【先進国株式インデックスファンド】今、人気のファンドは? ニッセイ、たわら、eMAXIS Slim? (2017年7月末日)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

多くの方がアセットアロケーションの中心としているであろうMSCI Kokusai(MSCIコクサイ)との連動を目指す先進国株式インデックスファンド、今、最も人気のあるファンドを純資産総額の増減額から見てみます。

先進国株式ファンド、今、最も人気のあるファンドは?

比較したファンド

MSCI Kokusai(MSCI コクサイ)との連動を目指して運用する下記のインデックスファンドを比較しました。

*以下、[ ]内に示した略称で表記します。

  • たわらノーロード 先進国株式  [たわら先進国株式]
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド  [ニッセイ外国株式]
  • eMAXIS 先進国株式インデックス [eMAXIS先進国株式]
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス [eMAXIS Slim先進国株式]
     *実質コストは信託報酬にeMAXISの信託報酬以外のコストを足した値を使用。
  • 野村インデックスファンド・外国株式<Funds-i>  [Funds-i外国株式]
  • SMT グローバル株式インデックス・オープン   [SMTグローバル株式]
  • 外国株式インデックスe   [インデックスe外国株式]
  • iFree 外国株式インデックス  [iFree外国株式]
  • (日興)インデックスファンド海外株式(ヘッジ無)  [日興インデックス海外株式]
  • 三井住友・DC外国株式インデックスファンドS  [三井住友・DC外国株式]
     *DC専用で一般には販売されていません。

*三井住友・DC外国株式インデックスファンドSはDC専用で一般に販売されていない為、参考値扱い。

人気ランキングの計算方法

純資産総額の増減だけではファンドの騰落率が含まれてしまいますので、以下のように純資産総額の実質増減額を定義し、これが大きい順にランキングを付けます。

例えば、2017年7月の1カ月間ランキングの場合、

実質増減額 = (2017/7末時点の純資産総額) - (2017/6末時点の純資産総額) x (1カ月間騰落率 + 1)

を計算し比較します。

2017年7月の1カ月間の人気ランキング

2017年7月の1カ月間で、実質増減額でみたファンドのランキングです。

*2017年6月末から2017年7月末までで計算

  ファンド 実質増減額(百万円) 信託報酬 実質
コスト
純資産総額(百万円)
1 ニッセイ外国株式 2,985 0.216% 0.336% 56,287
2 たわら先進国株式 1,150 0.243% 0.280% 11,895
 参考 三井住友・DC外国株式 435 0.173% 0.241% 34,480
3 eMAXIS Slim先進国株式 224 0.216% 0.309% 966
4 SMTグローバル株式 143 0.540% 0.586% 57,611
5 Funds-i外国株式 38 0.594% 0.620% 7,380
6 iFree外国株式 24 0.227% 0.308% 758
7 日興インデックス海外株式 -18 0.907% 0.949% 9,511
8 外国株式インデックスe -20 0.540% 0.573% 15,084
9 eMAXIS先進国株式 -635 0.648% 0.741% 34,356

堂々の1位は<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式2位のたわらノーロード 先進国株式に3倍近い差をつけています。

信託報酬では最低水準の<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式、実質コストではたわらノーロード 先進国株式に負けていますが、毎年変動し不確実な実質コストより信託報酬を重視して選択される方が多いのでしょうか?

最低水準の信託報酬で参入したeMAXIS Slim 先進国株式。現時点では3位となっていますが、これから、さらに人気を集める可能性もありますね。

そして、大きく資金流出となったのがeMAXIS 先進国株式eMAXIS Slimの増加額の3倍近いマイナスとなっています。eMAXISからeMAXIS Slimへの乗換だけでなく、eMAXISから他の低コスト・ファンドにも流出したのかもしれません。

信託報酬が低いにもかかわらず苦戦しているのがiFree 外国株式。最低水準の信託報酬で颯爽と登場したiFreeシリーズですが、その後、<購入・換金手数料なし>ニッセイ・シリーズの信託報酬引下げ、さらにeMAXIS Slimの登場と、ちょっとタイミングが悪かったのかもしれません。

年初来の人気ランキング

2017年1月から7月末までの7カ月間で、実質増減額でみたファンドのランキングです。

*2016年12月末から2017年7月末までで計算

  ファンド 実質増減額(百万円) 信託報酬 実質
コスト
純資産総額(百万円)
1 ニッセイ外国株式 14,503 0.216% 0.336% 56,287
2 たわら先進国株式 5,449 0.243% 0.280% 11,895
 参考 三井住友・DC外国株式 2,817 0.173% 0.241% 34,480
3 Funds-i外国株式 1,238 0.594% 0.620% 7,380
4 iFree外国株式 293 0.227% 0.308% 758
5 日興インデックス海外株式 -734 0.907% 0.949% 9,511
6 外国株式インデックスe -871 0.540% 0.573% 15,084
7 SMTグローバル株式 -1,743 0.540% 0.586% 57,611
8 eMAXIS先進国株式 -4,965 0.648% 0.741% 34,356
eMAXIS Slim先進国株式 データ無  0.216% 0.309% 966

*eMAXIS Slimは未だデータがありません。

基本的には7月のデータと大きくは変わりませんが、Funds-i外国株式が3位となっています。販売会社の多さが効いているのでしょうか?

Funds-iを除くと、比較的信託報酬の高いファンドは概ねマイナスとなっています。投資家のコストに対する意識が高まってきた事の表れともとれるでしょう。

そして、1カ月間と同様、eMAXIS先進国株式のマイナスが非常に大きくなっています。 

まとめ

以上、新たに純資産総額の実質増減額を定義し、それで比較した先進国株式インデックスファンドの人気ランキングでした。

7月の1カ月だけで見ると、

  1. <購入・換金手数料なし>ニッセイ
  2. たわらノーロード
  3. eMAXIS Slim

という順位ですが、それぞれの差は大きく開いています。

また低コスト・ファンドの一つであるiFreeシリーズは苦戦、そしてeMAXISの資金流出が非常に大きくなっています。

今回取りあげたファンドの信託報酬、実質コスト、純資産総額等は、↓のページにまとめてあります。

参考記事インデックスファンド・コスト比較

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする