ニッセイインデックスファンド <購入・換金手数料なしシリーズ> 信託報酬引下げ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

ニッセイアセットマネジメント(株)が運用するインデックスファンド<購入・換金手数料なしシリーズ>、7商品の信託報酬の引下げが発表されました。

11月18日(TOPIXインデックス)、11月22日(TOPIX以外)より変更されます。

当サイトのインデックスファンド・コスト比較のページも更新しました。

<購入・換金手数料なしシリーズ>ニッセイインデックスファンドの改定後の信託報酬

*信託報酬は税込みで表示

ファンド ニッセイ  今まで信託報酬が最も低かったファンド 
アセットクラス
変更後 変更前
日経225 変更無  0.270%  0.205% iFree,インデックスe
TOPIX 0.1944% 0.3132% 0.205% iFree,三井住友
JPX日経400 0.2106% 0.3348% 0.221% iFree
日本債券 0.1566% 0.162% 0.151%(*) iFree
J-REIT 0.270% 0.3618% 0.281% 三井住友
外国株式 0.216% 0.2592% 0.227% iFree
外国債券 0.1836% 0.216% 0.194% iFree
外国REIT 0.2916% 0.486% 0.302% 三井住友
新興国株式 設定無   0.367% iFree
新興国債券 設定無   0.238% iFree

(*)大和iFree、日本債券の信託報酬は、新発10年国債の利回りによって変わります。1%未満だと信託報酬0.1512%、1%以上だと0.2376%に上がります。

現時点で最も信託報酬の低かった大和信託iFreeシリーズに対し、日経225・日本債券を除くアセットクラスで、さらなる低コスト化を達成しています。

インデックスファンド、低コスト化の先駆者的存在だったニッセイ<購入・換金手数料なしシリーズ>、最近ではアセットマネジメントOneの「たわらノーロード」、大和信託の「iFree」、三井住友アセットマネジメントのDC専用ファンドの一般発売等の後塵を拝する形になっていましたが、ここで一気に盛り返し、最低水準の信託報酬を実現しました。

一投資家としては、嬉しいニュースです。ただ、毎月のように低コストのファンドが発表されると、何を購入すれば良いのか、迷っちゃいますね。

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする