ニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズ 2017年11月決算。ニッセイ外国株式の実質コストは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

ニッセイ・アセットマネジメントが運用する<購入・換金手数料なし>シリーズの下記6ファンドが2017年11月20日に決算を迎え、その運用報告書がアップされましたので、これから最新の実質コストをまとめます。

  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランス(4資産均等型)

また、SBI証券個人型確定拠出年金(iDeCo)で採用されているDCニッセイ外国株式インデックスも、最新の決算結果が出ましたので、合わせて報告します。

<購入・換金手数料なし>シリーズの最新 実質コスト

信託報酬以外のコスト(前期、及び今期、さらに今期、前期の差分)、

今期の信託報酬以外のコストを、最新の信託報酬に加えた実質コスト、

そして、現時点で最安値のファンドの実質コストを下表にまとめます。

*eMAXIS Slimの実質コストは、信託報酬以外のコストがeMAXISと同じと仮定して算出。

 ファンド  信託報酬以外のコスト 実質コスト(@新信託報酬) 実質コスト最安値のファンド
前期 今期 今期-前期
国内債券 0.007% 0.005% -0.002% 0.156% (たわら)
0.153%
JPX日経400 0.019% 0.027% 0.008% 0.238% (iFree)
0.220%
外国債券 0.070% 0.054% -0.016% 0.238% (たわら)
0.201%
(Slim)
0.200%
外国株式 0.120% 0.099% -0.021% 0.303% (たわら)
0.254%
(Slim)
0.211%
グローバルリート 0.104% 0.094% -0.010% 0.386% (たわら)
0.415%
(*)
バランス(4資産均等) 0.056% 0.045% -0.011% 0.281% — 
DCニッセイ外国株式 0.151% 0.103% -0.048% 0.307% (たわら)
0.254%
(Slim)
0.211%

*グローバルリートに記載しているたわらノーロードは先進国リート。

信託報酬以外のコスト、JPX日経400が若干上がっていますが、それ以外は全て前年度より下がっています。

そして、注目の外国株式、0.021%、前年度より下がっています

またDCニッセイ外国株式0.048%と大きく下がっています。

依然、信託報酬以外のコストが高い事は否めず、実質コストでeMAXIS Slimはおろか、たわらノーロードにも及びませんが、徐々にでも下がった点は評価できるでしょう。

外国株式(先進国株式:MSCI Kokusai) 実質コストと騰落率の関係

本サイトでは、実質コストと騰落率の関係(下図)から、ベンチマークとの乖離を評価するようにしています。

ただ、今までの実質コストの値ではニッセイの相関性が若干悪く見えていました。

先進国株式インデックスファンド

そこで、今回更新された実質コストで再度プロットしなおしてみたのが下図。

<購入・換金手数料なし>外国株式DCニッセイ外国株式とも、上図より、より綺麗な相関を示すようになりました。

先進国株式インデックスファンド

そして、これから言える事は、<購入・換金手数料なし>外国株式DCニッセイ外国株式ともベンチマークとの乖離は殆どないという事です。

以上、<購入・換金手数料なし>シリーズの運用報告書、実質コストのまとめでした。

今回の決算結果を反映し、下記記事も更新しました。
参考記事インデックスファンド・コスト比較

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする