個人型確定拠出年金(iDeCo) 野村證券から楽天証券への移管がようやく終了しました。約2.5カ月かかりました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

個人型確定拠出年金(iDeCo)、11月中旬に野村證券から楽天証券に移管する事を決め、早速、手続きを行い、つい先日、漸く全ての移管手続きが終了しました。

個人型確定拠出年金(iDeCo) 野村證券から楽天証券に移管します。
ここ1カ月ほど悩んでいましたが、個人型確定拠出年金(iDeCo)、今まで加入していた野村証券から楽天証券に移管する事に決めました。SBI証券...

その間、約2カ月半、事前にある程度は予測していたとはいえ、長いですね。

移換手続きの経緯

どのようにして移管手続きが進むのか、その経緯を報告します。

(注意)既に個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入している「しんたろう」が楽天証券に移管した経緯であって、新規加入では無い事に注意して下さい。

1日目 申込書類郵送
4日目 申込書類楽天証券到着
(申込・開設の状況は楽天証券の口座から確認できます)
7日目 国民連合会で審査を行っております。(楽天証券管理画面より)
33日目 JIS&T社から「口座開設のお知らせ」が郵送されてくる。
この時点で、JIS&T社の口座にログイン出来るようになります。野村證券も記録管理はJIS&Tが行っているため、この時点で、JIS&Tに野村證券・楽天証券二つの口座があり、どちらもログイン出来る状態。
34日目 野村證券で12月の定時拠出、買付。
38日目 「楽天証券に年金資産の移管手続きが完了しました。」(楽天証券管理画面より) 
翌日にはe-mailで同様の連絡。

ただし、手続きが完了しただけで、実際の資産は未だ野村證券に。
41日目 野村證券の資産、スイッチングが出来ないようになる。
47日目 野村證券の資産、強制的に売却が始まる。
  この間、お正月休み
61日目 野村證券の資産売却、最後のファンドの受渡日
63日目 JIS&T社から「他制度への移管金 お振込みのご連絡」が郵送。移換日が記載されている。
70日目 移換日だが、何も変化なし。
73日目 夜、楽天証券に資産が移換。野村證券の残高0、楽天証券への入金を確認。ただし、待機資金としての入金で、まだスイッチングは不可。
74日目 夜、待機資金から定期預金に資産移動。(申込書に移管後の資産配分を定期預金としていたので)
これで、スイッチングも可能になり、漸く全ての移管手続きが完了

お正月休みを挟んだとは言え、申込書郵送から、全ての移管が完了するまで74日もかかりました。

なんといっても長いのは、国民年金連合会での審査。年金番号・住所・氏名などがわかっているので、すぐに出来そうなものですが。(お役所仕事。。。)

ただ、定期拠出(毎月の拠出)は、途絶える事はありませんでした。

それと、野村證券の資産の強制的な売却が始まってから、楽天証券で買い戻すことが可能になるまで27日、約1カ月かかっています。この間、資産は遊んでいるだけという事になります。この期間も長いですね。(出す側からすれば、急いでやる仕事ではないし…)

もっと短期間に移管が出来れば、金融機関の変更も気軽に行えるようになるのですが。。。

さて、移管した資産をどうするか?

「しんたろう」の場合、サラリーマン時代、確定給付型の企業年金から企業型確定拠出年金に変更となったため(その後、退職し個人型に移管)、毎月拠出してきた金額をはるかに超える資産が確定拠出年金にあります。

大きな投資資金が手元にある時、一括投資が望ましいと言われる方も多くいますが、NYダウ 2万ドル突破で最高値更新、さらに国内株も、ここ2日大幅に上昇してますし、今、一括投資するのは怖いかな。。。

取りあえず、野村證券時代に既に投資していた金額相当分は、今後、楽天証券で1カ月ぐらいかけて、買い戻していきます。

実は、47日目に野村証券の資産が強制的に売却される前に、半分ぐらいは自分で売却、定期預金にスイッチングしていたのですが、これが裏目に出て、トランプ相場の恩恵を十分に受ける事が出来ませんでした。こうやって購入・売却のタイミングを読むことは「しんたろう」には無理なんです。それなら一括投資すべき、という理屈は理解できます。だけど、そんな勇気(?)のない臆病者なんです。。。

楽天証券のiDeCo 資料請求・申込は ==>楽天証券 確定拠出年金

楽天証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)は、楽天証券の口座がなくても開設できますが、楽天証券の口座を開設する事で、楽天証券にログインするだけで、iDeCoの管理、運用(スイッチング等)が出来るなど便利です。楽天証券の口座開設は==>楽天証券

また、同時に楽天銀行の口座も開設すると、普通預金金利が0.10%(2017年10月現在)となるマネーブリッジが利用できます。楽天銀行の口座開設は==>楽天銀行

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする