新生銀行 その魅力を徹底解説

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

今後、数回に分けて、主要なネット銀行・ネット支店のメリットを徹底解説していきます。第1弾はメインバンクとしてお勧めの新生銀行です。

[2017.4.7]Tポイントプログラムのリニューアルを受けて、一部内容を更新しました。

新生銀行

  • 株式会社新生銀行
  • 公式ホームページ
  • 本社 : 東京都中央区
  • 設立 : 2000年3月
  • 東証1部
  • 旧 日本長期信用銀行
  • 支店、出張所 (法人のみは除く)
    首都圏、大阪が中心となりますが、殆どの取引はネットで出来ます。
    • 東京[11]
      本店(日本橋)、東京(八重洲)、銀座、池袋、上野、吉祥寺、新宿、渋谷、二子玉川、八王子、町田
    • 関東(東京以外) [6]
      大宮、川口、柏、津田沼、横浜、藤沢
    • 北海道、東北、北陸[3]
      札幌、仙台、金沢
    • 東海、近畿[11]
      名古屋(名駅)、栄、京都(下京区)、梅田、阪急梅田、千里、高槻、難波、境東、神戸
    • 中国、四国、九州[3]
      広島、高松、福岡(天神)

主な特徴

  • ネットによる振込手数料が最低でも月1回,最大10回無料
  • 主要コンビニを含む多くのATMが無料で使える。
  • ネット専業銀行ではなく、実店舗もあるので、ネット銀行では不安という方でも安心。
  • 給与振込み、毎月の生活費の貯蓄等、メインバンクとして最適。
  • 預金金利、かつては高金利銀行の代表的な存在でしたが、最近は残念ながら金利としての魅力はなくなってきています。それでも、都市銀行よりは十分高い金利を保っています。
  • Tポイントがもらえるサービス有。

口座開設

  • 日本全国どこでも郵送での口座開設が可能。
  • スマホ、専用アプリで郵送手続きなしでの口座開設可能。
  • 勿論、店舗での口座開設も可能。

他行宛て振込手数料が無料

なんといっても新生銀行の最大の魅力は、最低でも月1回、条件を満たせば、最大月10回、他行宛て振込手数料が無料という事です。(インターネットによる振込に限る)

新生ステップアッププログラムという名で、資産状況などに応じて、ステージがスタンダード、ゴールド、プラチナと3段階にわかれます。

さすがに月1回では不足かもしれませんが、月5回あれば十分な方が多いかと思います。新生ゴールドを目指しましょう。

インターネットでの他行宛振込手数料無料回数 
新生スタンダード 新生ゴールド 新生プラチナ
月1回 月5回 月10回

無料回数を超えたら、スタンダード、ゴールド、プラチナ、それぞれのステージに応じて、308円、206円、103円(税込)かかります。

新生ステップアッププログラム

新生スタンダード

スタンダードは無条件です。口座を持っているだけで、月1回の振込手数料が無料になります。

新生ゴールド

下記いずれか1つの条件を満たせば、新生ゴールドとなります。

  1. お預け入れ総資産の月間平均残高が200万円以上
  2. 当行所定の投資信託の月間平均残高が30万円以上
  3. 円普通預金・パワー預金・2週間満期預金の月間平均残高の合計が100万円以上
  4. 新生銀行スマートカードローンのお借り入れ月間平均残高が100万円以上
  5. 新生銀行スマートカードローン プラスの20日時点のお借り入れ残高が1円以上で、ご返済方法として自動引落し口座に新生総合口座パワーフレックスをご登録いただいていること
    (※ お客さまのお取引状況によって、「新生ゴールド」の適用ができない場合があります)
  6. 新生銀行カードローン レイクの20日時点のお借り入れ残高が1円以上で、ご返済方法として自動引落し口座に新生総合口座パワーフレックスをご登録いただいていること
    (※ お客さまのお取引状況によって、「新生ゴールド」の適用ができない場合があります)
  7. 「新生アプラスゴールドカード」の自動引き落とし口座に新生総合口座パワーフレックスを登録いただき、27日(金融機関が休日の場合は翌営業日)のお引き落とし金額が1円以上であること
  8. 前月21日~当月20日までにパワービルダー(自動積立型外貨定期預金)の引き落としがあること
  9. 投信積立にて投資信託を購入されかつ、前月21日~当月20日までに約定日を迎えていること

引用 : 新生銀行ホームページより転載

しんたろうのお勧めは、上記2,3,9の条件。

条件3は、普通預金、パワー預金、2週間満期預金に100万円以上預け入れるだけです。投資信託はちょっと、という方にお勧めの方法。何か急な出費に備えるため100万円程度は流動性の高い、これらの預金に預けておくのも良いかと思います。

投資信託でも構わないなら、条件9の方法。投信積立は毎月1万円 5,000円から可能です。これから投資を始めよう、勉強しようという方にも無理なく始められる金額ではないでしょうか。(2016.11.21 投信積立の最低積立額が1万円から5千円に変更になりました)

幸い、新生銀行には、申込手数料無料(ノーロード)で信託報酬の安いFunds-i(野村インデックスシリーズ)がラインアップされています。なるべく値動き、リスクを少なく抑えたいなら国内債券がお勧め。

*国内債券でも、投資信託である事に変わりありません。元本が保証されているわけではありませんのでご注意ください。

ちなみに、しんたろうは、Funds-i 外国株式/為替ヘッジ型を積立てています。

条件2の場合、投資信託に加え、外貨普通・定期預金、仕組預金なども含まれます。一気に30万円投資する場合は、この条件でもゴールドにステップアップされます。ただし、月間平均残高は時価で評価されますので、購入金額が30万円ちょうどだと、条件を満たさなくなる可能性がありますので注意して下さい。

新生プラチナ

下記いずれか1つの条件を満たせば、新生プラチナとなります。

  1. お預け入れ総資産の月間平均残高が2,000万円以上
  2. 当行所定の投資信託の月間平均残高が300万円以上
  3. パワースマート住宅ローンのご利用

引用 : 新生銀行ホームページより転載

かなりハードルが高くなります。

手数料無料のATMが多数

主要コンビニを含む多くのATMが無料で利用できます。

新生ステップアッププログラム、スタンダードでも同じ条件です。

 新生銀行 主なATM対応状況     2016年7月8日調べ
ゆうちょ イオン Enet
(ファミマ)
セブン ローソン みずほ 三菱東京
UFJ
三井住友

 : 24時間365日、出金・残高照会・預入無料
○ :   出金手数料無料。ただし時間に制限有。都市銀行は預入取扱無し。

その他、PatSat、VIEW ALTTE、三菱UFJ信託銀行、三井住友信託銀行、あおぞら銀行、商工中金で無料出金可能。(時間に制限有)

他の銀行のATM対応状況を知りたい方はこちら

円定期預金金利

預金金利はこちら。(新生銀行へのリンクです)

かつては高金利の定期預金もありました。2008~2009年の「実りの特別円定期」は1年で1.1%、5年で1.7%と当時としても破格の金利でした。しかし、最近では、ちょっと寂しい金利となっています。

新生銀行の特徴的な預金をいくつか紹介します。

(注意)金利は2017年9月25日現在

他の銀行の定期預金金利を知りたい方はこちら

2週間満期定期預金

2週間と短い期間ながら0.05%

かつての金利と比較すると大幅にダウンしましたが、それでもメガバンクの定期預金の5倍です。

短期運用資金の預け先として、またステップアッププログラムのゴールド達成の為にお勧め。

ハッピーバースデー円定期預金  [3カ月定期]

誕生日の前月初日から誕生日月の月末までの期間限定特別金利。新規入金限定。

500万円以上で3カ月 0.5%。100万円以上500万円未満だと0.3%。

3カ月とはいえ0.5%は魅力的。利用されるなら500万円以上がお勧め。

ただし店舗限定。 うーん、店舗が無い地域では使えない。。。せめて電話でもOKにしてもらいたい、新生銀行さん!

スタートアップ円定期預金  [3カ月定期]

新規口座開設者限定の特別金利。こちらはネットでもOK。

30万円以上(ネットの場合)で3カ月 0.5%

新規に口座開設された方にはお勧め。

*2017年12月18日以降、0.3%に金利ダウンします。

Tポイントプログラム

毎月エントリーする事により、各種取引でTポイントがたまります。

詳細はこちら。(新生銀行へのリンクです)

毎月エントリーしないとダメです。口座番号と、あの長いT会員番号を入力するのが面倒ですが。

エントリーで1p、ログインで3pt(2017年4月より)、イーネットATM利用(入出金)で10p(月2回まで)、1万円以上の振込入金で25p(月4回)までなど。

ちょっと手間をかければ、缶コーヒー代ぐらいにはなります。

Tポイントプログラムの詳細は↓の記事を参照して下さい。

新生銀行 Tポイントプログラムが新しくなりました。4月はキャンペーンも実施。
コンビニなど無料で使えるATMの多さ、そして振込手数料無料などメインバンクとしてお薦めの新生銀行ですが、さらにTポイントが貯まるサービスもあ...

ネットのセキュリティー対策

ログイン時に下記の入力が必要。

  • 口座番号
  • 暗証番号 
  • パスワード 
  • セキュリティ・カード(*)の指定された3つのセルのアルファベット・数字を入力

*セキュリティ・カード : 口座開設時に配布されたカード。10列5行のセルに、それぞれランダムのアルファベットまたは数字が1文字記載。

最後に

以上が新生銀行の解説です。

ATM、振込手数料無料というだけでも十分魅力のある銀行だと思います。低金利の今だからこそ、ATMや振込の手数料を節約しなければなりません。

新生銀行を給与振り込みなどのメインバンクとして、そこから生活費の引出し、必要な月々の振込を行い、普通預金や2週間満期預金にある程度の金額が貯まったら、高金利の地方銀行のネット支店へ振込んで定期預金作成、という使い方がお勧めです。

これに、かつての高金利定期預金が復活すれば最強となるのですが。。。

ちなみに、しんたろうは一家全員、新生銀行の口座を所有しています。コンビニ、しかも夜遅い時間にATMを使用する事の多い学生さんなどにもお勧めです。

口座開設はこちら↓

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする