SBI証券・楽天証券 個人型確定拠出年金(iDeCo) 運営管理機関手数料を無条件で無料に。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

SBI証券、楽天証券の2社とも、個人型確定拠出年金(iDeCo)運営管理機関手数料(口座管理手数料)無条件で無料にすると発表しました。

*2017年5月18日 SBI証券の無料化は日経新聞朝刊、及び日経電子版で報じられましたが、先ほどSBI証券より公式に発表、さらに楽天証券も同時に無料化を発表しました。

また、加入時・移管時手数料(国民年金基金連合会の手数料は必要)、運営管理機関変更時手数料も無料となります。

SBI証券、楽天証券 iDeCo 運営管理機関手数料無料の詳細

従来、運営管理機関手数料無料化の条件として、(キャンペーン終了後は)SBI証券50万円、楽天証券10万円以上という制約がありましたが、この条件が両社とも撤廃されます。

SBI証券 

2017年5月19日より「SBI証券はiDeCoの手数料がみんな0円」として、

無条件で運営管理機関手数料が無料となります。残高に関わらずどなたでも無料です。

既に、加入されている方にも適用されます。

勿論、国民年金基金連合会、事務委託先金融機関(信託銀行)への手数料は必要です。

楽天証券 

2017年5月18日より「iDeCo運営管理手数料改定! 条件なしで誰でも0円に!」として、

無条件で運営管理機関手数料が無料となります。残高に関わらずどなたでも無料です。

既に、加入されている方にも適用されます。

SBI証券、楽天証券の新料金体系

両社とも同じ料金体系となり、まとめると下表にようになります。

SBI証券・楽天証券 iDeCo 年間手数料 (税込)
  加入者 運用指図者
国民年金基金連合会 1,236円  0円
事務委託先金融機関 768円 768円 
運営管理機関
(SBI・楽天証券)
無料 無料
合計 2,004円 768円

また、加入時・移換時手数料、及び、運営管理機関変更時手数料についても無料となります。

SBI証券・楽天証券 iDeCo 加入・移換・変更手数料 (税込)
  加入時・移換時 運営管理機関変更時
国民年金基金連合会 2,777円 — 
運営管理機関(SBI・楽天証券) 無料 無料
合計 2,777円 無料

まとめ

SBI証券楽天証券が同時に、無条件での運営管理機関手数料無料化を発表し、これで、両社の主な手数料は全く同じとなりました。(還付手数料など異なるところもあります)

後は、商品ラインアップ給付制度等で、お好みの証券会社を選択すれば良いかと思います。

SBI証券楽天証券iDeCoの比較は↓を参照して下さい。(新料金体系に更新済)

[完全版] 個人型確定拠出年金(iDeCo) SBI証券、楽天証券、イオン銀行、マネックス証券 徹底比較。
個人型確定拠出年金(iDeCo)、無条件で運営管理機関手数料無料、そして低コスト(信託報酬)のファンドをラインアップしたSBI証券、楽天証券...

他の証券会社を含めて比較したい方は↓を参照して下さい。(新料金体系に更新済)

個人型確定拠出年金(iDeCo) 金融機関 徹底比較
2017年より殆どの方が加入できるようになった個人型確定拠出年金(iDeCo)、どこの金融機関で加入するか迷われている方も多いかと思います。...

SBI証券楽天証券、または他の金融機関を含めて、先ずは、各金融機関の資料を取り寄せ、よく検討されることをお勧めします。

SBI証券のiDeCo 資料請求・申込は ==>SBI証券 個人型確定拠出年金

楽天証券のiDeCo 資料請求・申込は ==>楽天証券 確定拠出年金

楽天証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)は、楽天証券の口座がなくても開設できますが、楽天証券の口座を開設する事で、楽天証券にログインするだけで、iDeCoの管理、運用(スイッチング等)が出来るなど便利です。楽天証券の口座開設は==>楽天証券

また、同時に楽天銀行の口座も開設すると、普通預金金利が0.10%(2017年10月現在)となるマネーブリッジが利用できます。楽天銀行の口座開設は==>楽天銀行

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする