「積み立てNISA」非課税期間 20年 投資額40万円との報道、さらにNISA一本化も。個人型確定拠出年金(iDeCo)とどちらが得か、よーく考えた方が良いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

先日、「積み立てNISA」非課税期間10年、年間投資額60万円との報道があったばかりですが、

「積み立てNISA」え、非課税期間たった10年?
今朝の日経新聞や日経電子版で、「積み立てNISA」という名称で、非課税期間を長くした新たなNISA制度を、2019年からの実施を目指し検討中...

今朝の日経新聞朝刊、及び日経電子版によると、

非課税期間 20年 年間投資上限 40万円で与党が認める方向と報道されています。

開始時期は2018年1月より。

さらに日経新聞夕刊、及び日経電子版で、

新設が検討されている積立型NISAと現行型の一本化を検討とも報道されています。(一本化の時期は不明)

「しんたろう」の個人的な意見ですが、

年間投資上限40万円と減額されてでも、20年という非課税期間延長の方が好ましいと考えます。一般の方にとって、年間40万の投資額というのは十分すぎる額ではないでしょうか?

そして、NISA一本化も歓迎。よりシンプルな制度になる事を期待しています。一気に、制度の恒久化までいってくれれば文句なし!

*いずれも決まった話ではありません。来年の国会で議論される事になるのかと思います。

積み立てNISAが実現されるとして、それでも個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入すべきか?

所得控除を受けられる方(十分な所得がある方)は個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入し、所得控除の恩恵を受けた方がお得だと思います。

迷うのが、収入のない専業主婦(夫)、無職の方。

個人型確定拠出年金(iDeCo)、結局、加入した方がいいの? 得なの損なの?
下記の記事(↓)で、個人型確定拠出年金(iDeCo)、一時金で受け取る場合、年金で受け取る場合の両方について、拠出時の所得控除、受給時の退職...

個人型確定拠出年金(iDeCo)、最大のデメリットである手数料、さらに、一度加入すると脱退が難しい事、非課税ではなく税の繰延べである事(無職の場合、退職所得控除範囲内に収まる可能性が高いですが、運用がうまくいった場合、課税されることも有り得ます。)、これらを踏まえ、積み立て型NISAと良く比較・検討された方が良いかと思います。

なにせ、NISAは、分かりにくいという批判はあるものの、確定拠出年金(iDeCo)ほど複雑ではないですし、なんといっても、確定拠出年金と違って、完全に非課税ですので。

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする