三井住友アセットマネジメント 「三井住友・日本債券インデックス・ファンド」 決算、運用報告書のまとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

三井住友アセットマネジメントの「三井住友・日本債券インデックス・ファンド」(旧:三井住友・DC年金インデックス・ファンド)が今年の決算(2016年6月20日)を迎え、運用報告書がアップされましたので、その内容を確認します。

尚、コスト等は全て税込みで表示してあります。

*インデックスファンド・コスト比較のページも最新情報に更新しました。

コスト

  • 信託報酬 : 0.1728%
  • 実質コスト: 0.174%     [前年度 0.176%]

前年度より若干実質コスト下がっています。国内債券のインデックスファンドの中では、「ニッセイ」や「たわら」と並んで、最もコストの低いファンドの一つです。

運用成績

*[2017年4月11日追記] ベンチマークとの乖離は、運用報告書に記載されてる値は、あまり意味がありません。詳細はこちらの記事を参照して下さい。

  • 年間騰落率 : 6.9%    [前年度 2.2%]
  • ベンチマーク(*)騰落率 :  7.1% [前年度 2.4%]
         (*)NOMURA-BPI
  • ベンチマークとの差 :-0.2%  [前年度 -0.2%]

マイナス金利(債券価格上昇)の影響で、年間騰落率 6.9%と好成績を残しています。

ベンチマークとの差も、ちょうど信託報酬等のコスト分だけで、これを除けばトラッキングエラーも無いと言って良いでしょう。

マザーファンド総資産

  • マザーファンド総資産(百万円) : 115,394  [前年度 125,905]

基準価額は上昇しているのに、総資産は減少してます。基準価額から口数換算し、それの前年度比で見ると、85.6%(14.4%の減少)となります。

これ以上のマイナス金利はない、債券価格の上昇はないと判断されている投資家が増えてきているのかな? 「しんたろう」もその一人ですが。

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする