[2017年4月版 国内株式(TOPIX、日経平均)インデックスファンド] 実質コスト(信託報酬+α)は騰落率に反映されているか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

2017年4月版、実質コスト(信託報酬+α)は騰落率に反映されているか? の調査、

既に先進国株式新興国株式については報告しましたが、今回は国内株式編。

[2017年4月版 先進国株式インデックスファンド] 実質コスト(信託報酬+α)は騰落率に反映されているか? そして真のベンチマークとの乖離は?
毎月定期的にチェックしているMSCI Kokusaiとの連動を目指す先進国株式インデックスファンドの運用状況チェック 2017年4月版です。...
[2017年4月版 新興国株式インデックスファンド] 実質コスト(信託報酬+α)は騰落率に反映されているか? そして真のベンチマークとの乖離は?
先日、MSCI Kokusaiとの連動を目指す先進国株式インデックスファンドについて、実質コスト(信託報酬+α)が、ちゃんとファンド騰落率に...

TOPIX、及び日経平均株価との連動を目指す国内株式インデックスファンドについて、実質コスト(信託報酬+α)が、ちゃんとファンド騰落率に反映されているかを確認します。

尚、今までは(真の)ベンチマークとファンドの騰落率の乖離についても報告していましたが、国内株式の場合、大きな乖離はないだろうとの判断から割愛させて頂きます。

使用したデータは、各ファンドの2017年4月末時点での月報、マンスリーレポートです。

*マンスリーレポートの騰落率が小数点第1位までしか記載されていないファンドについては、基準価額から独自に計算し、小数点第2位までの値で比較します。

尚、TOPIXに連動するインデックスファンドについては2017年1月末時点でも調査しており、その結果は↓を参照して下さい。日経平均については今回が初めての調査となります。

[2017年1月版 国内株式(TOPIX)インデックスファンド] 実質コスト(信託報酬+α)は騰落率に反映されているか? そして真のベンチマークとの乖離は?
先日記事にした、先進国株式、新興国株式に続き、今回は国内株式(TOPIX)に連動を目指すインデックスファンドについて、・ファンドの騰落率に、...

比較したファンド

TOPIX、及び日経平均株価との連動を目指して運用する下記のインデックスファンドを比較しました。

*以下、[ ]内に示した略称で表記します。

TOPIXとの連動を目指すインデックスファンド

  • たわらノーロード TOPIX  [たわら]
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド [ニッセイ]
  • eMAXIS TOPIXインデックス [eMAXIS]
  • eMAXIS Slim 国内株式インデックス [eMAXIS Slim]
  • 野村インデックスファンド・TOPIX<Funds-i>  [Funds-i]
  • SMT TOPIXインデックス・オープン   [SMT]
  • 日本株式インデックスe [インデックスe]
  • (日興)インデックスファンドTOPIX  [日興DCインデックス]
  • 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS  [三井住友・DC]
  • iFree TOPIXインデックス  [iFree]

日経平均株価との連動を目指すインデックスファンド

  • たわらノーロード 日経225  [たわら]
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド [ニッセイ]
  • eMAXIS 日経225インデックス [eMAXIS]
  • 野村インデックスファンド・日経225<Funds-i>  [Funds-i]
  • SMT 日経225インデックス・オープン   [SMT]
  • 日経225インデックスe [インデックスe]
  • (日興)インデックスファンド225  [日興DCインデックス]
  • iFree 日経225インデックス  [iFree]

TOPIXとの連動を目指すインデックスファンド

1カ月騰落率

2017年2月末に運用を開始したeMAXIS Slim、及び2017年3月末に運用を開始したたわらノーロードの騰落率を見るため、先ずは1カ月で比較してみます。

TOPIX-1m-funds_20170519

各ファンドとも概ね実質コストに応じた騰落率を示しており、新規に設定されたたわらeMAXIS Slimも順調な滑り出しです。

ちょっと気になるのはiFree。0.02%程ですが、プラス側に乖離しているように見えます。

3カ月騰落率

次に3カ月騰落率です。(eMAXIS Slimたわらのデータはありません)

TOPIX-3m-funds_20170519

若干、iFreeニッセイ三井住友・DCに差がありますが、概ね、実質コストに応じた騰落率となっています。

1年騰落率

最後に1年間の騰落率。

TOPIX-1y-funds_20170519

実質コストに対して、綺麗に相関のある騰落率を示しています。

まとめ

TOPIXに連動するインデックスファンドに関しては、2017年4月末時点で、概ね実質コスト(信託報酬+α)に応じた騰落率を示しており、特に大きな問題となるファンドはありません。

日経平均株価との連動を目指すインデックスファンド

3カ月、及び1年で見てみます。

3カ月騰落率

N225-3m-funds_20170519

最大で0.04%程度ですが、バラツキがあるように見えます。超低コストのファンドの中では、ニッセイiFreeがマイナス側にシフトしています。

1年騰落率

*ニッセイ、及びiFreeは設定から未だ1年未満であり、データがありません。

N225-1y-funds_20170519

1年で見ると、実質コストに対して、綺麗に相関のある騰落率を示しています。

まとめ

日経平均に連動するインデックスファンドに関しては、2017年4月末時点で、概ね実質コスト(信託報酬+α)に応じた騰落率を示しています。

但し、1カ月の騰落率を見ると、ニッセイiFreeの乖離が大きいようにも見えますので、今後注意してみていく必要があります。

まとめ

TOPIX、日経平均に連動を目指す国内株式インデックスファンドについては、僅かな差はあるものの、特に大きな乖離を引き起こしたファンドはありません。

また↓のページにまとめてありますが、国内株式の場合、信託報酬以外のコストもファンドによって大きな差は無い事から、基本的に、信託報酬の低いファンドを選択すれば良いでしょう。

インデックスファンド・コスト比較
インデックスファンドといっても、同じ指数との連動を目指す類似のファンドが複数の会社から多く販売されています。ここでは、比較的コスト(信託報酬...

今後も継続的に監視していきます。

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする