全世界の株式に投資する「野村つみたて外国株投信」設定から1カ月の成績は? eMAXIS全世界株式、三井住友・DC全海外株式と比較。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

MSCI All Country World Index(MSCI ACWI 除く日本)をベンチマークとし、(日本を除く)全世界の株式に投資するファンドで超低コストの「野村つみたて外国株投信」、設定からちょうど1カ月が経ちましたので、その運用成績を調べてみます。

参考記事「野村つみたて日本株投信」、「野村つみたて外国株投信」、「野村6資産均等バランス」一般販売開始。

[最終更新日:2017.11.17]楽天証券でも購入可能になりました。

「野村つみたて外国株投信」設定から1カ月のパフォーマンスは?

比較するファンド

野村つみたて外国株投信」と同じく、MSCI ACWI(除く日本)をベンチマークとする下記2本のファンドと比較します。

全世界株式インデックスファンド
 ファンド 信託報酬 実質コスト 
野村つみたて外国株投信 0.2052%  —
三井住友・DCつみたてNISA・
全海外株インデックスファンド
0.2700% 0.354%
eMAXIS 全世界株式インデックス 0.6480% 0.752%

信託報酬で見れば、「野村つみたて外国株投信」が圧倒的に他を凌駕しています。

純資産総額

野村つみたて外国株投信」が設定されたのが2017年10月2日。これから11月2日までの1カ月間の純資産増加額を比較します。

純資産増加額(2017/10/2~2017/11/2)
 ファンド 純資産総額
野村つみたて外国株投信 73百万円
三井住友・DCつみたてNISA・
全海外株インデックスファンド
319百万円
eMAXIS 全世界株式インデックス 335百万円

この1カ月間の純資産総額の伸びは、三井住友・DCeMAXISにはかないませんが、現時点で「野村つみたて外国株投信」の販売先はSBI証券1社、しかも積立購入だけ(スポット購入不可)という状況ですので、これを考慮すれば健闘していると言って良いでしょう。

野村つみたて外国株投信」は基本的に「つみたてNISA」専用として販売するところが多く、来年以降は純資産総額も大きく伸びてくと予想されます。

1カ月間騰落率

2017年10月2日~11月2日と変則的ではありますが1カ月騰落率を比較してみます。

1カ月騰落率(2017/10/2~2017/11/2)
 ファンド 騰落率
野村つみたて外国株投信 3.34%
三井住友・DCつみたてNISA・
全海外株インデックスファンド
3.18%
eMAXIS 全世界株式インデックス 3.31%

野村つみたて外国株投信」の騰落率が最も高くなっています。

ただ、これだけだとベンチマークに対して上方に乖離している可能性も否定できませので、これを信託報酬(の1/12)に対してプロットしてみます。

ACWI 野村つみたて外国株投信

三井住友・DCは論外として(後述)eMAXIS 全世界に対して、野村つみたて外国株投信は傾き-1の線上にのっていることから、概ねベンチマークに連動した運用がなされ、そして信託報酬に応じた高い騰落率になったと推測されます。

設定初期に見られがちなベンチマークとの乖離もなかったと思われます。

*eMAXIS全世界の乖離が少ないという前提のもとでの推測になります。

(備考) 三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンドの大幅乖離

三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド、上図からマイナス側に大幅に乖離していると考えられます。

この乖離については既に↓の記事で検証していますが、折角の機会なので再度、その原因を調べてみます。
参考記事三井住友・DC全海外株式 vs. eMAXIS 全世界株式 徹底比較。

MSCI ACWIは、MSCI Kokusai(先進国株式)とMSCI EM(新興国株式)を合成した指数ですので、各ファンドを先進国株式と新興国株式に分離して比較してみます。

各ファンドの全世界株式ファンドと同じマザーファンドで運用する下記のファンドで検証します。

全世界株式・先進国・新興国株式
インデックスファンド
 ファンド 先進国・新興国ファンド 信託報酬
野村つみたて外国株投信 Funds-i外国株式 0.5940%
Funds-i新興国株式 0.6480%
三井住友・DCつみたてNISA・ 全海外株インデックスファンド 三井住友・DC外国株式S 0.1728%
三井住友・DC新興国株式 0.6048%
eMAXIS 全世界株式インデックス eMAXIS 先進国株式 0.6480%
eMAXIS 新興国株式 0.6480%

先進国株式、新興国株式の1カ月騰落率を上図と同じように信託報酬(/12)でプロットしてみます。

ACWI 野村つみたて外国株投信

先進国株式は3社とも信託報酬に応じた騰落率になっているのに対し、新興国株式は三井住友・DCが大幅にマイナス乖離しています。

三井住友・DC新興国株式の乖離については下記記事も参照して下さい。
参考記事[2017年7月版 新興国株式インデックスファンド] 実質コスト(信託報酬+α)は騰落率に反映されているか?

この新興国株式部分の大幅な乖離が、そのまま三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンドの乖離につながっています。

試しに、

{(先進国株式騰落率+先進国株式信託報酬/12) x 配分比率 + (新興国株式騰落率+新興国株式信託報酬/12) x 配分比率} – 全世界株式信託報酬/12

で全世界株式の騰落率を計算してみると、三井住友・DCeMAXISとも実際の騰落率と一致しました。

まとめ

日本を除く全世界の株式に投資する「野村つみたて外国株投信」、設定から1カ月経っただけですが、今のところベンチマークに連動した運用がなされ、そして低コストの信託報酬に応じた高い騰落率となっています。

順調な滑り出しです。今後、「つみたてNISA」を中心に人気を集めるファンドの一つとなる事でしょう。

現時点で、「つみたてNISA」以外で購入出来るのは楽天証券SBI証券だけです。

公式サイト楽天証券
公式サイトSBI証券

また、「つみたてNISA」では新生銀行等で購入できます。
参考記事新生銀行の「つみたてNISA」、野村つみたて日本株・外国株、野村6資産均等バランスの3本をラインアップ。

インデックス型バランスファンドの一覧は↓の記事にまとめてあります。
参考記事バランス型インデックスファンド徹底比較

各インデックスファンドの一覧(信託報酬、実質コスト、純資産総額など)は↓
参考記事インデックスファンド・コスト比較

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする

コメント

  1. kongkong2017 より:

    野村つみたて外国株の滑り出しは順調でよかったです。
    ネット証券ではSBIでしか取り扱いがなくあまり売り出しに力をいれてないようなので
    地道に浸透していったらいいなと思ってます

    • shintaro より:

      konkong2017さま

      コメント有難うございます。
      野村つみたて外国株投信、「つみたてNISA」以外でも販売会社が増えると良いのですが。
      運用成績については今後もwatchしていきます。
      今後とも弊サイトをよろしくお願い致します。