ニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズに日経平均インデックスファンドが設定されます。これを機会にTOPIXと日経平均を比較してみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

現時点で最もコストの低いインデックスファンドと言って良い、ニッセイアセットマネジメントの<購入・換金手数料なし>シリーズに日経平均インデックスファンドが設定されます。

<購入・換金手数料なし>日経平均インデックスファンド

日経平均株価(日経225)(配当込)に連動するインデックスファンドです。

設定日 : 2016年11月21日

取扱販売会社 : SBI証券、楽天証券

信託報酬 : 0.1944%(税込)

大和投資信託の「iFree」、三井住友トラスト・アセットマネジメントの「インデックスe」の0.205%を抜いて、当ファンドも、日経平均連動型のインデックスファンドとして信託報酬業界最低水準となります。

また、ニッセイのTOPIX連動型とも同じ信託報酬になります。

尚、ニッセイアセットマネジメントには、既に、

「ニッセイ日経225インデックスファンド」(信託報酬0.27%)がありますが、今回、新規に設定されるのは、

「<購入・換金手数料なし>日経平均インデックスファンド」です。

紛らわしいですが、お間違えの無いように。

当ブログの、インデックスファンド・コスト比較のページも更新しました。(比較対象を「ニッセイ日経225インデックスファンド」から「<購入・換金手数料なし>日経平均インデックスファンド」に変更)

TOPIXと日経平均株価と、そのリターンとリスクを比較してみました。

日本の代表的な株価指数であるTOPIXと日経平均株価。それぞれの過去のリターン・リスクを計算してみました。

期間   年率 TOPIX 日経平均
1991年~現在  リターン -0.8% -1.1%
リスク 18.7% 20.6%
2000年~現在  リターン -1.3% -0.5%
リスク 17.9% 19.8%
2005年~現在  リターン 1.6% 3.6%
リスク 18.7% 20.0%
2010年~現在 リターン 6.5% 7.6%
リスク 18.0% 18.7%

*日経平均株価は日経平均プロファイルより、TOPIXはYahooファイナンスより入手したデータをもとに、「しんたろう」が独自に計算しました。
*月次データの終値をもとに年率換算のリターン・リスクを計算しました。

TOPIXより日経平均株価の方が、総じて若干高いリターンが得られる一方、リスクも1~2%程度高い結果となっています。

「しんたろう」は主にTOPIX連動型のインデックスファンドを購入していますが、お好みでどちらを選んでも、そう大きな違いはなさそうです。

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする