「楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド」楽天バンガード・ファンドにVYMに投資する米国高配当株式が追加。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

楽天投信投資顧問(株)より、楽天・バンガード・ファンドシリーズの第4弾として「楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド」が新規に設定されます。

愛称は楽天・バンガード・ファンド(米国高配当株式)となります。

参考記事「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」「楽天・全米株式インデックス・ファンド」新規設定。VTやVTIに気軽に投資可能!

参考記事「楽天・新興国株式インデックス・ファンド」楽天バンガード・ファンドに新興国株式が追加。VWOに投資。

「楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド」の詳細

ファンドの基本情報

  楽天・米国高配当株式
インデックス・ファンド
設定日 2018年1月10日
投資形態 ファミリーファンド(マザーファンドがETFに投資しますので実質的にファンド・オブ・ファンズ)
インデックス FTSEハイディビデンド・イールド・インデックス
投資国 米国
投資ETF バンガード・米国高配当株式ETF [VYM]
ETF経費率 0.08%
購入時手数料 無  
信託財産留保額 無  
信託報酬 0.1296% 
実質的な信託報酬 0.2096%

信託報酬としては、全世界株式、全米株式、新興国株式と同じ0.1296%、それにVYMの経費率0.08%が上乗せされ、実質的な信託報酬は0.2096%となります。

ファンドの詳細

楽天・米国高配当株式インデックス・ファンドは米国ETFであるVYMに投資するファンド・オブ・ファンズです。(厳密にはマザーファンドである楽天・米国高配当株式インデックス・マザーファンドがVYMに投資するファミリーファンド方式)

ETFの経費率を加えた信託報酬が0.2096%と超低コストです。

バンガード・米国高配当株式ETF[VYM]とは?

投資する米国ETF VYM、そのインデックスであるFTSEハイディビデンド・イールド・インデックスは、米国大型株の中でも予想配当利回りが市場平均を上回る約400銘柄から構成されている指数です。

引用バンガードETF

分配金課税

今回新規設定となる楽天・米国高配当株式インデックス・ファンドは、米国内だけに投資しますので、VYMの分配金に対して米国のみで源泉徴収された後、ファンド内で再投資されます。そして楽天・米国高配当株式インデックス・ファンドが分配金を出さない方針の場合、最終的には譲渡益として国内で課税されます。

直接米国株式に投資する国内ファンドと同等で、楽天・米国高配当株式インデックス・ファンドが不利になる事はないと考えられます。

参考記事国内インデックスファンド vs. 海外ETF(米国籍ETF) お得なのはどちら?

楽天・バンガード・ファンド ラインアップ一覧

今回の楽天・米国高配当株式インデックス・ファンドの新規設定で、楽天・バンガード・ファンドは4本となります。

ファンド  ETF  ETF
経費率 
信託報酬  実質的な
信託報酬
楽天・全世界株式 VT  0.11% 0.1296% 0.2396%
楽天・全米株式  VTI  0.04% 0.1296% 0.1696%
楽天・新興国株式   VWO  0.14%  0.1296% 0.2696%
楽天・米国高配当株式 VYM  0.08%  0.1296% 0.2096%

直接バンガードETFを購入するか、それとも0.1296%余計にコストはかかりますが、気軽に、そして分配金を自動的に再投資してくれる楽天・バンガードを購入するかは、それぞれの方の考え方次第かと思います。

参考記事バンガードETFの直接投資と楽天・バンガード・ファンド、年間手数料どちらがお得?

販売会社

楽天証券マネックス証券で2018年1月10日より、SBI証券で2017年1月12日より販売開始されます。

まとめ

新規に設定される「楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド」、手軽にバンガードETFであるVYMに投資出来、しかも実質的な信託報酬が0.2096%と超低コストです。

購入は楽天証券SBI証券

インデックスファンドの一覧、信託報酬・実質コストは↓にまとめてあります。
参考記事インデックスファンド・コスト比較

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする