友・DC]
    *楽天証券のiDeCoに採用
  • iFree J-REITインデックス  [iFree]

実質コスト(信託報酬+α)が騰落率に反映されているか?

*iFreeだけは、未だ実質コストが不明ですので、信託報酬の値でプロットしてあります。

1カ月騰落率

先ずは1カ月騰落率で見てみます。

実質コスト/12に対して1カ月騰落率をプロットします。

グラフ中、茶色の点線がベンチマークの値です。前述のように国内REITではベンチマークはファンドによらず全て同じ値です。

また、図中、グレーの点線は傾き-1の線です。理想的にはコストが0の場合、ファンド騰落率はベンチマークと一致する筈ですので、その点を通るよう引いてあります。

国内REIT インデックスファンド

先ず、最大の注目である三井住友・DC。2017年9月に限れば、他のファンドと同等の騰落率で、大きな乖離は発生していないようです。

そして他のファンドも含めた騰落率ですが、実質コストに対する依存は観察されるものの、それぞれの騰落率は結構バラツキが大きいように見えます。

どのファンドがベンチマークに忠実に連動して運用されているかを判断するのは非常に難しいのですが、図中傾き-1の点線(厳密には傾きは-[1+騰落率])に従うとすると、マイナス側にシフトしているように思えるSMTがベンチマーク通り運用されており、それ以外は大きくプラス側に乖離しているという事になります。

3カ月騰落率

次に3カ月騰落率です。2017/6末日から2017/9末日の騰落率です。

国内REIT インデックスファンド

三井住友・DCは、この期間においても大きくマイナスの乖離を引き起こしています。(といっても以前の乖離よりは十分小さくなっていますが)

三井住友・DCの大幅乖離は、1日で純資産総額に相当するような巨額の売買があった事が原因とはっきりしていますが、2017/5/31を最後に、ここまで大きな売買は無くなっています。

1年騰落率

最後は1年騰落率です。

国内REIT インデックスファンド

1年間で見ると、三井住友・DC2%以上の大幅な乖離を起こしています

あの話題になったニッセイ外国株式ですら0.4%程度ですので、その5倍の乖離という事になります。

三井住友・DC以外のファンドの騰落率が上図ではわかりませんので、三井住友・DCを除外して再度プロットしてみます。

国内REIT インデックスファンド

日興インデックスがちょっと外れていますが、それ以外のファンドは概ね実質コストに応じた騰落率となっています。(iFreeは信託報酬でプロットしてありますので、実際はもっと右側にシフトする事になります。)

まとめ

以上、国内リート(東証REIT指数)インデックスファンドについて、騰落率に信託報酬・実質コストがちゃんと反映されているかの評価、2017年9月版でした。

三井住友・DC日本リートインデックスファンド 、楽天証券iDeCoにも採用されており購入している方も多いかと思いますが、1年間で2%のマイナス乖離を引き起こしています。但し、6月以降は徐々に安定してきており、9月に限っては他のファンドと同様の騰落率となってます。

今後も、引き続き注意してみていく必要があります。

他の国内REITインデックスファンドですが、短期間だと結構騰落率にバラツキがありますが、1年間で見ると、概ね実質コストに応じた騰落率になっています。

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする