「NISAに長期積立枠」と報道、非課税期間の長期化は歓迎ですが、さらに分かりにくい制度になっていくのでは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

今朝の日経新聞や日経電子版で、「NISAに長期積立枠」との報道があります。

お、「いよいよNISAの非課税期間が延長されるのか」、と一瞬喜びましたが、報道されている内容によると、ちょっと期待していたのと違うようです。

現行の半分の年60万円以下の投資について、非課税期間を20年前後に延ばす枠をつくる方向  (日経電子版より引用)

できれば20年じゃなくて恒久化してほしかったけど、現行の5年(ロールオーバーで10年)よりは大幅に改善、投資額60万円以下は十分、これでも月5万円です、と、ここまでは納得。

しかし、

非課税期間5年の現行制度との併用は認めず、利用者はどちらかを選ぶことを想定している。(日経電子版より引用)

なに? NISAの非課税期間延長ではなく、新たな制度を作るって事? しかも現行のNISAと新NISA(?)の選択が必要、

あれ、またまた複雑な制度に?

投資経験者で現在のNISAを理解している方であれば、自分の投資スタイルに合わせて選択すれば良いので有難い話かもしれませんが、今まで投資を行ったことがない人にとっては、さらに分かりにくい制度になってしまうのでは?

そもそもNISAって「貯蓄から投資」をスローガンに、多くの人に投資を勧める為に始まった制度ですよね。それなのに、より難しくしてどうするの? ってのが「しんたろう」の意見。

もし、この新NISAの制度が本当に始まったら、

(金融機関)「NISAになさいますか、それとも新NISA(?)にされますか?」

(お客) 「何、それ? どっちがいいの?」

(金融機関) 「・・・(ながーい説明が続く)・・・」 

(お客) 「よくわからないから、また今度にします。」

(金融機関) 「お客様、取りあえず口座だけでも開設されてはどうでしょうか? 今、口座開設いただければ、○○のキャンペーンがあります。」

(お客) 「じゃ、口座開設だけしときます。」

こんな感じで休眠口座が増えていくだけ、てな事にならないかな?

それと、「NISAと新NISAの選択は毎年するのか、出来るのか?」 という課題もありますね。毎年変更できる方が良いでしょうが、「あれ、このファンド、どっちのNISAで買ったんだっけ?」と混乱しそう。

とはいえ、非課税期間の長期化は大歓迎です。

まだ、検討が開始されたという段階なので、今後、どういう制度になっていくかは分かりませんが、とにかくシンプルな制度を期待しています。

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする