証券会社

【マネックス証券】米国株取引 最低手数料を撤廃(再々度引下げ)。為替手数料無料などキャンペーンも実施。

投稿日:

2019年7月4日に米国株取引の最低取引手数料を0.1米ドルに引き下げると発表したマネックス証券は、

2019年7月8日、さらに0.1ドルから0.01ドルへ引き下げ、

そして2019年7月10日には最低取引手数料を撤廃すると発表しました。

これは2019年7月9日最低取引手数料を撤廃したSBI証券、及び2019年7月10日に同じく撤廃した楽天証券に対抗した引下げと思われます。

[最終更新日:2019.7.10]マネックス証券、再々度の引下げ。
楽天証券の引下げを反映。
[2019.7.9]SBI証券の引下げを反映。

スポンサーリンク

マネックス証券 米国株式 最低取引手数料引き下げ

実施日

2019年7月22日(月) 米国現地約定分より(予定)

 

米国株 取引手数料

*全て税抜き表示。

取引手数料

約定金額の0.45%(変更なし)

 

最低取引手数料 

5ドル (2019年7月7日まで)

==> 0.1ドル (2019年7月19日現地約定分まで) 

==>  0.01ドル 無料(撤廃) (2019年7月22日より) 

 

最大取引手数料

20ドル(変更なし) 

 

従来5ドルだった最低取引手数料が0.1ドル、0.01ドル、無料(撤廃)に引き下げられます。

*2019年7月8日からは0.1ドル、7月22日から撤廃となります。

 

取引手数料は約定金額の0.45%ですが、従来は1111ドル以下の少額取引の場合、最低取引手数料5ドルで決まり実質的な手数料負担が大きくなっていました。

今回の最低手数料の撤廃で少額で取引を行う方(配当再投資など)の手数料が大幅に引き下げられることになります。

*最低取引手数料の撤廃ですので約定金額の0.45%の手数料はかかります(最大20ドル)。ただし約定金額1.11米ドル以下の取引では無料となります。(1セント未満の端数を四捨五入するようです。)

公式サイト(プレスリリース)米国株の最低取引手数料を無料に

 

ネット証券3社の米国株式手数料比較

SBI証券楽天証券マネックス証券の米国株式取引手数料を比較します。

 SBI証券楽天証券マネックス証券
最低取引手数料無料
(撤廃)
無料
(撤廃)
無料
(撤廃)
取引手数料約定金額
x0.45%
約定金額
x0.45%
約定金額
x0.45%
最大取引手数料20ドル20ドル20ドル

これでマネックス証券SBI証券楽天証券が並ぶことになります。

 

マネックス証券 為替手数料 無料キャンペーン

為替手数料が無料となるキャンペーンも実施中です。

期間

2019年7月8日~2020年1月7日

 

為替手数料(買付時)

上記期間中は

1米ドル当たり 通常 25銭 ==> 無料 

となります。

 

以上、マネックス証券の米国株最低取引手数料引き下げ、及び為替手数料無料キャンペーンのお知らせでした。

尚、さらに、

  • 米国株取引サービスにかかわるクイズに正解した方の中から抽選で2名にアメリカ旅行、20名にJTBナイスギフト10,000円分をプレゼント(要エントリー)
    2019.7.4~8.31
  • 外国株取引口座を持っている方全員に米国株厳選銘柄レポートBOOK2019年夏号プレゼント(要エントリー)
    2019.7.4~7.19

のキャンペーンも実施します。

公式サイト(口座開設)マネックス証券

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-証券会社

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2019 All Rights Reserved.