ファンド運用状況チェック & 決算報告

楽天・バンガード・ファンド(全米株式/全世界株式/新興国株式)の2017年12月の月次レポート。

投稿日:2018年1月18日 更新日:

気軽にバンガードETFに投資できるファンドとして注目を集めている楽天・バンガード・ファンド

  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド (設定日:2017年9月29日)
  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド (設定日:2017年9月29日)
  • 楽天・新興国株式インデックス・ファンド (設定日:2017年11月17日)

参考記事「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」「楽天・全米株式インデックス・ファンド」新規設定。VTやVTIに気軽に投資可能!

参考記事「楽天・新興国株式インデックス・ファンド」楽天バンガード・ファンドに新興国株式が追加。VWOに投資。

設定当初の1カ月は大きなマイナス乖離を起こしてしまいました。
参考記事楽天・バンガード(楽天・全米株式インデックス・ファンド、楽天・全世界株式インデックス・ファンド)の最初の月次レポート(2017年10月)。

全米株式、全世界株式は設定から3カ月、新興国株式は2カ月目となる2017年12月の運用成績はどうだったでしょうか?

月次レポート(2017年12月)がアップされましたので、その内容を確認します。

全て2017年12月末時点のデータとなります。

公式サイト、引用元楽天投信投資顧問 

*月次レポートには騰落率が小数点第1位までしか表示されていない為、実際の基準価額から独自に計算し小数点第2位まで表記しました。
*ベンチマーク騰落率は月次レポート記載の値。
*乖離は、月次レポート記載のファンド、ベンチマーク騰落率の差。

スポンサーリンク

楽天・全米株式インデックス・ファンド

楽天・全米株式インデックス・ファンドのベンチマークはCRSP USトータル・マーケット・インデックスです。バンガードのVTIに投資するファンドです。

騰落率とベンチマークとの乖離

楽天・全米株式インデックス・ファンド
  ファンド
騰落率 
ベンチマーク
騰落率
乖離
2017年10月 +1.76% +2.3% -0.5%
2017年11月 +1.39% +1.4% 0%
2017年12月 +3.08% +3.2% -0.1% 
設定来 +6.35%  +7.1% -0.7% 

設定当初の10月は-0.5%と大きな乖離を起こしましたが、11月は0%、そして12月は-0.1%と、だいぶ安定した運用になってきているようです。

純資産総額

純資産総額の推移を見てみます。

1カ月間の実質増減額は、
(当月末の純資産総額) - (前月末の純資産総額) x (1+騰落率)
で計算しています。

楽天・全米株式インデックス・ファンド
 ファンド 純資産総額 (億円) 1カ月間の実質増減額(億円)
2017年9月29日 0.05 ---
2017年10月31日 11.31 11.26
2017年11月30日 23.86 12.39
2017年12月29日 37.71 13.11

毎月10億円以上の資金流入があり、さらに、月毎に徐々に増えていく傾向が見えます。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド

楽天・全世界株式インデックス・ファンドのベンチマークはFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスです。バンガードのVTに投資するファンドです。

騰落率とベンチマークとの乖離

楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  ファンド
騰落率 
ベンチマーク
騰落率
乖離
2017年10月 +1.37% +2.2% -0.8%
2017年11月 +0.74% +0.9% -0.2%
2017年12月 +2.91% +2.9%  0%
設定来 +5.09% +6.2% -1.1%

10月は-0.8%と大きな乖離を起こしましたが、11月は-0.2%、そして12月は0%と、全米株式同様、安定した運用になってきました。

純資産総額

純資産総額の推移を見てみます。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド
 ファンド 純資産総額 (億円) 1カ月間の実質増減額(億円)
2017年9月29日 0.05 ---
2017年10月31日 6.13 6.08
2017年11月30日 11.88 5.70
2017年12月29日 17.44 5.21

楽天・全米の1/2程度ですが、毎月5億円以上の資金流入があります。ただ、徐々に減っていく傾向が見えます。

楽天・新興国株式インデックス・ファンド

楽天・新興国株式インデックス・ファンドのベンチマークはFTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)です。バンガードのVWOに投資するファンドです。

騰落率とベンチマークとの乖離

楽天・新興国株式インデックス・ファンド
 ファンド ファンド
騰落率 
ベンチマーク
騰落率
乖離
2017年11月 -0.60% +0.7% -1.3%
2017年12月 +3.25% +2.6%  +0.6% 
設定来 +2.63% +3.3% -0.7%

*2017年11月は9日間だけの結果です。

12月末時点で設定から約1.5カ月。12月も+0.6%と大きな乖離を起こしており、安定するには、もう少し時間がかかるようです。

純資産総額

純資産総額の推移を見てみます。

楽天・新興国株式インデックス・ファンド
 ファンド 純資産総額 (億円) 1カ月間の実質増減額(億円)
2017年11月17日 0.05 ---
2017年11月30日 0.90 0.90
2017年12月29日 2.25 1.32

まだ2億円ですが、2017年12月は1億円以上集めており、これから徐々に増えていくと期待できます。

ただ、新興国株式では、(ベンチマークは異なりますが)2017年12月でeMAXIS Slimが4億円以上集めており、これに比べると小さくなっています。

参考記事【新興国株式インデックスファンド】2017年のベスト・ファンド、そして2018年おすすめのファンドは?

まとめ

以上、楽天・バンガード・ファンドの2017年12月、月次レポート、及び純資産総額のまとめでした。

設定当初は大きな乖離を起こした「楽天・全米株式インデックス・ファンド」、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」ですが、12月になり、ほぼ安定した運用になってきています。

一方、設定から1カ月半程度の「楽天・新興国株式インデックス・ファンド」は未だ大きな乖離を起こしています。しばらく様子を見た方が良いでしょう。

[注意] 月次レポートからベンチマーク騰落率を引用していますが、そのベンチマークが配当含む(グロス、ネット)・除くなのか情報がない事、及び、月次レポートには小数点第1位までしか記載されていない事から、ここで示した「乖離」は厳密な値ではありません。だいたいの目安と考えて下さい。

 

楽天・バンガード・ファンドは楽天証券で購入すると年率0.048%のポイント還元がありSBI証券の0.03%より有利になります。
公式サイト楽天証券

また、楽天・全米株式全世界株式は楽天証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)でも購入する事が出来ます。

楽天証券iDeCo 公式サイト楽天証券 確定拠出年金

楽天証券 個人型確定拠出年金(iDeCo)の詳細は↓を参照して下さい。
参考記事楽天証券 個人型確定拠出年金(iDeCo)の全商品を解説します。

 

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-ファンド運用状況チェック & 決算報告

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2018 All Rights Reserved.