「積み立てNISA」税制改正大綱に正式に盛り込まれましたが、気になるのは対象商品。また現行NISAのロールオーバーも改善されました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

先日、取り上げた「積み立てNISA」、正式に平成29年度税制改正大綱に盛り込まれました。

「積み立てNISA」非課税期間 20年 投資額40万円との報道、さらにNISA一本化も。個人型確定拠出年金(iDeCo)とどちらが得か、よーく考えた方が良いです。
先日、「積み立てNISA」非課税期間10年、年間投資額60万円との報道があったばかりですが、今朝の日経新聞朝刊、及び日経電子版によると、非課...

平成29年度税制改正大綱

税制改正大綱、自民党のホームページにあります。

その税制改正大綱、なかなか長くてわかりにくい文章なのですが、NISA関連で重要なところを抜き出すと、

1. 少額からの積立・分散投資を促進するための積立NISAを新たに創設する。

2. 投資初心者でも理解できるよう、複数の銘柄の有価証券等に対して分散投資を行うなどの要件を満たし、特定の銘柄等によるリスクの集中の回避が図られた投資信託に商品を限定

3. 複数の制度が並立するNISAの仕組について、少額からの積立・分散投資に適した制度への一本化を検討する。

4. 非課税口座に累積投資勘定を設けた日から同日の属する年の1月1日以後20年を経過する日までの間に~(中略)~所得税及び個人住民税を課さない。

5. 当該期間内の取得対価の額の合計額が40万円を超えないものに限る

6. 非課税口座に設けられた非課税管理勘定に、他の年分の非課税管理勘又は未成年者口座に設けられた非課税管理勘定から移管がさえる上場株式等については、その移管により非課税管理勘定に受け入れる上場株式等の価額(払い出し時の金額)の上限額を撤廃する。

    ~平成29年度税制改正大綱より引用~
*但し、番号の付与、及び赤太文字フォント拡大は「しんたろう」が独自に行ったものです。

積み立てNISA

しっかり、非課税期間20年 40万円限度と明記されています。

時限措置なのかどうかは「しんたろう」には読み取れなかったのですが、、ロイターの報道によると、

積み立てNISAも時限措置で、投資可能期間は2037年まで。

                                                    ~ロイターより引用~

となっています。

非課税期間の20年と同じく、投資期間も20年のようです。

商品の制限

購入できる商品に制限が設けらます。

毎月分配型は対象から外れる事が明記されています。

詳細はまだ分かりませんが、「分散投資」というのが、どこまで指すのか?

きっと、個別銘柄の株式はだめかな?

バランス型ファンドだけになるのかな?

例えば、先進国株式のインデックスファンドで100%というのは、どうなるのでしょう?

投資初心者でも理解できる」という言葉が気になります。

購入できる商品に、あまり過度な制約が付くと、折角の非課税長期投資枠も魅力半減って事になりかねません。

NISAの一本化

NISAの一本化ですが、上記3からすると、積み立てNISAへ一本化のように読み取れます。

「しんたろう」の個人的な推測ですが、現行のNISAは予定通り2023年で終了し、その後は積み立てNISAに一本化されるのかな? 

現行NISA、積み立てNISA、どちらが良いかは、投資スタイル、そして年齢によって好みがわかれるところかと思いますが。

ロールオーバーの上限廃止

現行のNISA、非課税期間の5年経過後、次のNISA枠に繰越し、結果的に10年間、非課税で運用する事が出来ます(ロールオーバー)。ただし、繰越できるのは、5年経過時の時価で120万円までです。

仮に、運用がうまくいって、120万円の投資額が5年後150万円になったとしても、ロールオーバー出来るのは120万円分までです。残りの30万円分は売却するか、課税口座に移さなければなりません。

それが、今回の税制改正大綱の通り実現すれば、丸々ロールオーバー出来るようになります。上記の例では150万円分全て、さらに5年分非課税で運用できるという事です。

NISA もっと良い制度になる可能性も。

今年の税制改正大綱には盛り込まれませんでしたが、現行のNISA制度に批判や不満がある事、金融庁もちゃんとわかっています。

金融庁が今年8月31日に公表した、「金融庁の平成29年度税制改正要望」によると、制度の恒久化や、含み損が出た場合の時価の問題(現行制度では、取得価額ではなく5年経過後の払い出し時の時価となってしまう)なども、含まれています。

これらが、いつ実現するかは分かりませんが、金融庁の頑張りに期待しましょう。

*12月13日追記 三菱UFJ国際投信から詳細な解析レポートが出ていますので、リンクを貼っておきます。

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする