楽天証券 個人型確定拠出年金(iDeCo) 運営機関管理手数料を加入後(または移管後)1年間無料へ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

楽天証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)、今まで2017年末までのキャンペーンとして、資産残高によらず運営管理機関手数料を無料としてきました。

しかし、2017年2月7日のプレスリリースによると、

運営管理手数料を加入後または移管完了から1年間は、新規加入者および他の金融機関から移管する全てのお客様を対象に、0円にする事を決定しました。

2017年末という制限がなくなり、「1年間誰でも0円」となるサービス拡充です。

勿論、今まで通り、総資産額もしくは拠出累計額が10万円以上になれば、恒久的に運営管理機関手数料は無料です。

今回の改定により、最低拠出限度額の12,000円の方でも、月9,000円以上拠出すれば(運用益考慮せず)、1年間で10万円以上になるため、事実上、完全無料化に近いといっても良いでしょう

無料化条件の10万円、残高だけでなく、掛金累計(拠出額)でも判定されますので、仮に「1年間誰でも0円」期間中に大きな損失を出した場合でも、確実に無料化条件に達する事が出来ます。

尚、既に、「2017年末まで、手数料0円キャンペーン」が適用されている方も、今回の「1年間誰でも0円」サービスのいずれか有利な条件が適用されますので、ご安心を。

*運営管理機関手数料無料でも、国民年金基金連合会などの手数料として年間2,004円はかかります。

これを受けて、キャンペーンが2017年3月末で終了となるSBI証券も何か動きが無いかな? 期待したいところです。

楽天証券のiDeCo 資料請求・申込は ==>楽天証券 確定拠出年金

SBI証券のiDeCo 資料請求・申込は ==>SBI証券 個人型確定拠出年金

楽天証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)は、楽天証券の口座がなくても開設できますが、楽天証券の口座を開設する事で、楽天証券にログインするだけで、iDeCoの管理、運用(スイッチング等)が出来るなど便利です。楽天証券の口座開設は==>楽天証券

また、同時に楽天銀行の口座も開設すると、普通預金金利が0.10%(2017年10月現在)となるマネーブリッジが利用できます。楽天銀行の口座開設は==>楽天銀行

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする