[2016年12月版 新興国株式インデックスファンド]実質コスト(信託報酬+α)は騰落率に反映されているか? そして真のベンチマークとの乖離は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

昨日記事にした先進国株式に続き、今回は新興国株の12月版です。

11月版は↓

[新興国株式]信託報酬と騰落率の関係。どうした三井住友・DC? 信託報酬だけで選んではいけない新興国株式、純資産総額も重要。
昨日まとめた先進国株式インデックスファンドの6カ月の騰落率と信託報酬の関係(↓)。今回は、同様の比較を新興国株式インデックスファンドで行って...

MSCI emergingに連動する新興国株式インデックスファンドについて、

・ファンドの騰落率に、ちゃんと実質コスト(信託報酬+α)が反映されているか?

・ベンチマークとの乖離、統一したベンチマークのもと、さらにコスト分を差し引いた純粋な乖離

を調べます。

使ったデータは、各ファンドの2016年12月末時点でのマンスリーレポートです。

尚、新興国株式の場合、「たわらノーロード」が、未だ設定から1年たっておらず、データがないため、1カ月、6カ月の騰落率を比較します。

ベンチマーク騰落率

先進国株式の場合、配当含む・含まない(プライス)、そして配当込でもグロス(配当課税無)・ネット(配当課税有)と3通りありましたが、

新興国株式の場合、今回調査対象としたファンドに限れば、下表にまとめたように、配当含む・含まないの2種類に分かれるだけです。(配当込がグロス・ネットどちらなのかは確認していません)

2016年12月末のMSCIエマージングのベンチマーク騰落率
期間 たわら 三井住友DC Funds-i SMT eMAXIS 日興インデックス
  配当含む 配当含まず
1カ月 4.00% 4.0% 4.0% 3.62% 3.62%
3カ月 8.81% 8.8% 8.8% 8.27% 8.27% 8.27%
6カ月 19.78% 19.8% 19.8% 18.24% 18.24% 18.24%
1年 6.6% 6.6% 3.68% 3.68% 3.68%

 

実質コストがファンド騰落率に反映されているか?

1カ月騰落率

先ずは1カ月騰落率で見てみます。

MSCI-emerging-1month-funds_201612

1カ月騰落率と実質コスト(1カ月なので1/12にしています)の関係です。

グレーの点線は傾き-1の線です。

(注意)コストと騰落率の関係は、理想的には、その傾き=-[ベンチマークの騰落率+1]となります。例えば、ベンチマーク騰落率が+10%なら傾き-1.1、-10%なら傾き-0.9となります。騰落率が+-10%以内だったら、傾き-0.9~-1.1の範囲に収まるという事です。

各ファンドの実質コスト、信託報酬の差が小さい事もあり、先進国株式のような明確な依存は認められません。

但し、三井住友・DCだけが突出して高い騰落率となっています。これはコストで説明できるものではありません。

6カ月騰落率

次に、6カ月の騰落率です。

MSCI-emerging-6month-funds_201612

1カ月同様、コスト依存、あまり明確ではありません。

一方、先月同様、三井住友・DCだけは、突出して(先の1カ月騰落率とは逆に)低い値となっています。

結論

各ファンドの実質コストの差が小さい事もあり、先進国株式のように明確なコスト依存は確認できませんでした。

ただ、三井住友・DCだけは、突出して高くなったり低くなったりと不安定な騰落率になっています。

ベンチマークとの乖離、真のファンド間比較

ベンチマークを全て「たわらノーロード」に合わせ、かつ、実質コスト分を差し引いた、真のベンチマークとの乖離を見てみます。

*「たわらノーロード」のベンチマークは、MSCI emerging(配当込)です。

具体的な評価方法は、先進国株式の場合と同じですのでこちらを参照して下さい

要は、統一、かつコスト分を差し引いたベンチマークを下式から計算し、

(ベンチマーク(たわら)騰落率 + 1 ) x ( 1 – (各ファンドの)期中実質コスト) – 1

これと、ファンド騰落率の差を見ました。

これも、1カ月、6カ月の両方で見てみます。

横軸は各ファンドのマザーファンドの純資産総額です。

MSCI-emerging-1month-funds_tracking_error_201612MSCI-emerging-6month-funds_tracking_error_201612

1カ月で見ると、三井住友・DCだけが乖離が小さく、他のファンドは全て-0.3%程度となっています。

一方、6カ月で見ると、三井住友・DCは-1.4%と、とても大きな乖離です。

こうしてみると、三井住友・DC、1カ月の乖離が小さかったのは、単に、バラツキが大きく、たまたま、12月に限り、0に近づいたとも推測されます。

三井住友・DC以外のファンドも、6カ月で、-0.40~-0.80%と、非常に大きな乖離を示しています。

尚、マザーファンド純資産総額に対しては、先月ほど明確な依存を示していません。

三井住友・DCの総資産額、この1年で993百万円から6,806百万円と7倍近く伸びています。現在、三井住友・DC新興国株式は、その殆どを株式先物で運用しているようですが、これが、大きな乖離の原因とも言われています。今後、資産額が大きくなるにつれ、先物の比率が下がっていけば、もっと乖離も小さくなると期待されます。

最後に

以上、騰落率に信託報酬・実質コストがちゃんと反映されているか、及び、ベンチマークの違い、及び実質コストの影響を除外したベンチマークとの乖離を評価しました。

実質コストと騰落率の関係、コスト差が小さい事もあり、あまり明確な依存性を見る事は出来ませんでした。

ベンチマークとの乖離は、三井住友・DCを除けば、(決して小さくはないですが)ほぼ横並びという結果。

今後も継続的に監視していきます。

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする