証券会社

【楽天証券】国内株式手数料(いちにち定額コース)、10万円以下が0円(無料)となります。

投稿日:2017年8月18日 更新日:

先ほど発表のあったSBI証券に続き、楽天証券も国内株式手数料を大幅に引下げし、10万円以下が0円(無料)となります。

参考記事【SBI証券】国内株式手数料(アクティブプラン)、10万円以下が0円(無料)となります。

[最終更新日:2018.10.25]ワンショットコースの廃止。
[2017.11.23]SBI証券の手数料引き下げを受けて更新しました。
[2017.11.21]超割コースの手数料引き下げを受けて更新しました。

スポンサーリンク

楽天証券の国内株式手数料 引下げの詳細

引下げ内容

いちにち定額コース(1日の約定金額に応じて手数料が決まるコース)を選択した場合、1日、10万円以下の取引(約定金額)であれば0円(無料)となります。(従来は税抜き429円)

さらに、従来、いちにち定額コースでは、50万円まで一律429円でしたが、これを細分化し、上記のように無料となる10万円まで、そして20万円まで191円、30万円まで286円となります。(全て税抜き)

 

引下げ日

2017年9月1日(金)より

 

注意事項

今回の引下げの恩恵を受ける為には「いちにち定額コース」を選択しなければなりません。

ログイン後、【お客様情報の設定・変更】→【申込が必要なお取引】の画面で、【国内株式 手数料コース】のところで、変更を行ってください。

「超割コース」、「いちにち定額コース」、「ワンショットコース」から選択する事になります。

1日の約定金額が10万円以下の場合は「いちにち定額コース」がお得ですが、10万円超の場合、どちらが得になるかは、約定数、約定金額に応じて様々です。(下表参照)

その日の取引予定に応じて、こまめにプランを変更するのが良いかと思います。

[2018.10.25追記]2018.11.26よりワンショットコースが廃止、超割コースに統合されます。

 

新手数料

2017年9月1日(金)以降の手数料は下表のようになります。SBI証券とも比較します。(税抜き表示、現物取引)

赤いセルが今回改定になった部分です。

*超割コースは2017.12.25からの手数料です。
*SBI証券 スタンダードプランは2017.12.22からの手数料です。

 楽天証券SBI証券
 超割コースいちにち定額コーススタンダード
プラン
アクティブ
プラン
5万円まで50円0円50円0円
10万円まで90円0円90円0円
20万円まで105円191円105円191円
30万円まで250円286円250円286円
50万円まで250円429円250円429円
100万円まで487円858円487円762円
150万円まで582円2,000円582円以降100万円増加毎に400円
200万円まで921円2,000円921円
3,000万円まで921円以降100万円増加毎に1,000円921円
3,000万円超973円973円

1約定毎に手数料がかかる「超割コース」(楽天証券)、「スタンダードプラン」(SBI証券)は従来より全く同じ手数料、(それぞれ2017年12月25日、22日から引き下げられます。上表は引下げ後の手数料に更新しています)

1日の約定代金に応じて手数料が決まる「いちにち定額コース」(楽天証券)、「アクティブプラン」(SBI証券)は、従来は圧倒的にSBI証券の方が安かったのですが、今回の改定により50万円までは、楽天証券・SBI証券と同じになりました。

公式サイト楽天証券

他の証券会社の国内株式手数料は↓の記事を参照して下さい。
参考記事国内株式売買手数料比較(現物取引)

参考記事国内株式売買手数料(現物取引)が安い証券会社はどこ? ETFを使ったインデックス投資家も注目!

今回の10万円以下無料化は、インデックス投資家にとっても、ETF購入で大きなメリットがあります。
参考記事国内株式(TOPIX)、信託報酬低コスト化の中でもETFのメリットはあるのか?

 

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-証券会社

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2019 All Rights Reserved.