三井住友トラスト・アセットマネジメンント「世界経済インデックスファンド」 2017年1月決算 運用報告書のまとめ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

三井住友トラスト・アセットマネジメンント、世界経済インデックスファンドの3ファンドが2017年1月20日に決算を迎え、その交付運用報告書がアップされましたので、その内容を確認します。

今回決算を迎えたのは下記の3ファンドです。

  • 世界経済インデックスファンド
  • 世界経済インデックスファンド(債券シフト型)
  • 世界経済インデックスファンド(株式シフト型)

世界経済インデックスファンドは株式50%:債券50%:、債券シフト型は株式25%:債券75%、株式シフト型は株式75%:債券25%の比率で投資するバランス型ファンドです。地域別のGDP総額の比率を参考に組み入れ比率が決定されます。

詳細は↓の記事を参考にして下さい。

 

*インデックスファンド・コスト比較のページも最新情報に更新しました。

運用報告書のまとめ

*コスト等は全て税込みで表示してあります。

  世界経済インデックスファンド 債券シフト型 株式シフト型
決算日 17.1.20 17.1.20 17.1.20
信託報酬 0.540% 0.486% 0.594%
実質コスト
()内は前年度
0.631%
(0.637%)
0.562%
(0.571%)
0.698%
(0.705%)
実質コスト – 信託報酬
()内は前年度
0.091%
(0.097%)
0.076%
(0.085%)
0.104%
(0.111%)
期中騰落率
()内は前年度
10.24%
(-10.98%)
5.76%
(-9.92%)
14.76%
(-12.23%)
バランスファンドという事でベンチマーク騰落率は記載されていません。
純資産総額 [百万円] 22,647 675 3,606

実質コストは、前年度より僅かですが下がっています。

インデックスファンドで重要となるベンチマークとの乖離、バランス型という事で記載されていません。バランス型と言えども、各アセットクラスのベンチマークは存在しますので、それで計算出来る筈ですが。。。

もっとも運用報告書に記載されるベンチマークとの乖離は、ベンチマークそのものが、配当有無、配当課税有無(ネット・グロス)とバラバラの状況では、あまり意味を成しませんが。
(↓の記事を参照して下さい)

各アセットクラスのインデックスファンドのベンチマーク(配当有無、配当込の場合グロス、ネット)、及びその騰落率をまとめました。
はじめに各アセットクラス毎に多くのインデックスファンドがありますが、そのベンチマークとなる指数、同じ指数を使っていても、実は、配当を含む、含...

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする