ファンドニュース・新規設定ファンド

【楽天・バンガード・ファンド】全世界株式など(実質的な)信託報酬引下げ。(バンガードETF経費率改定を反映)

投稿日:2019年3月11日 更新日:

楽天投信投資顧問は、楽天・バンガード・ファンド 6本の実質的な信託報酬を引き下げると発表しました。

対象となるファンドは、

スポンサーリンク

楽天・バンガード・ファンド (実質的な)信託報酬引下げの詳細

今回の実質的な信託報酬引下げは、投資先バンガードETFの経費率改定を反映したものです。

信託報酬引下げ日

2019年2月26日

 

バンガードETFの経費率改定

ETF従来改定後下げ幅
[全世界株式]
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF【VT】
0.10%0.09%-0.01%
[新興国株式]
バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF【VWO】
0.14%0.12%-0.02%
[米国高配当株式]
バンガード・米国高配当株式TF【VYM】
0.08%0.06%-0.02%

 

楽天・バンガード・ファンドの信託報酬引下げ

上記バンガードETFの経費率低下の分だけ楽天・バンガード・ファンドの実質的な信託報酬が引き下げられます。

*信託報酬は税込み表示

ファンド従来改定後下げ幅
全世界株式0.2296%0.2196%-0.01%
新興国株式0.2696%0.2496%-0.02%
米国高配当株式0.2096%0.1896%-0.02%
バランス(株式重視型)0.2446%0.2376%-0.007%
バランス(均等型)0.2546%0.2496%-0.005%
バランス(債券重視型)0.2646%0.2616%-0.003%

 

eMAXIS Slimシリーズへの影響は?

「業界最低水準の運用コストを目指し続ける」eMAXIS Slimシリーズの動向が気になるところですが、

eMAXIS Slim 全世界株式新興国株式は、SBI・雪だるまに対抗し、既に楽天バンガードより低い信託報酬となっているため、今回の楽天バンガードの引下げは影響しないでしょう。

また、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)楽天・全米株式が対抗ファンドですが、今回の引下げの対象となっておらず、これも関係ありません。(投資先VTIの引下げがあるとしたら4月末頃かと思います)

 

以上、楽天・バンガード・ファンド信託報酬引下げのニュースでした。

尚、今回の公式発表では取り上げられていませんが、楽天証券 iDeCoで取扱っている楽天・インデックス・バランス(DC年金)も15%をバンガードVTに投資しており、実質的な信託報酬が従来の0.2078%から0.2058%程度に引き下げられるでしょう。(後日、交付目論見書で0.2058%に下がっている事を確認)

 

主なインデックスファンドの信託報酬・実質コストは下記記事を参照して下さい。(今回の楽天バンガードの引下げも反映済)

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-ファンドニュース・新規設定ファンド

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2019 All Rights Reserved.