高金利定期預金、振込手数料無料が魅力のSBJ銀行、そのサービスと口座開設手順を解説します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

SBJ銀行

定常的に定期預金金利が高く、そしてキャンペーン時の超高金利定期預金、さらには振込手数料無料などメリットの多いSBJ銀行、そのサービス詳細と口座開設手順を解説します。

SBJ銀行とは。

SBJ銀行の概要

韓国の大手銀行、新韓銀行グループの日本現地法人。新韓銀行の100%出資で、2009年1月に設立された銀行です。

預金保険制度の対象です。

韓国、外資系の銀行という事で心配になる方も多いかと思いますが、円預金は預金保険制度の対象です。

即ち、SBJ銀行がもし破綻するような事があっても、預金者1人当たり元本1,000万円までと、その破綻日までの利息が保護されます。

日本の銀行と全く同じです。1,000万円までならば安心して預け入れる事が出来ます。

ただ、これはどこの銀行でもそうですが、外貨預金等は保証の対象外ですのでご注意ください。

*「しんたろう」は、どこの銀行であろうとも1,000万円を超える預金をする事はありません。例えメガバンクでも。

本店・支店

本店は東京都港区、

支店は東京、横浜、名古屋、大阪、神戸、福岡にあります。

ネットバンキング(SBJダイレクト)で全国どこからでも口座開設可能

支店は主要都市にしかありませんが、「SBJダイレクト」という名称のインターネット・バンキングがありますので、全国どこからでも口座開設が可能です。

口座開設方法は後述しますが、簡単、かつ短期間で開設できます。

勿論、SBJダイレクトは無料で利用出来ます。

SBJ銀行のサービス

高金利定期預金

何と言っても最大の魅力は高金利の定期預金。さらにキャンペーン時の超高金利定期預金も見逃せません。

金利一覧

現時点(2017.10.9)での主な定期預金金利(通常時、キャンペーン非適用)です。

期間 金利
1週間 <なのかちゃん> 0.10%
1,3,6カ月 0.05%
1年 0.15%
2年 0.20%
3年 0.25%
5年 0.30%
1年 100万円上限
<ミリオくん>
0.20%
2年 100万円上限
<ミリオくん2>
0.25%

一部の超高金利信用金庫、地方銀行にはかないませんが、それでもネット専業銀行などより十分高い金利です。

*3、5年の定期預金の金利がかなり高くなっていますが、本サイトでは、今後インフレになってもすぐに対応できるよう長期の定期預金はお勧めしていません。(と言い続けて、10年、20年とたってしまったわけですが)

100万円限定定期預金、<ミリオくん>、<ミリオくん2>

注目は、100万円と上限があるものの、高金利の1年定期<ミリオくん>、2年定の<ミリオくん2>です。

他の銀行の100万円限定定期預金と併用、そして家族で口座開設すれば、かなりの資金を高金利で運用する事が出来ます。

他の銀行の100万円限定定期預金は下記の記事を参照して下さい。
参考記事100万円限定定期預金で高金利をゲットしよう!

一部解約可能な「ひきだし君」

多くの銀行定期預金は、途中お金が必要になり中途解約する場合、その全額を解約せざるを得ません。勿論、解約時の利率は中途解約利率が適用され、当初の金利より大幅に低くなります。

SBJ銀行が取扱っている定期預金「ひきだし君」は、当初預け入れした金額の半分までなら、定期預金を解約する事無く、何回でも引き出せる(1万円単位)という便利なものです。

勿論、途中引出した部分の金利は低下しますが、最終的に満期まで預けた金額には当初の金利が適用されます。

尚、「ひきだし君」の金利(満期まで保有した分)はスーパー定期預金(上表)と同じです。

超高金利なキャンペーン

キャンペーン時の金利が高いのもSBJ銀行の魅力の一つです。

現在(2017年10月9日時点)実施中のキャンペーンの一例をご紹介すると、

期間2年の100万円定期預金<ミリオくん2>が新規口座開設者は0.80%、既に口座を持っている方でも0.50%と超高金利です。

詳細は↓の記事を参照して下さい。
参考記事【SBJ銀行】ハッピーキャンペーン。2年定期 0.80%(100万円まで)など高金利定期預金キャンペーン開始。

他行宛て振込手数料が無料

SBJダイレクトをご利用の方は、

無条件で他行宛て振込手数料が月7回まで無料となります。

*8回目からは1回216円
*楽天銀行・ジャパンネット銀行宛ての振込手数料無料回数は合計月3回まで

尚、SBJ銀行間の振込は回数制限なく無料となります。

他の銀行の振込手数料無料回数とその条件は↓
参考記事主な銀行の他行宛て振込手数料無料の条件の比較。

無料で使えるATMが多数

SBJ銀行の支店にはATMがありませんので、提携ATMを使用する事になりますが、多くの無料で利用可能な提携ATMがあります。

下記のATMが全日(休日・時間外含む)、無料で利用できます。

但し、一部ATMでは引出し回数に制限があります。預入や残高照会は回数制限無です。

SJB銀行キャッシュカード、無料で利用可能なATM
無料で利用可能なATM ゆうちょ イオン Enet セブン みずほ
引出し回数制限 月3回  制限無  月10回  制限無  月3回

これだけのATMが全日、無料で利用出来たら、そう困る事はないでしょう。

他の銀行の対応ATM一覧は↓
参考記事ネット銀行・支店 引出し可能な主なATM

SBJ銀行の口座開設手順

SBJ銀行の口座開設、ネット、郵送、店頭で開設できますが、ここでは最も簡単なネットでのオンライン口座開設について説明します。

他の銀行と開設手順が若干異なります。

尚、開設にかかる日数は実際に「しんたろう」が口座開設した時のものです。その時の混雑状況などに応じて前後する事もある事をご承知おきください。(因みに「しんたろう」が開設した時は比較的混んでいると言われた時期です。)

とにかく簡単(手書き無)、かつ早いんです。

ネットで申込 (0営業日目)

SBJ銀行公式サイトから、「口座を開設する」–> 「ネットでお申し込み・郵送不要」「オンライン口座の手続き開始」をクリックします。

各規約等のPDFファイルを読んで、各種確認事項をチェックした後、住所・氏名・メールアドレス等を入力します。

そして、他行とちょっと異なるのは、この時点で最初に預け入れる商品、預金金額を指定します。

SBJ銀行 口座開設

上記例では、<ミリオくん2>を申し込んだ場合です。預金金額も入力します。

預金金額は10万円以上である必要があります。

さらに、認証方式を選択します。認証方式には、暗証番号が書かれたSBJダイレクトカードOTPトークンを選択します。

安全性を重視するならOTPトークンですね。最初に申し込むと無料で発行してくれます。(トークンの欠点としては、いざ取引しようとした時、電池切れで取引出来ない可能性がある事かな。)

SBJ銀行 口座開設

次の画面で暗証番号・パスワードを入力し申込完了です。

直ぐにSBJ銀行から「口座開設受付のお知らせ」というメールが届きます。

資金入金 (2営業日目)

「定期預金作成資金ご入金先のご案内」というメールが来ます。

入金先(SBJ銀行)の口座番号が記載されていますので、そこに、口座開設時に記入した預金金額を振り込みます。

当初の預金金額より多く振込すると、申込んだ金額で定期預金を作成し、残金は普通預金に入金されますが、少ない場合は追加で振込が必要になりますので注意して下さい。

尚、この時の振込手数料は自己負担になりますので、振込手数料無料の銀行を使って振り込みましょう。

本人限定受取郵便の到着 (4営業日目)

日本郵便から「本人限定受取郵便」到着のお知らせが届き、郵便局に連絡し受取日を伝えます。受取時には、免許証等の身分証明書の提示が必要となります。

受取った郵便物には、SBJダイレクトカード、またはトークンが同封されています。

この時点で、SBJ銀行の口座にログイン出来るようになります。

実際にログインしてみると、既に定期預金が作成されており、預入日は、資金を入金した日となっていました。

即ち、ネットでの口座申込から2営業日で定期預金作成が行われたという事です。

「しんたろう」は多くの銀行の口座をネットで申し込んできましたが、こんなに早いのは初めてです。

但し、この時点で、他行からの振込金受取を含む取引は未だ出来ません。(SBJ銀行が郵便局から本人確認事項のデータを受信してから取引可能)

キャッシュカードの受取 (8営業日目)

SBJ銀行

キャッシュカードが簡易書留郵便で届きます。

これで、全ての手続きが終了、取引も自由に行えます。

まとめ

以上、SBJ銀行の口座開設の解説でした。

手書き書類、身分証明書のコピー、郵送、捺印等、一切不要で口座開設が出来ます。

そして、定期預金作成まで2営業日、全ての取引が可能になるのまで8営業日という驚きの早さです。

(かかった日数は、あくまで「しんたろう」の場合であり、かつ全ての手続き・振込・郵便物の受取を即日に行った場合である事に注意して下さい。)

最後に

以上がSBJ銀行の解説になります。

高金利の定期預金に加え、無条件で振込手数料無料(月7回まで)、多くの無料で使えるATMと、利便性にも優れた銀行ですので、口座開設してみては如何でしょうか?

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする