2017年6月 個人向け国債キャンペーン情報 ~楽天証券のキャンペーンが復活~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

[2017年6月14日]マネックス証券のキャンペーン実施発表を受けて更新しました。

2017年6月個人向け国債の募集が6月5日より始まります。

募集期間は6月5日(月)より6月30日(金)です。
*実際の募集期間は金融機関、及び購入方法により異なる可能性がありますので注意してください。(例えば、野村ホームトレードやSBI証券は29日まで)

利率は0.05%と、今月も最低金利です。

個人向け国債のメリットは、あくまでキャンペーンのキャッシュバックです。利率だけなら、もっと金利の高い銀行定期預金がたくさんあります。

さらに、2017年3月からのキャッシュバック減額で、確定申告が必要な方や行う方、特に購入金額が少ない場合、必ずしも個人向け国債のキャッシュバックが有利とは言えない状況にあります。

詳しくは↓の記事を参考にして下さい

減額された個人向け国債キャッシュバック・キャンペーン、課税されても、まだお得なの?
個人向け国債のキャッシュバック・キャンペーン、2017年3月より大幅に減額されましたが、それでもまだお得なのか? (地方銀行ネット支店などの...

キャンペーン情報

今月も、大和証券みずほ証券三菱UFJモルガンスタンレー証券SMBC日興証券東海東京証券SBI証券マネックス証券、そして先月は実施されなかった野村證券、さらに久しぶりに楽天証券で実施されます。

キャッシュバック金額など、先月と同じ内容です。

*2017.6.1マネックス証券のキャンペーンは未だ発表されていません。発表され次第、更新します。
2017.6.14 マネックス証券キャンペーン実施が発表されました。

野村證券、SMBC日興証券、三菱UFJモルガンスタンレー証券、東海東京証券7月まで同一キャンペーンの実施を公表しています。

キャンペーンの詳細は↓の記事を参考にして下さい

個人向け国債 キャッシュバックキャンペーン比較 【2017年12月】
個人向け国債 2017年12月 キャッシュバック・キャンペーン 楽天証券キャンペーン実施を発表。 マネックス証券、東海東京証券キャンペーン実...

どこの証券会社で購入するのがお得? (変動10の場合)

*楽天証券の場合、現金ではなく、楽天証券ポイント、楽天スーパーポイントの還元ですが、現金と等価として比較します。楽天証券ポイントは楽天スーパーポイントへ1:1で交換できます。

100万円未満

マネックス証券が最も多くのキャッシュバックをもらえます。1万円からキャッシュバックの対象となり、購入金額の0.15%のキャッシュバックです。

100万円以下でキャッシュバックが貰えるのは、マネックス証券に加えSBI証券楽天証券です。但し、SBI証券は50万円以上、楽天証券は、100万円未満の場合、0.10%の還元率です。

100万円以上700万円未満

100万円単位の場合、みずほ大和SMBC日興野村三菱UFJモルガン・スタンレー証券東海東京証券が同一金額です。そして楽天証券も同じポイントがもらえます。現金であるという点で、大手店頭証券の方が有利です。

但し、100万円単位ではなく、それ未満の端数が出る場合(例えば150万円とか)は、購入金額に対する比率でポイントがもらえる楽天証券が有利となります。

また、現金でないとダメだという方は、134万円以上199万円以下、及び267万円以上299万円以下の場合、マネックス証券のキャッシュバックが大手店頭証券より多くなります。

700万円以上900万円未満

みずほ証券のと楽天証券の一騎打ち。

700万円以上733万円以下、及び800万円以上866万円以下の場合、みずほ証券

それ以外は楽天証券が有利となります。

900万円以上1,000万円未満

みずほ証券が有利となります。

1,000万円以上

みずほ証券大和証券SMBC日興証券三菱UFJモルガンスタンレー証券東京東海証券が同一金額で、最も有利となります。

*野村證券は1,000万円以上のキャッシュバック金額が他社より低くなっていますので注意。

まとめ

6月も、5月と同様のキャッシュバックキャンペーンが実施されます。さらにポイント還元ではありますが、楽天証券のキャンペーンも実施されます。

*楽天証券で購入する場合、事前にエントリーが必要です。

こちらの記事を参考にして、高金利の銀行定期預金個人向け国債のキャッシュバック、どちらが、より有利かを良く考えご選択ください。確定申告が必要な方や行う方は、課税所得によって変わります

銀行定期預金と個人向け国債を含めた金利ランキング↓

銀行・信用金庫 「普通預金」「定期預金」金利比較・ランキング 2017年12月 冬のボーナスはどこの銀行に?
銀行(信用金庫含む)の普通預金、定期預金の金利をご紹介します。 *基本的に、ネット銀行、ネット支店の金利です。店頭金利とは異なりますので注...

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする