[2017年1月版 先進国株式インデックスファンド] 実質コスト(信託報酬+α)は騰落率に反映されているか? そして真のベンチマークとの乖離は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

MSCI Kokusaiとの連動を目指す先進国株式ファンド、各社、実質コスト(信託報酬+α)は異なりますが、それが、ちゃんとファンド騰落率に反映されているのかを調べます。

ファンドを選択する上で、信託報酬・実質コストが最も重視される要素ですが、それがファンドのパフォーマンスに反映されていなければ意味がありません。

また、もう一つ重要なのがベンチマークとファンドの騰落率の乖離です。

ベンチマークとの乖離は決算時の運用報告書で分かりますが、同じベンチマーク(MSCI kokusai)といっても、各社、独自に円換算している事、さらに、配当含む・含まない(プライス)、そして配当込でもグロス(配当課税無)・ネット(配当課税有)と様々で、これではファンド間の真の乖離を比較する事は出来ません。

そこで、ベンチマークをアセットマネジメントOne「たわらノーロード」(配当込・グロス)を基準として、これに対する各ファンドの騰落率の違いから、真のベンチマークとの乖離の比較を行ってみます。

また、信託報酬などのコストは、確実に下方に乖離する要因となりますので、このコスト分を除外して、ファンドの運用そのものの乖離を評価します。

使ったデータは、各ファンドの2017年1月末時点での月報、マンスリーレポートです。

尚、2016年12月末時点での結果はこちらを参照して下さい。

 

実質コストがファンド騰落率に反映されているか?

1カ月騰落率

先ずは1カ月騰落率で見てみます。

MSCI-Kokusai-1month-funds_20170217

1カ月騰落率と実質コスト(1カ月なので1/12にしています)の関係です。

グレーの点線は傾き-1の線です。

(注意)コストと騰落率の関係は、理想的には、その傾き=-[ベンチマークの騰落率+1]となります。例えば、ベンチマーク騰落率が+10%なら傾き-1.1、-10%なら傾き-0.9となります。騰落率が+-10%以内だったら、傾き-0.9~-1.1の範囲に収まるという事です。

各ファンドとも概ね実質コストに応じた騰落率となっています。

1年騰落率

次に、1年の騰落率です。(6カ月のデータもありますが、ほぼ同じような傾向ですので割愛します。)

MSCI-Kokusai-1year-funds_20170217

*ニッセイの信託報酬、期中に引下げがありましたが、これを考慮し、日割りで信託報酬を計算し、それに、それ以外のコストを加え、実質コストとしています。

ニッセイは、依然、トランプ大統領誕生時の大幅下方乖離の影響が見えています。

一方でSMT、インデックスeは、先月同様、若干プラス側にシフトしているようにも見えます。(あくまで相対的な比較です。どれが本来あるべき騰落率かは、後述のベンチマークとの乖離を参照して下さい)

結論

2017年1月において、先進国株式、各インデックスファンドの騰落率は、概ね実質コストに応じた騰落率になっており、特に問題は見えません。

信託報酬・実質コストの低いファンドを購入すれば、その分、高いリターンを得られるという事です。

ベンチマークとの乖離、真のファンド間比較

ベンチマークを全て「たわらノーロード」に合わせ、かつ、実質コスト分を差し引いた、真のベンチマークとの乖離を見てみます。

*「たわらノーロード」のベンチマークは、MSCI Kokusai(配当込、配当課税考慮無のグロス)です。

具体的な評価方法は、11月末の評価と同じですのでこちらを参照して下さい。

要は、統一、かつコスト分を差し引いたベンチマークを下式から計算し、

(ベンチマーク(たわら)騰落率 + 1 ) x ( 1 – (各ファンドの)期中実質コスト) – 1

これと、ファンド騰落率の差を見ました。

これも、1カ月、1年の両方で見てみます。

横軸は各ファンドのマザーファンド純資産総額です。

MSCI-Kokusai-1month-funds_tracking_error_20170217

MSCI-Kokusai-1year-funds_tracking_error_20170217

1カ月で見ると、全てのファンドが、ベンチマークよりマイナス側に乖離しています。その値は0.10%を超えており、ちょっと大きいようにも見えます。
(2016年12月は、0.05~0.08%のプラス側の乖離)

一方、1年間で見ると、昨月より、全体的にマイナス側にシフトしていますが、ニッセイを除けば、その値-0.40%以内と許容範囲と言っても良いでしょう。

今月も、ベンチマークとの乖離が最も小さいのはSMT。

最後に

以上、騰落率に信託報酬・実質コストがちゃんと反映されているか、及び、ベンチマークの違い、及び実質コストの影響を除外したベンチマークとの乖離の評価、2017年1月版でした。

今後も継続的に監視していきます。

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする