松井証券 投信工房の毎日積立、100円投資で究極のドルコスト法、そして究極の分散投資を開始しました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

ヘソクリ投資として松井証券 投信工房毎日積立を行っていますが、松井証券の100円からの投資信託積立サービスの恩恵を最大限受ける為、積立銘柄、及び積立金額を変更しました。

松井証券 投信工房の積立銘柄・金額変更

今までのポートフォリオ積立

今まで、毎日500円を、

ひふみプラス 30%
eMAXIS Slim 先進国株式 70%

の比率でポートフォリオ積立を行っていました。

参考記事松井証券 投信工房の毎日積立、ポートフォリオを変更しました。ひふみプラスとeMAXIS Slimへ。

今後の積立銘柄

100円積立の恩恵を最大限受ける為、下記のように積立銘柄を変更します。全部で14銘柄、各銘柄とも全て購入金額は100円。毎日1,400円の投資です。

*基準価額は2017年6月16日時点

 積立銘柄 基準価額 信託報酬
 先進国株式  
eMAXIS 先進国株式インデックス 23,666  0.6480%
外国株式インデックスe 21,732  0.5400%
SMT グローバル株式インデックス・オープン 15,453  0.5400%
i-mizuho先進国株式インデックス(為替ヘッジなし) 15,051  0.6156%
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド 13,685  0.2160%
たわらノーロード先進国株式<為替ヘッジあり> 11,281  0.2430%
たわらノーロード 先進国株式 11,166  0.2430%
eMAXIS Slim先進国株式インデックス 10,328  0.2160%
新興国株式 
SMT 新興国株式インデックス・オープン 24,619  0.6480%
eMAXIS 新興国株式インデックス 14,275  0.6480%
たわらノーロード 新興国株式 12,431  0.5346%
国内株式 
ひふみプラス 33,836  1.0584%
eMAXIS TOPIXインデックス 20,262  0.4320%
eMAXIS Slim 国内株式インデックス 10,393  0.1944%

今までは、基本的に信託報酬が低いほどベストという基準で投資信託を選んできましたが、100円投資の場合は、信託報酬に加えて基準価額が高いほど、そして1つの銘柄の購入金額は少ないほど有利になる事が有り得るんです。

例えば、先進国株式に200円投資する場合、200円全てをeMAXIS Slimで購入するよりも、100円をeMAXIS Slim、そして残りの100円を、敢えて信託報酬の高いeMAXIS(Slimじゃない方)にする方がお得になる可能性も短期的には有り得ます。

勿論、口数の小数点以下の端数が切上げに近い形で処理される事が前提ですが。

そして、同じ先進国株式でも、これだけの商品に分散していれば、1つのファンドでトラッキングエラー(指数との乖離)を起こしても問題なし、究極の分散投資なんです。

尚、今回はポートフォリオ積立ではなく、毎回の各商品の積立額が100円で一定となる個別積立としました。

参考記事100円からの投資信託購入、実はものすごくお得なんです。金額購入時の端数処理に注意。

さて、「しんたろう」の目論見通り、本当にお得になるのか、今後、積立していった結果を報告していきます。

尚、ここまで多くの複数ファンドを組み合わせる方法を皆様に勧めようというつもりはありません。信託報酬が大きく違う商品を組み合わせても、短期的には得する事はありますが、長期的には、その差は縮まっていき、やがて逆転する事も有り得ます。(端数で得する分は購入した時のみですが、信託報酬は全資産に対してかかるものだからです)  ただ、そもそもの総積立額が少ない方は、同じような低信託報酬の2~3個のファンド(例えば、たわら、ニッセイ、eMAXIS Slim等)に分散し、100円と少額で、かつ毎日積立するのも有りだと考えます。

参考記事【投資信託積立】毎日積立、100円積立は端数を考慮すると、毎月積立てより有利になる場合もあります。

[2017.7.25追記] 実際に積立てた結果で検証した結果が↓

参考記事松井証券 投信工房の毎日積立、100円投資の積立結果。そのお得度を確認しました。

こんな究極のドルコスト法である毎日積立、究極の分散投資が出来るのは、松井証券だけです。

松井証券公式サイト利用料0円!ロボアドバイザーが資産運用をトータルサポート◆松井証券の『投信工房』◆

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする