「積み立てNISA」え、非課税期間たった10年?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

今朝の日経新聞や日経電子版で、「積み立てNISA」という名称で、非課税期間を長くした新たなNISA制度を、2019年からの実施を目指し検討中との報道がありました。

8月に報道された「NISAに長期積立枠」(↓)の件です。

「NISAに長期積立枠」と報道、非課税期間の長期化は歓迎ですが、さらに分かりにくい制度になっていくのでは?
今朝の日経新聞や日経電子版で、「NISAに長期積立枠」との報道があります。お、「いよいよNISAの非課税期間が延長されるのか」、と一瞬喜びま...

長期積立枠、非常に結構なのですが、なんと、その長期枠が、たったの10年で進める方向との事。

え、10年なら、今のNISAの非課税期間5年にロールオーバー5年を足したのと同じです。

投資額60万円は、「しんたろう」的にはOKなのですが。

2019年に開始されたとして、それが恒久化されるのかどうか?等、詳細は、まだ今後詰めていく段階だと思いますが、なんで、たったの10年なんだろう?

しかも現行NISAとの選択制。

2019年といえば、ちょうどNISA元年の2014年の非課税枠が終了する年。

この時、従来のNISAを選択して、2014年分(非課税枠100万円)をロールオーバーし、非課税期間を5年延長するか、(この時は、2019年分の「積み立てNISA」は使えないという事でしょう。)

あるいは、2014年NISA分は売却、もしくは課税口座に移管し、
従来のNISAで、120万円、5年の非課税枠、または、
「積み立てNISA」で60万円、10年の非課税枠を使うか、

どちらかを選択しなければなりません。

NISAが普及しない理由は、

第1に、多くの人が投資に興味を持っていない事、または、投資は恐ろしいものだと考えている事だと思いますが、

この興味をもっていない多くの方に、さらに複雑な制度を理解してもらおうと思っても、そりゃ難しいですよね。

なぜ、現行のNISAを改善し、単純な非課税期間の延長(たとえ、投資額を減らしてでも)としないのか、「しんたろう」には理解できません。

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする