【楽天証券】出金機能拡充。指定日出金や配当金の自動出金が可能になります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

楽天証券は、2018年2月11日より、証券口座から銀行口座への出金機能を拡充すると発表しました。

楽天証券 出金機能拡充の詳細

指定日出金

銀行口座への出金指示を、最長20営業日先の日付まで指定して出すことが可能になります。

(使用例) 国内株式売却時に、売却・約定後すぐに出金指示を出す事が可能になり、受渡日に銀行に出金されます。

国内株式の配当自動出金

あらかじめ設定しておけば、国内株式の配当金が自動的に銀行に出金されます。

NISAで配当金を非課税で受け取るには、証券口座で受け取る(株式数比例配分方式)必要がありましたが、今回のサービスを使用すれば、一度証券口座に入金後、自動的に銀行に出金する事が出来ます。

配当金を毎回、生活用銀行口座等に出金されている方には便利なサービスかと思います。

マネーブリッジ・自動入出金(スイープ)の方が便利でお得

従来からあるマネーブリッジ・自動入出金(スイープ)なら、楽天証券にある資金が、自動的に楽天銀行に出金されます。

そして楽天銀行の普通預金として0.10%(年利)の利息がつきます。

楽天銀行なら、ハッピープログラムのランクを上げる事で振込手数料を無料に出来るなど、メインの銀行口座としても十分使えます。

参考記事楽天銀行 その魅力を徹底解説

楽天証券 公式サイト 楽天証券

楽天銀行 公式サイト 楽天銀行

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする