三井住友アセットマネジメント「三井住友・DCシリーズ」 3ファンド 2016年11月決算 運用報告書のまとめ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

*[2017.2.20] 新興国株式に対するコメントを修正しました。

三井住友アセットマネジメント <三井住友・DCシリーズ> 3ファンドが2016年11月30日に決算を迎え、その交付運用報告書がアップされましたので、その内容を確認します。

下記の3ファンドです。

  • 三井住友・DC全海外株式インデックスファンド
      MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、配当込
  • 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS 
     TOPIX(配当込)
  • 三井住友・DC新興国株式インデックスファンド
     MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込)

*コスト等は全て税込みで表示してあります。

既に、三井住友・DC全海外株式については、こちらで報告済ですが、今回、全海外株式を含めた3ファンドをまとめて記載します。

*インデックスファンド・コスト比較のページも最新情報に更新しました。

インデックスファンド・コスト比較
インデックスファンドといっても、同じ指数との連動を目指す類似のファンドが複数の会社から多く販売されています。ここでは、比較的コスト(信託報酬...

運用報告書のまとめ

*[2017年4月11日追記] ベンチマークとの乖離は、運用報告書に記載されてる値は、あまり意味がありません。詳細はこちらの記事を参照して下さい。

                            ()内は前年度

  全海外株式 国内株式 新興国株式
決算日 16.11.30 16.11.30 16.11.30
信託報酬 0.270% 0.205% 0.605%
実質コスト 0.354%
(0.369%)
0.215%
(0.214%)
0.779%
(0.898%)
Δ 0.084%
(0.099%)
0.010%
(0.009%)
0.174%
(0.293%)
騰落率 -5.36%
(0.18%)
-5.23%
(13.0%)
-3.01%
(-13.6%)
ベンチマーク騰落率 -4.69%
(0.84%)
-4.92%
(13.3%)
-2.31%
(-12.7%)
Δ -0.67%
(-0.66%)
-0.32%
(-0.28%)
-0.70%
(-0.92%)
↓ベンチマークとファンドの騰落率の差に実質コストを足した値、即ち実質的なベンチマークとのかい離を意味します。
Δ+実質コスト -0.32%
(-0.29%)
-0.10%
(-0.07%)
0.08%
(-0.02%)
純資産総額 [百万円] 3,297
(721)
3,038
(1,883)
356
(128)
マザーF純資産総額[百万円] 204,698
(224,719)
6,806
(993)

三井住友・DC全海外株式インデックスファンド

実質コストと信託報酬の差が0.084%。

一方、同じ三井住友・DCの新興国株式では0.174%。

全海外株式、だいたいの資産配分が先進国90%、新興国約10%ですので、信託報酬以外のコストを先進国・新興国に分離して考えると、

[先進国株式分] 0.074% x 0.9 +[新興国株式分] 0.174% x 0.1 = 0.084%

先進国株式として、信託報酬以外のコストが0.074%という事になります。

他の先進国株式ファンドの信託報酬以外のコストと比較すると、たわら 0.037%、ニッセイ 0.12%、SMT 0.05%、インデックスe 0.042%、Funds-i 0.026%ですので、ニッセイほどではないですが、ちょっとコストが高い部類に入ります。

*ただ、後述するように、新興国株式の信託報酬以外のコストは他のファンドより低いです。

ベンチマークとファンドの乖離にコストを加えた実質的な乖離は-0.32%と、そう大きくは無いですが、小さくもないといったレベル。

三井住友・DC日本株式インデックスファンドS 

TOPIXとの連動を目指すファンドです。

実質コストと信託報酬の差が0.010%。

さらに、ベンチマークとファンドの乖離にコストを加えた実質的な乖離は-0.10%と、

両者とも問題ないレベルです。

三井住友・DC新興国株式インデックスファンド

実質コストと信託報酬の差が0.174%。

他のファンドでは0.2%以上が多いので、優秀なレベルです。

実質コストでは、たわらノーロードより低コストになり、MSCIエマージングとの連動を目指すファンドとしては最低水準となります。

また、ベンチマークとファンドの乖離にコストを加えた実質的な乖離は+0.08%と、これも優秀に見えます。

ただ、ここ数カ月の騰落率を見ていると、他のファンドに比較し、大きくプラスになったりマイナスになったりと安定しません。殆どを株式先物で運用している事に起因していると思われます。(詳細は、こちらの記事を参照して下さい。)

最後に

以上、三井住友・DCシリーズ 3ファンドの運用報告書のまとめでした。

たわらノーロード、ニッセイ<購入・換金手数料なし>インデックスシリーズ、iFreeシリーズとならび、低コスト化を牽引するファンドの一つである三井住友・DCシリーズ。

インデックス投資家にとって十分魅力的なファンドです。

ファンド名に「DC」という言葉が入っていますが、今は、(確定拠出年金以外でも)、SBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券、さらに投信工房で注目の松井証券などで購入できます。

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする