各アセットクラスと「しんたろう」の運用成績 2017年7月末時点

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

2017年7月末時点の各アセットクラスと「しんたろう」の運用成績をまとめます。

尚、毎月記事にしている本シリーズですが、今月から書式を下記のように大幅に変更しました。

  • 従来、月初の基準価額を見ていましたが、これを月末に変更します。
  • 各アセットクラスのインデックスファンドに加え、人気のバランス型ファンドを一部追加す。
  • 毎月の騰落率だけでなく、直近1年間の運用成績をリスク・リターンのグラフで表記します。

インデックスファンド 各アセットクラスの運用成績 [2017年7月末時点]

代表的なインデックスファンドの基準価額より、各アセットクラスの運用成績をまとめます。

また、人気のひふみプラスセゾン・バンガード・グローバルバランスファンド世界経済インデックスファンド、及び8資産均等型も比較します。

  • 使用したファンド
    • 国内債券、先進国株式、先進国債券、新興国株式、国内REIT、先進国REIT
       : たわらノーロードシリーズ
    • 国内株式(TOPIX) : <購入・換金手数料なし>ニッセイ
    • 先進国債券(ヘッジ有)、新興国債券  : eMAXIS
    • 先進国株式(ヘッジ有) : Funds-i
    • バランスファンド、アクティブファンド : 
      ひふみプラス、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド、世界経済インデックスファンド、eMAXISバランス(8資産均等型)
    • ドル・円為替 : Yahoo!ファイナンスより引用(終値)

*各ファンドの基準価額は各運用会社、及びモーニングスターより引用。リターン・リスク等は「しんたろう」が独自に計算。

2017年7月度の騰落率ランキング

各アセットクラスの1カ月騰落率ランキングです。

*ドルはプラスは円安、マイナスは円高を意味します。
*各アセットクラスの騰落率には、当然、各ファンドのコストが含まれています。

2017年7月度 1カ月騰落率
順位 アセットクラス 騰落率
1 新興国株式 3.86%
2 ひふみプラス 1.74%
3 先進国株式(ヘッジ) 1.34%
4 国内リート 1.21%
5 世界経済インデックスファンド 0.92%
6 8資産均等 0.83%
7 先進国株式 0.74%
8 新興国債券 0.53%
9 国内株式 0.40%
10 セゾン・バンガードGBF 0.02%
11 国内債券 0.00%
12 先進国債券 -0.07%
13 先進国債券(ヘッジ) -0.12%
14 先進国リート -0.22%
為替 ドル円 -1.87%

新興国株式が1位。+3.86%と大きく上昇しています。

一部米国株を組み入れたひふみプラスも引き続き好調です。

大きく円高に振れましたが、それでも先進国株式はプラスを維持、但し、ヘッジ有の方が高い騰落率となっています。

マイナスとなったのは先進国債券(ヘッジ有無)、先進国REITのみ。

今月も総じて順調な1カ月だった言えます。

直近1年間のリスク・リターン (2017年7月末時点)

2017年7月末時点の各アセットクラス(ファンド)のリターン・リスクをグラフにまとめました。

*為替ヘッジ有は(H)と記載。

インデックスファンドのリターン・リスク

直近1年でも、新興国株式、それにレオスのひふみ投信 (ひふみプラス)のリターンが高くなっています。(但し、ひふみプラスはリスクも大)

参考記事レオスが運用する、ひふみ投信・ひふみプラス・ひふみ年金のパフォーマンスってどうなの?

次に続くのが、国内株式先進国株式となっています。

1年リターンがマイナスとなったのは国内債券先進国債券(ヘッジ有)。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド世界経済インデックスファンドの比較では、新興国株式の比率が高い世界経済インデックスファンドの方が勝っています。より詳細は↓の記事を参考にして下さい。

参考記事セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド vs. 世界経済インデックスファンド。過去のリターン・リスクから徹底比較。

他のバランス型インデックスファンドに興味のある方は↓の記事参照して下さい。
参考記事バランス型インデックスファンド徹底比較

「しんたろう」の運用成績

個人型確定拠出年金(iDeCo)NISA/特定口座の合計です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)楽天証券 確定拠出年金を利用しています。「しんたろう」にとって、一時金と年金の併給は必須で、それに対応している楽天証券を選択しました。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の併給の重要性に関しては↓の記事を参照して下さい。
参考記事
【個人型確定拠出年金(iDeCo)】 併給、年金受給年数を含めた受取方法(出口)の重要性。

*尚、バランス型のファンドも若干所有していますが、各バランスファンドの比率に応じて、それぞれのアセットクラスに配分して計算しています。

損益率 & 年利回り

損益率は損益額/総投資額、年利回りはEXCELのXIRR関数を使って計算しています

*損益率は、投資額が変動していますので(途中売却もあり)、あまり意味が無い数字でが。(損益額には確定利益も入れています)

損益率 2017年8月1日
  国内
債券
国内
株式
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
合計
2017年8月 -0.5% 35.7% -0.5% 14.5% 6.2% 12.8% 7.7% 6.4% 14.0%
2017年7月 -0.4% 35.9% -0.7% 14.0% 5.6% 10.3% 6.7% 6.3% 13.5%
2017年6月 -0.3% 33.7% -2.0% 12.7% 4.5% 9.8% 10.1% 3.7% 12.5%
2017年5月 -0.4% 30.1% -3.3% 11.3% 3.3% 9.3% 9.4% 4.3% 11.1%
2017年4月 -1.0% 28.2% -4.9% 10.0% 2.4% 8.3% 10.4% 3.2% 10.0%
2017年3月 -0.5% 30.6% -3.8% 11.5% 2.3% 10.7% 12.9% 6.3% 11.6%
2017年2月 -0.8% 31.5% -4.5% 14.7% 1.7% 14.1% 15.7% 2.9% 13.1%
2017年1月 -0.1% 35.2% -2.1% 18.4% 4.0% 16.7% 15.8% 7.6% 15.9%
2016年12月 -0.9% 14.9% -4.8% 4.7% -2.7% 2.0% 10.6% 0.5% 5.1%
2016年11月 -2.0% 6.5% -9.7% -4.9% -6.8% -1.7% 10.0% -6.2% -1.9%
2016年10月 -2.3% 2.0% -10.7% -6.5% -8.4% -3.6% 12.1% -3.3% -3.6%
2016年9月 -2.3% 1.7% -9.7% -5.1% -7.3% -3.5% 12.1% -0.5% -2.7%
2016年8月 -1.7% 0.8% -10.4% -5.6% -8.1% -5.0% 13.5% 1.3% -3.1%
2016年7月 -1.4% -3.2% -11.7% -10.2% -9.7% -10.9% 14.5% -2.2% -6.7%

年利回り 2017年8月1日
  国内
債券
国内
株式
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
合計
2017年8月 -0.1% 9.3% -0.2% 9.1% 0.5% 4.9% 2.6% 2.9% 4.7%
2017年7月 -0.1% 9.6% -0.3% 9.1% 0.5% 3.9% 2.3% 2.9% 4.5%
2017年6月 -0.1% 9.3% -0.9% 8.7% 0.4% 3.6% 3.6% 1.8% 4.2%
2017年5月 -0.1% 8.6% -1.5% 8.2% 0.3% 3.2% 3.5% 2.2% 3.7%
2017年4月 -0.2% 8.3% -2.3% 5.9% 0.2% 3.3% 3.9% 1.7% 3.0%
2017年3月 -0.1% 9.2% -1.9% 7.1% 0.2% 3.1% 5.0% 3.5% 3.7%
2017年2月 -0.2% 8.6% -2.1% 5.8% 0.1% 2.7% 6.2% 1.7% 3.1%
2017年1月 0.0% 9.4% -1.0% 6.9% 0.2% 2.6% 6.4% 4.5% 5.8%
2016年12月 -0.2% 7.5% -2.4% 3.5% -1.5% 1.3% 5.0% 0.3% 2.8%
2016年11月 -0.5% 4.2% -5.0% -4.5% -3.9% -1.3% 4.9% -4.3% -1.4%
2016年10月 -0.5% 1.4% -5.7% -6.4% -5.0% -2.9% 6.1% -2.3% -2.6%
2016年9月 -0.5% 1.3% -5.2% -5.2% -4.5% -3.0% 6.4% -0.3% -2.1%
2016年8月 -0.4% 0.6% -5.7% -5.9% -5.2% -4.6% 7.6% 1.0% -2.4%

年利回り4%台を継続しています。

昨年末以来、順調に資産を殖やしていますが、勿論、これが順調に続くとは思っていません。大暴落に備えた投資準備金も十分用意しています。

アセットアロケーション

株式、特に先進国株式の比率が高いアセットアロケーションです。リスクも大きくなりますが、これも余裕資金の範囲内で投資しているからこそ出来る事です。

因みに、松井証券投信工房で計算すると、リターン7.8% リスク18.8%となります。

松井証券の口座開設すると、リターン、リスクが簡単に計算できます。口座開設は↓
利用料0円!ロボアドバイザーが資産運用をトータルサポート◆松井証券の『投信工房』◆

アセットアロケーション 2017年8月1日
  国内
債券
国内
株式
先進国
債券
先進国
株式
新興国
債券
新興国
株式
国内
REIT
先進国
REIT
現状 6.0% 13.3% 6.5% 57.1% 0.5% 7.6% 5.4% 3.7%
目標 2% 15% 5% 60% 2% 10% 2% 4%
乖離 +4.0% -1.7% +1.5% -2.9% -1.5% -2.4% +3.4% -0.3%

*国内債券に個人向け国債は含みません。個人向け国債はあくまで安全資金として別に管理しています。

目標とする乖離は5%以内ですので問題ありません。

無理にリバランスする事はせず、現在は、先進国株式・新興国株式のみに投資し、徐々に目標とするアセットアロケーションにもっていきます。

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする