国民年金保険料の2年前納、現金やクレジットカード払いが可能になります(平成29年4月より)。高還元率クレジットカードで支払う事でさらにお得に。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

国民年金保険を納めている方、2年前納(2年間分の保険料をまとめて支払う)がお得な事はご存知でしょうか?

このお得な2年前納、今までは口座振替しか出来ませんでしたが、平成29年4月より現金やクレジットカード払いが可能になります。

厚生労働省のプレスリリースはこちら。日本年金機構の2年前納についてはこちらを参照して下さい。

高還元率のクレジットカードを使う事で、ポイント分、さらにお得になります。

支払方法による保険料の違い

  • 平成28年度の保険料16,260円をベースに計算します。
  • 2年前納の場合は、翌年分まで同時に支払う事になりますが、ここでは翌年の保険料も同一と仮定して計算しています。
  • 支払方法による割引額も年により異なりますが、ここでは平成28年度の割引額を使用します。ただし、今回、新しく導入される2年前納の現金・クレジット払いの割引額は未だ公表されていませんので、日本年金機構のサイトに記載されている概算額を使用します。口座振替の場合(2年間の割引額15,690円)より割引率は悪くなり、概算額で15,000円となっています。

クレジットカード払いの還元率は1.0%(Yahoo! JAPANカード、楽天カードなど)、1.5%(REXカード)の二つのケースで計算します。

nanaco払いの場合も、クレジットカードによるチャージなら、そのカードの還元率に応じて実質支払額はお得になります。(一部クレジットカードを除く)

便宜上、支払額に対して、その還元率がまるまる割引されると仮定します。(実際のクレジットカードのポイント還元は、1回の支払い、または月の支払総額に対して、ある金額単位毎にポイントが付与されますので、支払総額x還元率より少なくなります。)

支払方法による違いを、月額換算、年額換算、そして現金の月払いに対する差額(1年間)を下の表にまとめました。

    月額換算 年額換算 年間差額
月払い 現金 16,260円 195,120円
口座振替(早割) 16,210円 194,520円 ▲600円
クレジット 1.0%還元 16,097円 193,169円 ▲1,951円
クレジット 1.5%還元 16,016円 192,193円 ▲2,927円
6カ月前納 現金 16,128円 193,540円 ▲1,580円
口座振替 16,075円 192,900円 ▲2,220円
クレジット 1.0%還元 15,967円 191,605円 ▲3,515円
クレジット 1.5%還元 15,886円 190,637円 ▲4,483円
1年前納 現金 15,972円 191,660円 ▲3,460円
口座振替 15,919円 191,030円 ▲4,090円
クレジット 1.0%還元 15,812円 189,743円 ▲5,377円
クレジット 1.5%還元 15,732円 188,785円 ▲6,335円
2年前納 現金 15,635円 187,620円 ▲7,500円
口座振替 15,606円 187,275円 ▲7,845円
クレジット 1.0%還元 15,479円 185,744円 ▲9,376円
クレジット 1.5%還元 15,400円 184,806円 ▲10,314円

高還元率のクレジットカードを持つことで、お得だった2年前納が、さらにお得になります。従来の口座振替の2年前納に対し、概算で約年間2,500円得する計算になります。また、現金、月払いに対しては、年間1万円程度お得になります。

まとめ

今まで、口座振替しかできなかった国民年金保険料の2年前納、今年4月からクレジットカード払いが可能になり、さらにお得になります。

資産運用で資産を増やすことも大切ですが、こうした支払方法の見直しだけで、出費を抑えていく事も重要です。

尚、平成29年4月よりクレジットカード払いを行う場合、平成29年2月末までに申し込む必要がありますのでお急ぎください。

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする