証券会社

【岡三オンライン証券】国内株式手数料 約定代金20万円以下の手数料が0円(無料)に。

投稿日:2017年12月10日 更新日:

スポンサーリンク

岡三オンライン証券は、2017年12月25日より国内株式取引手数料を改定し、1日の約定代金合計額が20万円以下の手数料が0円になります。(定額プランの場合)

岡三オンライン証券 1日の約定金額合計20万円以下無料

岡三オンライン証券では、1注文ごとに手数料がかかる「ワンショット」と、1日の約定金額合計に対して手数料が決まる「定額プラン」の二つのコースがありますが、今回、引き下げとなるのは「定額プラン」です。

「定額プラン」料金改定の詳細

現物取引では下表のように料金体系が変更になります。

[現物取引]定額プラン(税抜き)
 1日の約定代金合計従来 新料金 
~10万円 99円0円
~20万円 200円 0円
~30万円 350円  350円 
~50万円 500円  500円 
~100万円 800円  800円 
 以降100万円増加毎に500円ずつ増加 500円ずつ増加 

改定となるのは、1日の約定金額が10万円以下、20万円以下の部分で、20万円以下は無料となります。

ワンショット」コースでは、10万円以下 99円、20万円以下 200円がかかりますのでご注意ください。

プランの変更は営業日の12:00までで、変更内容は翌日の注文より適用されます。

尚、今回の改定では、信用取引も20万円以下は無料となります。

主要ネット証券との比較

主要ネット証券の1日の約定合計金額で手数料が決まるプランの料金体系は下表のようになります。

 [現物取引] 1日の約定代金合計(税抜き)
 10万20万30万40万50万60万70万80万90万100万
松井証券03003005005001,0001,0001,0001,0001,000
SBI証券0191286429429762762762762762
楽天証券0191286429429858858858858858
岡三オンライン証券00350500500800800800800800

10万円以下が無料となる証券会社は松井証券楽天証券SBI証券とありますが、無料となる取引金額を20万円まで引き上げたのは岡三オンライン証券が初めてとなります。

その他の証券会社の売買手数料は↓を参照して下さい。
参考記事主要証券会社の国内株式売買手数料比較(現物取引)

最後に

インデックス投資を行っている方にはなじみの薄い岡三オンライン証券ですが、ETFの売買を行っている方で1日の約定金額が10万円では収まらない場合、岡三オンライン証券を利用してみては如何でしょうか?

尚、岡三オンライン証券では投資信託も扱っており、<購入・換金手数料なし>ニッセイiFreeたわらノーロードeMAXIS Slimシリーズもラインアップされています。(各シリーズの中には取扱っていないファンドもあります)

そして100円からの積立、投信ロボなどのサービスも行っています。

また、IPO(新規公開株式)申込が事前入金不要というのもメリットの一つです。

公式サイトと口座開設岡三オンライン証券

国内株式売買手数料については↓の記事も参照して下さい。
参考記事国内株式売買手数料(現物取引)が安い証券会社はどこ? ETFを使ったインデックス投資家も注目!

またIPOに興味のある方は↓の記事を参考にして下さい。
参考記事IPO(新規公開株式) 申込の手順と各証券会社の抽選申込ルールのまとめ。

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-証券会社

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2019 All Rights Reserved.